Top > > 解説

兜/解説
HTML ConvertTime 0.614 sec.

大将兜などの解説は巨大兜/解説を、妖怪などの解説は兜以外/解説を参照してください。

通常兜 Edit

ほとんどの戦場で相手をする兜。「公式城娘図録」では雑兵兜という呼称が使われている。
名実ともに雑兵そのものの桃形兜から、大将兜に準じる脅威度を持つ大型の兜までさまざま。このページである程度性能を把握しておこう。
ここでは便宜的な種類として『人型・陸上型』(道なりに進軍してくる)、『動物型』(しばしば地形を無視する)、『飛行型』(地形を無視する)、『海洋型』(水辺から奇襲をかけてくる)に大別する。(妖怪・大将兜などは別枠)
 
イラストレーター:Zトン
会話イベント中のグラフィックはの項目を参照のこと。

人型・陸上型 Edit

最もオーソドックスな兜。人型・攻城兵器型・騎馬型など地上を移動してくるもの全般をここに羅列。ようは分類が難しいやつとかが大体ぶっこんである。
基本的にはマップ上を道なりに進軍してくるが、建物の中に姿を消して別の所から突然出てきたり、飛行型や海洋型に輸送されてきたりすることもある。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
人型
近接桃形兜dot.png桃形兜あらゆるステータスが低く、巨大化せずとも普通に倒せる。時々マップ上にある家から前触れ無く出てくることがある。
徒党を組んで押し寄せてくるが、槌や槍など範囲攻撃ができる城娘を置けば簡単に一掃できるだろう。
兜を倒すと気が増えるシステム上、ボーナスキャラとも言える。
桃形兜は室町時代後期から登場した兜。
当初は下級武士を中心に広まったが、形状の美しさから、やがて(西国の)上流武士の間でも流行した。
ボスの黒田長政が被る黒漆塗桃形大水牛脇立兜も桃形兜から派生したものである。
近接椎形兜dot.png椎形兜分銅鎖を振り回し、2回連続攻撃する。地味に痛く、特に曜日出兵等で蔵に接近を許すと耐久が削られる。射程もやや長いので、道端に置いた遠距離職が攻撃をもらうことがある。
古桃形より打たれ弱いので、排除するだけなら楽。
椎形兜(椎実形兜)は、突パイ形兜に分類される。
椎の実はドングリに似ている。
近接古桃形兜dot.png古桃形兜やや低やや低肥後から登場する刺又(さすまた)を装備。
意外にタフで、集団で現れるため、巨大化が不十分な序盤では排除が難しい。
接近して城娘や蔵を刺す。高難易度では桃形に代わる雑魚で、巨大化せず倒せる位に自軍を育成したい。
古桃形兜は、古い時代の桃形兜を指す言葉。
分類上の用語らしく、当時使われた名称ではないと思われる。
遠隔鳥帽子形兜dot.png鳥帽子形兜日向から登場する火縄銃剣兜で、射程が長い。
攻撃速度は遅いが一発が重く、複数で出てくることが多いので気が付いたら城娘が大破していたということも。射程が長いので、小技・小ネタのページにある敵の攻撃優先度を念頭に置いた配陣を心掛けよう。
耐久は低いので、こちらの射程内に入ったら排除は難しくない。
烏帽子形兜は変わり兜の一種で、文字通り烏帽子を模したもの。桃形兜の製法を応用しているとされる。
銃剣(バヨネット)が誕生したのは17世紀フランスの都市バイヨンヌ。これにより射手が槍兵同等の近接戦闘力を獲得し、奇襲や騎兵の突撃等への対抗手段を得た。同時にこれにより槍兵という兵科は廃れる。
近接不明12dot.png大文字形兜やや低やや低日向から登場する片鎌槍兜。Reから追加された兜の中でも早くから登場するが、それほど強敵ではない。
とはいえそれまでの小型兜よりもタフで攻撃力も高く、城娘のレベルが低いうちは油断できない。
モデルは立花宗茂所用の「黒漆塗大文字形兜」か。殿ー! なにやってんのー! 大の字が兜の後立としてあしらわれた姿は圧巻である。
よく見ると頭部には実際の兜にも見られる黒塗りの髑髏があり、骨のように白く塗られた手足と相まって、まるで西洋の死神を想像させるような姿をしている。
排気用の煙突が頭頂部にあるのも特徴だが、頭部にあると思われる頭脳的な物の熱処理は大丈夫なのだろうか。
近接突撃式トッパイ形兜dot.png突撃式トッパイ形兜やや低肥前から登場。防御と耐久が高く集中砲火の中でも生き残り、高攻撃力で城娘を殴る。
高難度になると大量に押し寄せるので、ラッシュまでにどう迎撃態勢を整えるかが重要。
巨体に似合わず、しばしばトリッキーな移動を見せる。
操られし鬼玄蕃で沼に飛び込む(その後反対側の岸から突然上がってくる)わ、討伐武将大兜!島津義弘で因幡の白兎をするわ、とやりたい放題で驚愕と笑いを誘った。
突盔(とっぱい)形兜は、室町時代末期に登場した兜。
鎌倉から南北朝時代にかけて主流だった筋兜の簡略系で、頭頂部分が尖っている。

