Top > 高鍋城

高鍋城
HTML ConvertTime 0.083 sec.

現実の城情報 Edit

平安時代に起源を持つ歴史の古い城で、当初は財部城と呼ばれており、江戸時代に高鍋城と改名された。
神亀4年(727年)に柏木直綱が築いたのが始まりとされ、斉衝年間(854~857年)に土持秀綱が入って改修し、財部土持氏の祖となった。
平安時代末期には「土持七頭」と呼ばれる七家が栄え、財部土持氏は宗家の懸土持氏と並んで有力な一族だった。
鎌倉時代に日向に入った伊東氏は土持氏と縁戚関係を結んでいたがやがて対立し、長禄元年(1457年)に伊東祐堯が土持景綱が守る財部城を攻略し、財部城をはじめとする10城が伊東氏の支配下に置かれ、財部城は「伊東四十八城」の一つに数えられた。
財部城には伊東氏の日向下向以来の家臣である落合民部少輔が入り、以後財部城は落合氏が100年余りにわたって支配した。


所在地宮崎県児湯郡高鍋町
現存状態堀、土塁、石垣など
城郭構造梯郭式平山城

コメント Edit

No comment. Comments/高鍋城? 

Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White