(Zトンさんの設定より)
雑兵のパワータイプ
桃形の1.5倍のサイズと3倍の出力。
武器はヒート鉄砕棒
近接不明1dot.png真田式トッパイ形兜追加された曜日出兵で登場した大型兜。トッパイを純粋に強化したような挙動とステータスで、高攻撃力は非常に脅威。
防御力がめっぽう高いが、耐久がさほど高くないので、防御無視の攻撃が有効。
高難度マップでは一度に複数出現するので、城娘複数で防衛線を築いたりダメージ計略も視野に入れたい。
別名赤トッパイ、赤熱した手杵を武器とする中型兜。
遠隔不明11dot.png烏帽子革張形兜曜日出兵で登場した大筒兜。砲撃式トッパイ兜と同等の長射程を持ちながら、防御力は突撃式トッパイ兜なみに高い。指揮官のように他の遠距離攻撃兜と一緒に出てくることが多く、三段撃ちよろしくダメージを倍増させる。
対策には攻撃優先度のコントロールはもちろん、火力も求められる。ダメージ計略で手下ともども一掃してしまうのも手。
革張というのは文字通り革を張るということであるが、これが変わり兜を作る工程の基本と言える。
戦時で使うという性質上、身に着けるものは使いやすいもの、動きに支障の出ないものでなくてはならない。かつ自身が戦功を挙げたとすぐ分かるように、戦国時代に入ってからは目立つ装飾をした兜が増えるようになった。実用性と装飾性、両方を満たすために、装飾には薄い金属や皮革、紙(張り子)を用い、これらを加工し任意の形にして着けることで変わり兜が生まれていった。
この兜の場合、「烏帽子」の「形(ナリ)」を模して「張懸」をした兜ということである。
強化旗印兜(黒旗).png旗印兜(黒旗)
↓普
超高導かれし若楓の山道で登場。
攻撃能力を持たないが、旗指物を振ってマップ内の兜を鼓舞し生存している限り全ての敵の耐久・攻撃ステータスがアップする。同時に複数現れる場合、効果は重複しない。逆に言うと数を減らしても効果が弱まることはなく、全滅させない限り効果は続く。効果は大きいので最優先で処理したい。
見た目は桃形兜だが非常に打たれ強いため、除去役の配置は早めに。防御は低いので手数が多い弓を当てると良い。
基本的には動かないが、最後まで倒さずにいると殿に向かわずにスゴスゴと帰ってゆく。
旗印は合戦において自身の所属や勢力を示すために使われ、馬印と同義にされることあり。旗の模様は蛇の目紋にも見えるが、恐らくどこの勢力というのは意識していないだろう。
近接突撃式トッパイ形兜竹束dot.png竹束式トッパイ形兜討伐武将大兜!片倉小十郎で初登場した竹束兜。遠距離城娘の最優先標的となるというユニーク特性を持つ。これにより攻撃が吸われ、本来優先されるべき飛行兜を狙わなくなる。ステータスは基となったトッパイの強化版で、特に防御は2倍。反面、攻撃力はやや落ちる。
特に対空攻撃に有効な弓矢を吸われてしまうと大幅な殲滅力ダウンになってしまうので、複数の城娘で集中攻撃して素早い排除を行える陣を敷きたい。集団で現れることが多いのでダメージ計略でまとめて叩くのも良いだろう。
ちなみに大砲の城娘はこいつを優先しない。内部的には飛行属性なのかも。
竹束は攻城、もしくは城の防衛に用いられた防具で、文字通り複数本の竹を束にして作る。単純な作りながら鉄砲に対して大きな防御効果があり、戦場に設置する他、この兜のように楯に着けたり車輪を付けたり(=車竹束)などの工夫が行われた。鉄砲が全国に普及してからは広く用いられたものの、竹の筒が空洞であるために燃えやすいという欠点がある。
近接黒母衣兜dot.png黒母衣兜やや高超高山城から登場。
竹束式と同じく大砲を除く遠距離城娘の最優先攻撃目標となる特性もち。その上遠隔攻撃で受けるダメージを半減するという、対遠隔武器に特化した能力を持つ。竹束と違って法術・杖にも強く、竹束の倍以上の耐久と同等の防御力をもつ。手にした槍での攻撃はそこまで痛くはないが、少し離れた場所にも届く。
モデルは織田信長の親衛隊である黒母衣衆。
母衣とは矢などを防ぐための補助武具であり、背に着けて風で膨らませた。鉄砲の登場により衰退したが、それでも主君の馬廻りなど名誉職の象徴となって存続した。信長の黒母衣衆では佐々成正が有名。
近接不明19dot.png金剛力士形兜超絶高超絶高武神降臨!前田利家にて初登場した力士兜。
極短射程の張り手という攻撃手段しか持たないがあらゆるボスを上回る攻撃力と全兜中最高の耐久を持つ最強の雑魚兜。攻撃力は基本が3000、これに戦場ごとの補正が掛かり絶壱難で攻撃力6000、武神石田三成以降の難易度調整された武神難では7800もの数値となる。基本的に触れてはいけないが、タフな城娘に防御計略をかけるなどすれば何とか耐えられる。
弱点は、紙同然の防御力。弓・槍・ガトリング装備の鉄砲など射程と手数に優れた城娘で動き出す前に遠くから倒すべし。複数固まっている場合、槍や大砲で複数を巻き込むのも有効。
モデルは「金剛力士形兜」。来歴は不明だが金剛力士の頭を模した変わり兜である。
一枚の鉄板から力士の髷や眉を打ち出している他、兜の正面には阿弥陀如来を表す梵字「」キリークが打ち出されている。脇立としては銀箔が押された薄い板状のものがあしらわれているが、これは金剛力士の衣のようにも見える。
裸での一対一という原始的な格闘技である相撲は古来より世界中で類似の競技が行われているが、「相撲」の名で記録が残る最古の取り組みは古墳時代で、天皇に仕える女官同士の相撲である。
鎌倉時代以降、職業軍人である武士の世になると鍛錬のために相撲は盛んに奨励された。土俵を考案して現在の形式に近いものにしたのは織田信長だと言われる。また、信長は相撲大会で互角だった力士二人にそれぞれ東と西という姓を与え、このことが所以で相撲が東と西に分かれたとされる。
近接 ・範囲不明20dot.png超激高季節外れに舞う六花に登場。撃破もしくはこの兜の射程内に入るとその場で大爆発し、一定範囲全ての味方・蔵・トークンに特大ダメージを与る。安全圏から攻撃出来ればベストだが、この兜を上手く狙ってくれない状況では、トークンを目の前に置いて自爆させたり、ダメージ計略で撃破するなどの対策が必要。爆弾を手にした桃形兜で、爆弾は形状からして焙烙玉(ほうろくだま)であろう。焙烙玉は、火薬を調理器具の焙烙、あるいは専用陶製容器に詰めて導火線を付けたもので、投擲して用いる。爆発すると火薬と共に陶器の破片が飛び散り、兵士に対して大きなダメージを与えると共に周囲を延焼させた。
戦国時代においては海戦においてよく使われ、厳島の戦いや木津川口の戦いで戦果をあげた。能島城も腰に装備している。
近接 ・範囲爆弾トッパイ.png超激高超高武神降臨!黒田長政で登場した、爆弾を抱え特攻してくるトッパイ形兜。桃形兜のそれよりも耐久が高く、より大きな爆弾で爆発時のダメージも高い(4000以上のダメージ)。ただし爆発の範囲はほとんど変わらない。
かなり耐久が高いので、歩いてくる最中に遠距離で仕留めるのは現実的でない。トークンを囮にして巻き込まれない距離で起爆させるのが得策だろう。
戦国時代全体を見ると、生存を考えない捨て身の戦法は散見されるが、爆発物を用いた自爆攻撃というものは例をみない。というか炸裂する砲弾はまだ戦国時代にはない。逸話としては平蜘蛛自爆で有名な松永久秀のものがあるが、これは事実かどうか疑わしく、詳細は信貴山城の項を参照。
近接突撃式トッパイ形兜バチdot.png超高超激高夏だ!海だ!縁日だ!で登場した兜。トッパイ形兜がハッピを羽織り、ハチマキを締め、手には棍棒の代わりに太鼓のバチを握っているというふざけたお祭りモードな格好だが、強さは普通のトッパイ形兜とは一線を画す。耐久が非常に高く、攻撃時にはその手のバチを振って強烈な連続攻撃を叩き込んでくる。その破壊力は釘形兜の攻撃が四連続で来るようなものであり、近接城娘でも耐久をごっそり削られる。
防御力は紙同然であり、ガトリング砲など火力と手数で接敵前に削り取るのが良いだろう。もし隣接されたら連続攻撃中に巨大化して急場を凌ごう。
近接桃形兜_光る棒赤dot.png桃形兜(光る棒/赤)選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣で登場した兜。
お祭りトッパイよろしく四連続攻撃をしてくる。赤・緑・青の中では攻撃力が一番高いが、耐久と防御は低いため排除は簡単だろう。
「光る棒」ことケミカルライトは、中に入った科学薬液の反応によって光を放つ仕組みのライトである。別名「サイリウム」とも。
近接桃形兜_光る棒緑dot.png桃形兜(光る棒/緑)選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣で登場した兜。
同じく四連続攻撃をする。攻撃力は赤に劣るが耐久が高い。弓などの手数や大砲でまとめて吹きとばすと良いだろう。
ケミカルライトによる演出はアイドルやバンドの応援に多く使われており、それを用いたパフォーマンス、通称「オタ芸」というものもある。
近接桃形兜_光る棒青dot.png桃形兜(光る棒/青)選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣で登場した兜。
同じく四連続攻撃をする。こちらは防御力が高い。防御無視攻撃が有効だろう。
海外では非常灯としての役割もある。中に入っている薬液は人体に有害なものなので、決してこの兜のように左右の手に持って殴打してはいけない。
近接突撃式トッパイ形兜_光る棒赤dot.png突撃式トッパイ形兜(光る棒/赤)選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣で登場した兜。
お祭りトッパイと同じく四連続攻撃をし、全ての敵の攻撃力をアップさせる。この効果は累積するため、出てくるはしから排除したい。
耐久と攻撃力はお祭りトッパイに劣るものの防御力が高く、防御無視攻撃が有効。
アイドル(idol)という言葉は元々「偶像」という意味を持つ言葉で、現代の日本においては歌やパフォーマンスを行う芸能人という意味を含むようになった。
近接突撃式トッパイ形兜_光る棒青dot.png突撃式トッパイ形兜(光る棒/青)選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣で登場した兜。
同じく四連続攻撃をし、全ての敵の防御力をアップさせる。(効果は累積する)
ステータスは上の赤光棒トッパイと同じなので対処法も同様。お祭りトッパイと見た目が似ているのが注意点か。
ファンは元々「熱狂的な」という意味の英語「fanatic」を由来としており、何かのものごとや人物に対して熱狂的な支持をしている人を指すようになった。同義の日本語としては「贔屓(ひいき)」がある。
近接銭形兜dot.png超高超高伊豆で登場した兜。攻撃、防御、耐久、範囲の全てがトッパイ以上というだけでも難儀だが、攻撃時には手に持った謎の武器を振り回して広範囲のマルチロックかつ3連続攻撃をしてくる強敵。その攻撃力は近接城娘にとっても脅威であり、生半可な布陣では耐えられない。
付け入る隙は3連続攻撃という点にあり、防御力を高めれば1発あたりのダメージは大幅に減る。まず攻撃を受け止める城娘を一人決め、防御力を上げる対策をしっかり行い、火力役が攻撃に巻き込まれないよう注意して陣を築こう。盾役は歌舞や巨大化回復でフォローしたい。
見た感じは真田式トッパイ形兜の系列のようである。
長い腕はチェーンマイン(架空の兵器)のような形状をしている。旧城プロにはこのチェーンマインを武器にする銭形兜という小型兜がいたが、あるいは彼の系譜なのかもしれないとしたら随分と凶悪になったもので・・・
近接桃形兜(赤備え)dot.png桃形兜(赤備え)やや低やや低やや低赤き脅威と諏訪の浮城で登場した桃形兜の強化版。
赤備え全てに言えることだが、色が変わっただけだと油断すると痛い目を見る。コイツ自体は桃形だけあってまだマシなほうだが、それでもトッパイ形と同じ防御力を持ち、油断すると撃ち漏らしてしまう。
一方で耐久はさほど高くなく、法術・杖・鈴など防御無視攻撃が有効である。
赤備えを始めとする「色備え」は、武田や真田、井伊の「赤備え」が有名だが、後北条氏の「五色備え」や伊達家の「黒漆の五枚胴鎧」の統一など、一部大名家にもその例が見られる。
近接椎形兜(赤備え).png椎形兜(赤備え)やや低やや高赤き脅威と諏訪の浮城で登場した椎形兜の強化版。
ステータスは大文字形兜が固くなって二連続攻撃してくる感じ。やはり耐久がやや低めなので法術系統が有効である。
赤備えというと全身朱漆に染められた鎧や兜に身を纏った姿を想像するが、赤備えが設けられた初期である飯富虎昌期や山県昌景期の頃は、染料となる辰砂や朱漆も貴重だったために、甲冑の一部が赤くなかったりと必ずしも全て色が統一されていたわけではないようである。
近接古桃形兜(赤備え).png古桃形兜(赤備え)やや高討伐武将大兜!山県昌景で登場した古桃形兜の強化版。
攻撃はともかく防御能力が高く、もはや大型兜並である。うかうかしてると後ろへ抜けられてしまうので、早めの巨大化を意識したい。
戦場でも目立つ赤色を身に纏っていた赤備えの部隊は、その軍の精鋭でまとめられ、その大将も勇猛な将が役目を負っていた。
一方で、当然ながらその目立つ赤色は真っ先に狙われる対象ともなり、幕末には井伊軍の赤備えが夜でも目立つため、鉄砲の格好の餌食にされたという。
遠隔烏帽子形兜(赤備え).png烏帽子形兜(赤備え)やや低赤き脅威と諏訪の浮城で登場した烏帽子形兜の強化版。
堅い烏帽子革形兜といった感じであり、小ささに油断してると蜂の巣にされてしまう。一方でやはり耐久が低い。しかし法術系は範囲が狭い傾向にあるため、巨大化が間に合わない序盤にアウトレンジするのは難しいやも。
最終的には、武田から真田、そして井伊へと受け継がれていった赤備えだが、時代を経るにつれその見た目の派手さから「武勇や勇猛さの象徴」という意味合いよりも「その大名家を印象付ける色」というイメージへと変化していった。
近接突撃式トッパイ形兜(赤備え)dot.png突撃式トッパイ形兜(赤備え)赤き脅威と諏訪の浮城で登場した突撃式トッパイ形兜の強化版。
攻防耐いずれも高い難敵。防御を無視できても耐久を削りとるのは時間がかかるため、法術で遅延させたり、これが来る前に巨大化して迎撃態勢を整えたい。
赤備えに関しての詳細は井伊達夫、山上八郎両氏の著書や論文が詳しい。また、滋賀県の彦根城博物館には現存する赤備えの防具もあるので参考にされたし。
遠隔陣笠兜(赤備え)dot.png陣笠兜(赤備え)信濃で登場した陣笠兜の強化版。
攻撃を与えた対象にステータス異常:火傷を付与する。
陣笠の連射能力はなくなったが射程が伸び、他の赤備え同様防御と耐久がアップしている。攻撃力は少しアップしたに過ぎないが、火傷の追加ダメージがじわじわ効いて気づいたら大破してた、ということのないように注意。
能力は怖いが攻撃間隔が長くなったことで歌舞による回復が追いつくようになった。
武器としている火矢は古代中国から存在する戦法の一つで、日本では鏑矢の音を出すための穴に燃えるものを差し込んで射るという形で用いていた。主に城や砦といった構造物を燃やすための戦術であるが、相手の消火能力を上回る量の火矢を放たなければ燃えることはないため、複数人の兵士が絶え間なく火矢を射る戦法が用いられたという。
江戸時代中期にもなると、兵法書の中に戦術の一つとして明記されており、火矢も武士の嗜みの一つであったと考えることができる。
遠隔不明24dot.png陣笠兜やや低武神降臨!石田三成で登場した長弓兜。
西洋兜のロングボウくんと比べれば撃たれ弱いが、問題はその連射性能で、間合いに入った対象を高速で攻撃してくる。一発あたりの攻撃力は低くとも、瞬く間にダメージが蓄積して大破しかねない。
おまけに複数で来る場合もあるので余計に被害がかさむ。幸い射程がさほど広くないため、間合いの外からアウトレンジして仕留めたい。防御が低いので手数の多い弓が有効。
モデルとなったのは兜の一種である「陣笠」。当初は竹や割り板などで作った笠に柿渋を塗って作った簡易的な兜であったが、戦国時代に入ってからは全て鉄製となった。兜と異なり細かいパーツを作りつなぎ合わせる必要もなく、鍛造した鉄板を笠状にし、防水用の漆を塗って完成するという低コストで大量に作成できる利点から、主に足軽などの雑兵用の防具として普及した。
また、戦時の食事の際は鍋の代わりにして用いたことも伝えられており、良好なコストパフォーマンスと実用性を兼ね備えた防具でもあった。
近接不明dot27.png当世具足兜(仮称)沈黙の戦塵で登場した刀兜。
自身の攻撃範囲内の城娘や蔵などを消滅させるか、自らが倒されるまで、足を止めて攻撃を続けるという、小型伊達政宗のような性質を持つ。
能力的には特別飛び出たものもない素直な性能なので、ある程度防御力のある城娘で受け止めつつ、後ろから攻撃や回復で援護という戦い方が安定だろう。
この兜のような、戦国時代になってから造られた兜や鎧といった防具一式を「当世具足」と呼ぶ。
刀を手にしての合戦というのは、一般的な日本での戦のイメージでは多いが、戦国時代に入ってからはその印象は大きく異なる。
戦国時代になってからは度重なる戦乱の影響により、こちらの被害を抑えつつ相手に損害を与えるという考えが優先され、手はじめに弓や鉄砲による遠距離からの牽制。次いで槍を用いて突いたり叩いたりといった攻撃を行っていた。実際に刀を抜いて斬り合ったのは、槍の射程よりも近い所に敵が飛び込んできた際の白兵戦の時くらいであった。
近接一両具足兜dot.png一領具足兜拈華微笑の釣り野伏で登場。
残りの耐久の割合が半分を下回ると、攻撃と移動速度が大幅に上昇する。
防御と耐久が高いため、走りだした後の撃破は難しくなる。こちらの迎撃態勢が整うまでは下手に手を出さないほうが良いだろう。法術の鈍足効果も有効だが数が多い時は注意。攻撃力が高いため盾で止める時は大破しないよう気を付けよう。
「一領具足」とは、土佐の長宗我部氏によって定められた制度で、その制度により設けられた半農半兵の領民のことも指す。一両具足に定められた領民は、農繁期は農民として、また戦時には兵士として動員され、本来武士が予備として2領以上持っている具足を1領しか持たないため、「一領具足」と名が付いた。
普段農民として共同作業や肉体労働をしているために、兵としての能力は高いという反面、農繁期に動員することは難しかったという。装備もある程度規格が設けられていたようで、兜としては古頭形の鉢兜、武器には脇差しを用いていた。一部戦国ゲームやこの兜のように、農具を武器にして戦ってはいないようである。
近接突撃式トッパイ形(サンタ衣装)兜dot.png突撃式トッパイ形兜(サンタクロース)聖なる天使の贈り物で登場。
全ての兜に回復20(耐久が毎秒20ずつ回復)の効果を付与する。
耐久防御はさほどでもないが攻撃力は破城槌と同等なので注意しよう。
サンタクロースは聖人「聖ニコラウス」の逸話を元に生み出されたキャラクターで、赤い衣装に大きな白い袋を持った白髭の老人というイメージが一般的である。実はこのイメージはアメリカの某コーラメーカーの広告によって定着したもので、それ以前のサンタクロースは赤の衣装だけでなく地味な衣装であることも多かったという。
近接突撃式トッパイ形兜(獅子舞).png突撃式トッパイ形兜(獅子舞)喰えぬ詭計の貝合で登場。
全ての兜のみを対象に、耐久を20%上昇させる。
もはやトッパイだかなんだか分からない見た目になってしまったが、能力は高く、特に攻撃力には注意。防御が高いので防御無視が有効。
獅子舞は16世紀初頭、伊勢国(現在の三重県)で飢饉や疫病除けとして獅子頭を作り、正月に舞ったのが発祥と言われている。
その後17世紀に伊勢から江戸へ伝わり、悪魔を祓い、世を祝う縁起ものとして江戸に定着。以後祝い事や祭礼で獅子舞が行われるようになった。
獅子舞は1人で獅子頭を被って舞うこともあれば、2人で舞うこともある。ものによっては5~10人という大人数で舞うものもあるようだ。今回は1体で舞っているようである。
遠隔突撃式トッパイ形兜(正月袴).png突撃式トッパイ形兜(正月袴)喰えぬ詭計の貝合で登場。
攻撃着弾時に対象とその周囲に5秒間攻撃速度50%低下させる。
めんどくさいデバフをかけてくるが、コイツ自体はさほど固くなく排除はまだ楽なほう。ただこちらの遠距離勢が狙われると厄介なので回復や回避の手段は用意しておこう。
羽子板を用いた遊び、羽根つきのルーツは、古代中国の貴族の遊びである毬杖(ぎっちょう)に由来する。
木製の毬を木製の杖でホッケーのように打つ遊びであった毬杖が、平安時代に貴族の女性の遊びとなり、それが庶民にも伝わり大衆に親しまれる遊びとなったという。それが江戸時代に入り、羽子板と羽根を用いるようになり、現在まで伝わっている。
強化桃形兜(冥土黒)dot.png桃形兜(冥土・黒)異界門と運命の観測者で登場。
全ての敵の攻撃と耐久を20%上昇させ、何かに目覚めた突撃式トッパイ形兜のみ攻撃・耐久・防御を100%上昇させる。旗持ち兜のメイド版といったところ。
攻撃をまったくせず、なにもせずとも帰っていくが、バフ効果を消すためにも早急に排除したい。ただしこの秋葉原マップでは鉄砲ですら届かぬ位置に陣取ることもあり、こちらの攻撃が届くうちに仕留めるか、ダメージ計略の連投で消し飛ばすことになる。
冥土、もといメイド(maid)とは、主に貴族などの富裕層の屋敷において家事を中心とする仕事に従事する女性のことであり、「maiden」を語源とする。
余談だが、同じ役割を持つ男性のことはボーイと呼称する。
近接桃形兜(冥土桃)dot.png桃形兜(冥土・桃)異界門と運命の観測者で登場。
桃形に比べれば強化されているが特筆すべき脅威はない。防御が低いため弓などの手数で排除が有効。
中世ヨーロッパや一部アジアの地域では、メイドを雇い入れることは貴族や富裕層のある種のステータスとみなされ、屋敷の規模によっては100人以上のメイドやボーイが雇われていた例もあったという。
遠隔桃形兜(冥土水)dot.png桃形兜(冥土・水)異界門と運命の観測者で登場。
遠隔攻撃してくる桃形という珍しい例。おおむねタフな烏帽子形兜と考えて良いだろう。ただし攻撃速度は速い。
日本においてはメイド喫茶を始めとする、いわゆる「オタク文化」の象徴として知られている。一応日本にも「女中」や「お手伝いさん」という形で家事を仕事とする女性いる。現在はハウスキーパーという名称が一般的となっている。
尚、メイドが登場する創作で見られる「雇い主(ご主人様)の命令には絶対従う」というルールは本来のメイドの定義にはないものである。
近接何かに目覚めた突撃型トッパイ形兜dot.png何かに目覚めた突撃式トッパイ形兜異界門と運命の観測者で登場。
見た目のインパクトは凄まじいが特に特殊能力はなくステータスも普通。しかし黒メイド桃形のバフによってステータスが二倍になり、脅威度が増す。ちょっと強いトッパイが一ノ谷形兜になるようなものである。
バフがかかった状態では防御無視攻撃が有効だが、耐久も強化されるため時間がかかる。先に黒メイド桃形を排除しないと戦線崩壊の危険が高まるだろう。
何か、もとい「オタク文化」に目覚めたトッパイ形兜。コラボならではの出で立ちである。
元来は漫画・アニメ・アイドル・SF・特撮・女優・パソコン・コンピュータゲーム・クイズ・模型・鉄道・格闘技などの、なかでも嗜好性の強い趣味や玩具の愛好者の一部が、他者を呼ぶときに「お宅」と呼び合っていたことを揶揄する意味から派生した術語で、およそ1970年代から一般的に知られはじめた。
古くは茶道や和歌に熱中した趣味人、数奇者と呼ばれた人々も広義でのオタクと考えることができ、戦国時代に様々な「道」に通じていたという古田織部は、オタクの先駆けと呼ぶことができるだろう。
近接 ・範囲桃形兜_チョコレートdot.png桃形兜(チョコレート)美味なる甘味は誰が為にで登場。
全ての兜に回復3(耐久が毎秒3ずつ回復)の効果を付与する。
また、残り耐久が0になるか、配置された城娘や伏兵、蔵に接触すると爆発する。
バレンタインデーは、カトリックの聖人「聖バレンタイン(バレンティノとも)」の名を冠した日のことで、聖バレンタインが恋人たちに対して行った行為(諸説あり)を讃えるために制定された。
日本では女性が男性に対してチョコレートを送る事が慣習となっているが、ヨーロッパなどの欧米圏では、男女関係なく恋人に贈り物を贈るという慣習となっている。
近接 ・範囲突撃式トッパイ形兜_チョコレートdot.png突撃式トッパイ形兜(チョコレート)美味なる甘味は誰が為にで登場。
全ての兜に回復5(耐久が毎秒5ずつ回復)の効果を付与する。
また、残り耐久が0になるか、配置された城娘や伏兵、蔵に接触すると爆発する。
欧米圏ではチョコレートよりも花やお菓子(キャンディボックスなど)を贈る事が多い。日本のバレンタインでチョコレートが贈られるようになったのは、1970年代にバレンタインが日本に定着した際に製菓会社が打ち出した営業戦略であるとされている。
余談だが、「リア充爆発しろ」とは、某電子掲示板で生まれた言葉で、カップルや「リアルが充実している人」対しての嫉妬の意味で使われるようになった言葉である。
遠隔桃形忍者dot.png桃形忍者忍ぶれど、あさぼらけで登場。忍者は戦国時代頃に出てきた兵種の1つであり、よくイメージされるスパイ活動や暗殺の他に、前線で威力偵察や撹乱を行う斥候や、物資を盗む盗賊のような役割があったとされる。
忍者というと伊賀・甲賀のイメージが真っ先に浮かぶが、元々は室町時代の「悪党」と呼ばれる傭兵や野盗のような軍団が雇われて構成されたものだとされている。
余談だが、忍術の1つとされる「○遁の術」というものは、○○を使って「敵から逃げる」ための手段であり、戦闘用ではない。例えば「水遁の術」は水に潜って敵の目を逃れる術、「金遁の術」は金目のものをばらまいて敵の目をそらし逃げる術である。
近接古桃形忍者dot.png古桃形忍者忍ぶれど、あさぼらけで登場。今となっては海外でも「全身墨染めの黒装束」「背中には刀」「夜陰に紛れて敵地に侵入する」というイメージで描かれることが多い忍者だが、実は黒は夜に像が浮いて見えてしまうため実用的ではなく、実際は紺色もしくは暗い茶色の衣装を使用していたとされる。忍者=黒というイメージは、創作における装束だと言える。加えて、忍者の道具である有名な忍具「手裏剣」は、実際は鉄製で重くかさばるため3~4個の携行が限界だったとされる。
近接&ref(): File not found: "古桃形兜(黒).png" at page "巨大/解説";古桃形兜(黒)武神降臨!前田利家難易度真に登場。
近接&ref(): File not found: "桃形兜(エイサー)dot.png" at page "兜";桃形兜(エイサーVer)盛夏の島へめんそーれ!に登場。
近接&ref(): File not found: "桃形兜(からかさ)dot.png" at page "兜";桃形兜(からかさVer)幽けき冷の肝試しに登場。
近接&ref(): File not found: "突撃式トッパイ形兜(肝試し)dot.png" at page "兜";突撃式トッパイ形兜(肝試しVer)幽けき冷の肝試しに登場。
近接&ref(): File not found: "突撃式トッパイ形兜(呪肝試し)dot.png" at page "兜";呪われた突撃式トッパイ形兜(肝試しVer)幽けき冷の肝試しに登場。
攻城兵器型
近接釘形兜dot.png釘形兜超高大隅から登場する破城槌(はじょうつい)型兜。攻撃力がとても高く、巨大化がまだだと耐久半分を持っていかれる事も。難易度「難」では高レベルの近接城娘ですら馬鹿にならないダメージを受ける。
射程はとても短く、見た目に反して耐久はさほど高くないので遠距離で削ろう。
破城槌は、文字通り攻城用兵器。
主に城門を破るために使われる巨大な槌と、城壁からの攻撃を防ぐための覆いを上部に備える。城モチーフの城娘にとってまさに天敵の兵器。
モデルは大釘後立がついた兜。釘は、ものを打ち貫くことから志を遂げることができるようにと好まれた。
近接不明26dot.png第三回名城番付で登場した破城槌兜。
釘形兜と同様の近接型兜だが耐久・攻撃・防御がいずれも向上。耐久は巨大兜に匹敵し、防御は一ノ谷形兜よりも高いため生半可な攻撃力では通用しない。
出現ステージでは法術など防御無視攻撃が可能な城娘を準備して臨もう。
破城槌は、古くは古代アッシリアまで遡れる歴史を持った兵器であり、日本の戦国期には「掻盾牛」「転(まく)り盾」と呼ばれる、車輪付きの楯を利用した例が見られる。
遠隔砲撃式トッパイ形兜dot.png砲撃式トッパイ形兜やや低伊予から登場する大砲兜。遠距離から一方的にこちらを攻撃してくる強敵。
移動速度は遅めで攻撃速度も遅いが、それがゆえにこちらの射程になかなか入らず、厄介なことに。
接近してくる前に射程の長い遠距離城娘でアウトレンジするか、攻撃優先度と射程を調整して防御力の高い近接城娘に砲撃を集中させよう。
城娘の大砲と違い、範囲ダメージは無いのが救い。
大砲(火砲)と城の関係は切っても切れない。
ビザンツ帝国滅亡時のウルバン砲以降、強力な攻城兵器としての地位を得ると、それに対抗すべく築城の概念も変化した。
近世の城が五稜郭のように平べったいのは高い城壁だとかえって砲弾が当たりやすいため。
日本では、徳川家康が海外から買い付け、大坂冬の陣を終わらせる要因ともなった、当時最新の大砲が高名。
遠隔不明10dot.png馬場式烏帽子革張形兜狙われし赤の要塞で登場した大砲兜。砲撃式トッパイ形兜の強化型で、恐ろしい長射程と攻撃力を誇り、迂闊に近いマスに城娘を置くと一方的に大破させられる。
敵の攻撃優先度をよく念頭に置いた配陣を。来ると分かっている場所では、近接職を一度撤退させて配置しなおすのも立派な対策。
モデルとなったのは、上杉謙信所用の「金箔押風折烏帽子形兜」と思われる。左側に折れた烏帽子の形をしており、風の抵抗を軽減するためのデザインと考えられる。上杉神社蔵。
名前の「馬場式」とは、大砲や兜に付いた武田菱の家紋から、馬場信春の事と推測できるが、現時点では詳細は不明のままである。
遠隔&ref(): File not found: "砲撃式トッパイ形兜(ブライダル)dot.png" at page "兜";砲撃式トッパイ形兜(ブライダルVer)華燭の典と偽りの花嫁で登場した大砲兜。攻撃を行う度に攻撃対象が1ずつ増加する。
遠隔&ref(): File not found: "竹束烏帽子形兜.png" at page "兜";竹束式烏帽子形兜(仮称)武神降臨!藤堂高虎に登場した車竹束を押す烏帽子形兜。竹束式トッパイ形兜のように遠隔攻撃を引き付ける効果を持つ。車竹束は小諸城の計略にも使われる戦略兵器で、矢や鉄砲から身を守るための竹束を車輪の付台に立て掛けて盾として用いる。車輪があることで前方への移動を可能とし、身を守りながら敵の近くまで進行できる反面、盾に守られながら進むため前方がよく見えなくなるというデメリットもかかえる。
騎馬型
近接不明17dot.png桃形騎馬兜陸奥(磐城)から登場する騎馬兜。馬型の兜に騎乗した桃形兜で、俊足で駆けてくる。
攻撃力が高めな上に複数が一丸になって走ってくるので、気を抜くと壁役が大破する。耐久もそこそこ高く一撃で倒すことが難しく、刀や槌でも処理しきれず後逸しがち。防衛線を二重に築くことを心がけよう。
騎馬による戦法は鎌倉時代の一騎討ちを始め日本の戦とも関わりが大きい。しかし、火縄銃の普及と共に衰退。乗っている馬は名称不明だが、あえて名付けるなら「馬形兜」か。ちなみに日本古来の馬はこの「馬形兜」のようなスラリとしたサラブレッド型ではなく、ポニーのようなずんぐりむっくり型だった。北海道の「ばん馬」がそれに近いかもしれない。
近接不明18dot.png古桃形騎馬兜超高名城番付-冬の陣-で登場した騎馬兜。
馬型の兜に騎乗した古桃形兜で、駆け抜けてくる点は桃形騎馬と同じだが「桃形から古桃形なら大差ないだろう」と思っていると痛い目を見る。
耐久はなんと一ノ谷形兜を超え、人型兜では一位。攻撃力も赤大砲なみとべらぼうに強化されている。
一方で防御力は大したことがなく、削り取るのは容易。遠距離勢によるアウトレンジや、駆けだす前のダメージ計略などで接敵される前に対抗策を。
日本における騎馬での戦法は、馬上からの弓による「騎射」が主流だったが、戦国時代に入ると馬で突撃し歩兵を蹴散らす戦い方も行われた。
しかし、近年の研究では騎馬隊は存在しなかったとされ、戦闘時は指揮官となる武将のみ馬上で部隊を指揮し、その他兵卒は馬から降りて戦っていたとされる。
近接桃形騎馬兜(赤備え)dot.png桃形騎馬兜(赤備え)武神降臨!山県昌景で登場した赤備えの騎馬。戦国時代最強と例えられる武田軍の騎馬隊だが、その強さは半ば逸話的なものが含まれる。
元来甲斐国は良馬の産地とされ、精強で打たれ強い馬が育ったという背景がある。
近接古桃形金騎馬兜(赤備え)dot.png古桃形騎馬兜(赤備え)武神降臨!山県昌景で登場した赤備えの金騎馬。馬は毛並みの色によって「蘆毛」「栗毛」「鹿毛」など様々な名前で呼ばれる。この兜の乗っている馬の色は、「月毛」が比較的近いか。他の馬は「青毛」や「青蘆毛」が近いように思われる。
近接&ref(): File not found: ".png" at page "兜/解説";赤母衣騎馬兜武神降臨!前田利家難易度真にて登場した騎馬兜母衣は本来風で膨らませて矢避けに用いる防具なので、馬に乗り風を受ける騎馬兜の戦い方にも利にかなったものとなっている。
乗っている馬形兜(仮称)はよく見ると角の生えた竜の装飾を付けている。
遠隔烏帽子形騎馬兜dot.png烏帽子形騎馬兜武神降臨!福島正則で登場した銃剣持ちの騎馬兜。俊足で駆け続け、射程内に標的を捉えると一瞬止まって単発狙撃する。初登場時に殿の背後を駆け抜けつつ、柵の向こうから狙撃してわからん殺しをかました。馬に乗って銃を撃つ兵という特徴は、近世ヨーロッパで発生した「竜騎兵」に酷似している。
別名「ドラグーン」とも呼ばれるこの兵士は、平時は衛兵や近衛兵として馬に乗りながら治安維持に従事し、戦時は他の騎兵と共に突撃や遊撃を行った。しかし、近代に入ると銃や兵器の発達により被害が増え、積極的に採用されることはなくなっていった。
日本では、大阪の陣において伊達政宗が馬の上から火縄銃を撃って攻撃する部隊を用いていたという記録が残っているが、これが竜騎兵と明言されているわけではないので、これがヨーロッパのそれと全く同じものかは不明である。
よくわからない
近接不明14dot.pngやや低薄れゆく魂の刻印で登場した金槌兜。
蔵絶対壊すマン。
攻撃力はさほどでもないが、攻撃速度がとても早く、防御が充分でない巨大化前の城娘を攻撃されると、みるみる削られて大破させられる。そして蔵を優先的に攻撃する特殊なターゲット法則を持ち、必ずと言っていいほど蔵を狙うルートを進撃してくるのが、見た目のユーモラスさと裏腹に嫌らしい。槌だが範囲攻撃ではない。
何としても蔵に近付かれる前に倒したい。遠距離に任せるとタゲが飛んで迎撃してくれないことがあるので、射程重視の槍を巨大化させ2-3発で倒せるようにすると良いだろう。
モチーフとなった兜は不明である。しかし、頭巾を被った見た目、武器の槌の形、耳のようなものから判断して、「鼠形兜」ではないかと推測する。鼠は蓄財や多産を司り、七福神の一柱である大黒天の遣いとされている。その大黒天は手に「打ち出の小槌」を持ち、豊作や蓄財の神様とされている。
頭巾のモチーフは恐らく、江戸時代に流行した義賊「鼠小僧」のイメージから取られていると考えられる。
近接不明14二号dot.pngやや低選ばれし城娘と秘伝武具 肆の陣で登場した金槌兜。
蔵絶対壊すマンPart2。
上記の謎の兜が槌と頭巾?を変えて新たに登場。緑頭巾が赤頭巾になったことで速度が3倍になったわけではなく、攻撃と耐久が上がった程度だと思われる。

法術型 Edit

錫杖を持ち、法術を用いた遠距離攻撃を行う兜。その攻撃は城娘のものと同様に防御無視の効果がついており、耐久を直に減らされる。
防御の高い壁役の城娘には大きな脅威となりうる。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
遠隔烏天狗形兜dot.png烏天狗形兜出羽(羽前)から登場する法術兜。
初登場時に注意文が出る難敵。初の法術、つまりこちらの防御力を無視して攻撃する兜であり、予想以上の大打撃を被る。
対抗策は耐久を上げる事。巨大化でいくらか緩和できるし、耐久の高いトークンや耐久UP特技を持つ城娘を狙わせるのも有効。集団で押し寄せることが多いため、手数で迎撃したい。
烏天狗は、文字通り烏の顔と塗羽をもつ妖怪。鞍馬山の烏天狗が牛若丸(=源義経)に剣術を教えたなど、逸話も多い。変わり兜のモチーフとして採用されている例もあるが(丸亀城天守にあり)、由来は分かっていない。
遠隔錫杖形兜dot2.png錫杖形兜超高やや高陸奥(陸奥)から登場する法術兜。
烏天狗形兜の上位といえる兜であり、彼らより射程が長く、防御力無視の攻撃に加え3ターゲット同時攻撃をしてくる難敵。城娘などが密集した所まで近付かれると、蔵や耐久の低い遠距離武器の城娘に甚大な被害が出る。
複数同時に現れることもあるので、弓の雨を降らせるか大砲による範囲殲滅で、接近される前に倒したい。
錫杖は、音を鳴らすことで魔を祓い、持ち主に知啓を与えるとされる仏具。前立てとして用いられる例が見られ、大名クラスでは陸奥国の弘前藩主である津軽為信が採用。

遠距離高出力攻撃なので排熱処理の為冷却装置が必要になりそうだと思いシコロを冷却ダクトに見立て、袈裟っぱく斜めに取り付けています。一本足なのは日本の山神のイメージから
遠隔鬼形兜dot.png鬼形兜超高武神降臨!毛利元就で登場した法術兜。
高い攻撃力と広い射程に加えて二連続攻撃をしかけてくる。攻防耐いずれも高く、巨大化した近接城娘ですら大ダメージは必至。
トークンをデコイにして時間を稼いだり、歌舞の回復で戦線を持たせたりしよう。
鬼についての解説は妖怪の鬼の項目参照。実際に兜のデザインに鬼を取り入れた例はかなり少数ではあるが存在し、新潟県関川村にある「渡邉家」に伝わる甲冑に、鬼の顔を前立としている兜がある。また、家紋として「鬼兜」というものが確認される。
弱化虚無僧兜dot.png虚無僧兜忍ぶれど、あさぼらけで登場した法術兜。
邪な笛の音色で、全ての城娘の攻撃と防御を25%低下させる。
虚無僧(こむそう)は禅宗の一派に属する僧侶のことで、袈裟を着て尺八を吹き籠のような編み笠を被った僧侶のこと。尚、普通の僧侶と異なり剃髪をせず、髪を伸ばしたまま修行を行うことが許されている。
修行のために全国を回れたり、刀を持つことが許されたり、罪を犯しても僧侶なので無罪になるなどの特権を持ち、江戸時代に幕府による服装の規定が出るまではしばしば僧籍ではない偽の虚無僧が現れたり、武士の変装として用いられたりした。そのため、時代劇などのフィクションでは武士や忍者などが暗殺者として相手に接近するための変装の一つとして用いられている。

自然型 Edit

四脚が特徴の兜。足は遅いが高い防御を持っており、攻撃の低い武器種ではちっとも耐久を減らせないことも。
法術・杖などの防御無視攻撃の武器種や防御低下の特技、倍率の高いダメージ計略が有効となるだろう。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
遠隔柏形兜dot.png柏形兜因幡から登場。多くの殿が最初に対峙するだろう高防御の敵。
葉っぱを飛ばす遠距離攻撃をしてくるので、対応には防御無視の法術や良い武器を持たせた鉄砲が必要。攻撃力は大したことないので、防御の高い近接城娘で全部受け止めて殴るのも有効。
元となったのは「茶糸威柏葉形兜」と思われるが、姿は似つかない。柏の木は翌年に新芽が出るまで古い葉が落ちない特性から「代が途切れない」縁起物とされた。土佐山内家宝物資料館蔵。
近接火焔形兜dot.png火焔形兜やや低備前から登場する兜。射程は短いが火炎放射は3連続攻撃、城娘も蔵も焼き払う。硬く生半可な攻撃は通らない。
耐久が低いため法術が有効だが、法術の攻撃速度の遅さ故に難儀する事が多い。というのも複数で現れることが多く、法術一人では処理できないから。範囲と攻撃力の高い鉄砲や石弓、防御無視や倍率の高いダメージ計略も有効。
また、手数が多い分防御の効果が大きく、防御を高めれば被害は大幅に減少する。
元となったのは火焔の前立の付いた兜か。火焔は不動明王や毘沙門天のものとされ、魔を打ち払い敵を退ける願いが込められていたとされる。前面には獅噛の前立のようなものが付いており、攻撃する際に目が光る。
近接一ノ谷形兜dot.png一ノ谷形兜超高備後から登場。短射程のマルチロック攻撃をする。
耐久力はさほど高くないが、防御力が極めて高く、通常の攻撃ではまともに通すことは困難。この点は、象鼻形兜と対照的。
防御力を無視して攻撃できる法術とは相性が良く、この兜が出現するステージでは編成に加えたい。開始時から居座っている場合は、すぐ防御無視職を設置して動き出す前に片づけたい。最低ダメージ保障20を利用して攻撃速度の速い弓やガトリング持ち鉄砲を配置するのも手だが、それだけでは動き出す前に倒しきれないよう調整されていることが多い。
一ノ谷形兜は、一ノ谷の合戦における源義経の逸話をあらわしたものとされる。
所持していた竹中半兵衛の死後、福島正則へ、そして黒田長政の手に渡った。
つまり城プロの長政や正則は、互いの兜を交換する前ということか。
近接&ref(): File not found: "針式一ノ谷形兜dot.png" at page "兜";針式一ノ谷形兜閻魔の闘技場から登場。攻撃範囲内の敵に針による継続ダメージを与える。

西洋兜 Edit

堅固なる異邦の守護者で初登場した海外産の兜。板金鎧ゆえか国産兜に比べ防御が高いうえに別段弱点を持たない、厄介な敵。
鉄砲や竜巻計略のノックバックを無効化するという特性を持つが、法術や一部計略・特技による移動速度減少は有効なのでそちらで対処しよう。
基本的には一部のイベントで海外出張したときにしか登場しないが、稀に船に乗ってきたのか国内のイベントでも登場する。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
遠隔不明15dot.pngケトルハット兜やや高堅固なる異邦の守護者で登場した弓兵西洋兜。
鎧に身を包み、攻撃・防御・射程と全体的に高め。加えて鉄砲や計略の竜巻等のノックバック無効の特性を持つ。ダメージを通すにはある程度の巨大化が必要で、序盤から出てくるなら法術など防御無視職の投入も視野に入る。
ケトルハットはかつてイギリス軍の弓兵や下級兵士(=足軽)が用いていた、麦わら帽のような広いつばを備える兜。鉄板一枚から作ることができる簡易的な兜である。
弓は「ロングボウ」と呼ばれ、イギリス特有の武器。この長大な弓を引くには大きな力を要し扱いが困難だが、それに見合う威力と射程がある。百年戦争において、イギリス軍がクロスボウを用いるフランス軍に対抗して用い大打撃を与えた。
近接不明16dot.pngやや低やや高超高堅固なる異邦の守護者で登場した重装西洋兜。
見てくれは突撃式トッパイと似ているが、性能は段違い。あの一ノ谷形兜程の打たれ強さで、複数出現する。そして西洋兜特有のノックバック無効持ち。攻撃こそ単体攻撃だが、数の多さにこれまでの定石の法術では処理しきれない。
そのため複数の法術で対抗するか、バフを重ねた大砲で吹き飛ばす、火力に優れる弩で貫く等の対策が必要。
同イベントで出たロングボウ兜と同じく、現時点で名称不明。モデルは、十字軍遠征の頃からヨーロッパで使用されたとされる「グレートヘルム」だろう。
別名「バレルヘルム」とも呼ばれるこの兜は、剣での攻撃を受け流せるように設計され、防御力には優れていたものの、視界が非常に悪いという欠点がある。
遠隔不明21.png超高超高三湖に交わる仮初の絆で登場した西洋兜。魔法使いのような見た目どおり、城娘の杖と同様の防御無視攻撃をしかけてくる。また他の西洋兜同様防御が非常に高く、ガリガリと着実にダメージを与えてくる難敵。西洋兜の例に漏れずノックバック無効
多数で現れるため、防御無視のダメージ計略が有効である。攻撃を受け止める盾役には、耐久アップや回復の手段が欠かせない。
見た目は典型的な魔法使いそのもの。特徴的な帽子は「三角帽」とも、「魔女帽子(ウィッチハット)」とも呼ばれる。中世ヨーロッパにおいては異端の証とされたともいわれる。余談だが、よく見るとフワフワ浮いている
遠隔&ref(): File not found: "ケトルハット兜(ブーケトスVer)dot.png" at page "兜";ケトルハット兜(ブーケトスVer)華燭の典と偽りの花嫁で登場した西洋兜。
ウェディングブーケを受け取ると周囲から注目され5秒間攻撃の優先対象になる。
ブーケトスとは、洋式の結婚式で行われるイベントの一つで、花嫁がブーケを後ろに投げ、キャッチした人に幸福が訪れるという逸話がある。受けとるために花嫁の後ろに集まる人は主に未婚の女性という場合が多い。

動物型 Edit

動物を模した兜。ファンシーな見た目に騙されるな! どいつもこいつもえげつないぞ!!
野生動物らしく道や地形を無視した移動をすることが多々あり、その読めない動きによって城娘配置の裏をかかれ、能力以上の苦戦を強いられやすい。
防御が低い傾向にあり、弓や刀など攻撃は低いが手数の多い武器種でも削りやすい。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接兎形兜dot.png兎形兜日向から登場。
道なき道を高速で移動し、防衛線の裏手から、時には崖や塀を飛び越えて殿と蔵を狙う。
その移動経路は一度見てみないことにはわからないため、初見マップで敵一覧に居た場合は、対策として低コスト城娘を場に出さずキープしておいた方が良いかも。
耐久力はとても低いので、一撃で倒せる槍や弓が居ると楽。
兎は耳が長く、すばしっこく、後退しないことから、戦場で俊敏さや聞き耳の鋭さをあやかろうと、兜の意匠として人気があった。
近接不明2dot.png猿形兜紀伊から登場。
曜日出兵でのウザさが印象深い。
地形を無視して戦場をかけ、蔵を引っ搔き回す。
兎形兜のウザさ上位版。
モデルは仙石秀久の家臣、谷津主水の猿形兜か。毛が植えられ赤ら顔の猿をあしらったこの兜は、変わり兜の中でも珍しいデザイン化されていないリアルな造りをしている。
出石神社蔵。
近接犬形兜dot.png犬形兜曜日出兵、天下統一では因幡から登場。
元々普通に歩く兜だったが吾妻おろしと蒼き飛兜で俊足を手に入れた。
その速度で後ろに逸しやすく、対策が必要。
殿でも捌けるが、群れで蔵に殺到されたら酷いことに。
槌はすぐ射程から逃げられるので、槍や弓が対処しやすい。
兜の中でもペット扱いらしく、イベントでは先導する兜の後ろをピョンピョン跳ねてついてくる。
犬を模した変わり兜としては「犬頭形兜」がある。獅子頭のような犬と扇があしらわれた兜であるが、製作年代が断定できないため、これをモデルとするには慎重になる必要がある。戦国時代には武蔵国の太田資正が戦術の一つして軍用犬を採用したとされる。
近接不明3dot.png鹿形兜曜日出兵、天下統一では因幡から登場。
群れで現れ、タフさで蔵に到達し、角で削る。
巨大化すれば簡単にあしらえるので、序盤をどうしのぐかだけ。
鹿角をあしらった兜の例は幾つかあり、真田幸村や本多忠勝らの鹿角脇立て兜が有名。立派な角は雄のみが持っていたため、武勇の象徴としてもてはやされたか。
近接熊形兜dot.png熊形兜やや高やや高豊後から登場。
トッパイが易しく思えるほどの攻撃力と耐久を持ち、接近されれば城娘や蔵を叩き潰し、殿は倒されてしまう。
移動が遅く防御力は低いので、接敵前に攻撃力の高い遠距離武器で仕留めよう。
高難度で集団で押し寄せてきた時は覚悟を。
馬追の山と這寄る怨念では、敵の天神西舘を上に載せて運んできた。金太郎かな?
モデルとなったのは恐らく「熊頭形兜」。実際に兜に毛を植えて熊の顔を表現したデザインは非常にリアルに作られている。
個人蔵。
近接兎耳形兜dot.png兎耳形兜やや高出雲から登場。
兎という名前から嫌な予感がするがその通りで、兎形兜のウザい俊敏性と熊形兜の高い攻撃力・耐久ステータスを併せ持つ難敵。
この図体で背後に現れ後衛を奇襲することもあり、まさに悪夢。
初見では対応しづらいので、敵の配置を見極めたうえで対応を。
モデルは名前の通り「兎耳形兜」。兜の前面に兎の耳や顔、足までもが再現されている精密な作り。
千葉県立中央博物館大多喜城分館蔵。
近接象鼻形兜dot.png象鼻形兜超高超激高紀伊から登場。
短射程のマルチロック攻撃をする。
高い攻撃力ととてつもない耐久力で、象の進路上にある城娘と蔵が全て瓦礫に変わることも。
意外なことに防御は低く、弓や槍など攻撃力が低い城娘でも手数で削ることができる。
鉄砲+法術によるハメ殺しも有りだが、弓や石弓などを並べて数の暴力で攻めたほうが良い場合もあるので、戦場に合う戦略を。
モデルは「象形張懸兜」か。黒漆を塗った突パイ形兜の前立部分に堂々とそそり立つ、金色の象の鼻は必見である。象の力強さにあやかって作られた意匠と考えられる。見た目としては某宇宙戦争の兵器にも似ている。
長宗我部の『木騎』?知らんなぁ
遠隔不明23dot.png投擲猿形兜(仮称)武神降臨!石田三成で登場。
ただでさえウザったい猿形兜の強化版であり、さらにそこそこの射程から放つ遠距離攻撃まで備えてやってきおった。これだから動物型は・・・!
幸い攻撃力はさほど高くない。
とはいえ遠距離勢が狙われると危ないので、移動経路を踏まえて城娘の配置を考えておくと良いだろう。
攻撃手段である投石は、古今東西で用いられる遠距離攻撃である。日本の戦国時代においては、武田軍武将の小山田信茂が投石を行う部隊を率いていたという逸話がある。
近接不明25dot.png狼形兜(仮称)討伐武将大兜!北条氏康に登場。
大猿形兜(仮称)のように、犬形兜の大型版といえる。
能力的には騎馬型の古桃形兜(いわゆる金騎馬)に攻防は多少劣るものの似通った特徴なので、金騎馬に準ずる驚異として対応に当たろう。
犬なのか狼なのか断定ができない以上言及は避ける。犬形兜と比べると、疾走に適した脚の付き方や複眼でなくなった目という特徴から、威力偵察よりも奇襲や強襲攻撃要員と目される。
近接親分熊形兜dot.png親分熊形兜越後から登場。
動物兜のみを対象に攻撃を20%上昇させる。
また、残りの耐久の割合が半分を下回ると、攻撃回数が増加する。
「親分」という言葉は、何らかの集団の大将格という意味の他にも、文字通り親代わりといった意味も持っている。
武士の世が始まった鎌倉時代になってからは、ある人物の子が成人した際に、元服後の名前をその人物の主人や関わりある人物が名付ける「烏帽子親」という制度が存在した。
近接ゴリラ.png大猿形兜
緊急出兵茶馬古道の麗しき工本に登場。
動物兜のみを対象に移動速度を30%上昇させる。
また、攻撃を受けると自身の移動速度が大幅に上昇する。
また、少しでも攻撃を受けると行動を開始する性質があり、初めて出現した際は迂闊に攻撃した殿や城娘に対して見た目とは裏腹の機動力で肉迫し、高い攻撃力からなるアームハンマーで次々となぎ倒していった。
幸い防御と耐久はそれほどでもないので、攻撃する(=動かす)タイミングと短時間で倒せる火力があればそこまで脅威にはならないだろう。
大猿とあるが、見た目は完全にゴリラのそれである。当然ながらゴリラを模した変わり兜というのは例が見られない。
ゴリラという名前はギリシャ語で「毛深い人」を意味する「gorillai」という言葉に由来し、和名では「大猩々」と呼ばれている。
近接ヘラジカ形兜dot.pngヘラジカ形兜緊急出兵あまき名残に報恩をに登場。
動物兜のみを対象に、1体につき防御を100上昇させる。
また、残りの耐久割合が半分を下回ると、自身の防御を更に上昇させる。
※待機状態で条件を満たした場合、待機状態は解除される。
ヘラジカはユーラシア大陸北部や北アメリカに生息するシカの一種で、和名はそのヘラのような見た目の角からきている。
日本に生息したという記録はなく、また兜のモチーフとしても例がない。
近接鹿形兜(赤鼻)dot.png赤鼻の鹿形兜聖なる天使の贈り物に登場。
サンタ衣装をまとった突撃式トッパイ形兜のみを対象に、1体につき攻撃と防御を50上昇させる。
クリスマスでサンタクロースに次いで有名となったのが、赤鼻のトナカイである。鹿ではない。
元々は戦後アメリカで作られた童謡で、赤鼻のトナカイは「ルドルフ」という名前がある。ダンサーやブリッツなど個性的な名前をもつサンタのそりをひくトナカイの中でも、赤い鼻が夜道を照らすことができるという理由で抜擢された新入りのトナカイである。
この曲が生まれた背景として、作者が病床の妻の傍らで娘にされたある質問の答えがベースとなっているのだが…興味を持ったのなら是非調べてみて欲しい。メリークリスマス

海洋型 Edit

海の幸を模した兜。ゲーム中では「海洋兜」と呼称される。
海や河、水堀も移動経路として使用するため、他の兜とは異なる進軍ルートをとることができる。
水上では移動力が向上するものもおり、また水中を移動中ということなのか、登場してしばらくは攻撃対象にならないマップもある。
またイベント「選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣」限定☆4銃「三崎の長筒」の効果(範囲内の海洋兜へのダメージが10%増加)対象となる。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接海老形兜dot.png海老形兜伊予から登場。海の桃形兜 ともいえる低いステータス。水辺から奇襲してくる点だけが異なるか。
旧城プロからいる古参だが、Reデビューの伊予では、背景の天守のシャチホコに擬態するという一発芸を披露。
海老を模した変わり兜は江戸時代になってから製作されたものが多く、蛸形兜と同じように職人たちが腕を競う中で生まれたとされる。海老は腰を曲げている様子から長寿の願い、何度も脱皮をして成長する様子から生まれ変わりや再生の願いが込められた縁起ものとしてもてはやされた。
近接不明4dot.png貝形兜やや低阿波から登場。
海老より固めだが強敵というほどでもない。
恐らく大多数の殿にとって初遭遇は曜日出兵
自軍がさほど育っていない状態で川から奇襲を受けて苦戦したかも。
初登場から長らく名称不明だったため、モデルも分からなかったが、名城番付-冬の陣-で名前と立ち絵が初登場。
モデルは恐らく貝をあしらった兜。モチーフとなった貝は、帆立貝や板屋貝、蛤や栄螺など。板屋貝に関しては、徳川家とも近い松井松平家で好んで使われたという説がある。余談だが、帆立貝と板屋貝は別種。
近接不明5dot.png蛸形兜やや低阿波から登場する海洋兜。
そこそこタフだが、強敵ではない。
モデルは蛸をあしらった変わり兜の一つと思われる。
トッパイ形兜の上で腕をウネウネさせる金の蛸は一見の価値アリ。江戸時代後期、職人の腕を競い合う中で生まれたとされる。
近接蟹形兜dot.png蟹形兜淡路から登場。攻撃力が高く、殆どの場合は群れて出現し、複数で殴られると城娘が簡単に大破する。
陸上での動きは鈍いので、遠距離から削りたい。水上では素早く移動し、沼・川・堀・滝などから現れ奇襲してくることも。
水上を移動する大型兜ということで吾妻おろしと蒼き飛兜で水上タクシーになったり、討伐武将大兜!島津義弘で因幡の白兎の鰐役になったり、討伐武将大兜!毛利元就で足蹴にされたりと、他の兜からは乗り物扱い。
モデルは恐らく「黒漆塗蟹形兜」。江戸時代になってから製作された変わり兜で、振り上げた金のハサミが特徴的。岩国美術館蔵。
近接不明6dot.png鯰尾形兜やや低やや低長門から登場。機体に夜露死苦とペイント。
長門で初登場するや爆速で突っ込んでくるネタ敵だったが、その後のイベントでは速度にものを言わせ一直線に蔵と殿を殴りに来、初見殺しの常連となった。難易度「難」では1~2撃で倒すのは難しい耐久となり、防衛線を抜けられて轢き殺される殿が多発。
出現タイミングを覚えて対策が必要。攻撃中は完全に足が止まるので経路上にトークンを置いて足止めしたり、出現直後の加速前にダメージ計略をぶち込むのも良い。
イベント討伐武将大兜!前田利家では、池の上で円を組んで周回するというまるで遊園地の遊具のような姿を披露。
川や水路を移動時に橋を飛び越したり、動きの芸が細かい。
モデルは「鯰尾形兜」。鯰が引き起こす地震で敵を驚かすというゲン担ぎで採用されたという。
形は烏帽子形兜と非常に似ているが、鯰尾形には兜の先が薄く平たくなっていくという特徴がある。また、烏帽子形は兜の下部に鉢巻の意匠が、鯰尾形は下部や側面に鯰のヒレや目の意匠があることが多く、それでも判別が可能である。
近接人魚形兜dot.png人魚形兜天下睥睨の蛇眼から登場。
他の海洋兜と比べ高耐久で、長い射程で中距離から攻撃してくる。中程度の攻撃力で攻撃間隔も短く、攻撃モーション中に足を止めないという特性によりどんどん進軍してくる。基本的に足止めの特技持ちや盾でないと進行を妨害できないので早めに処理しないと危険。
人魚は古くから日本の人々に認知されており、江戸時代には猿と魚のミイラを組み合わせたものが「人魚のミイラ」と称されたことも。また、人魚の肉には不老不死の効果があるという言い伝えも。兜のデザインとしての実例は見当たらない。
初登場早々名称が判明した稀な例。実は旧城プロ時代には既にデザイン原型ができていた模様(0:28付近)だが、現在とはかなり異なる。
近接不明22dot.png大貝形兜(仮称)超高丹後から登場。既に登場している貝形兜より一回りも二回りも大きい貝形兜。
殻も硬くなり防御力が一ノ谷形兜並にあり非常に高い。法術系で対処するのが有効だろう。
モデルは貝形兜と同じく様々な貝の兜。殻の形はより「板屋貝形兜」に近付いたようにもみえる。
遠隔烏賊形兜dot.png烏賊形兜(仮称)選ばれし城娘と秘伝武具 参の陣から登場。海洋型における砲撃型トッパイのような存在で、漏斗のような口から砲弾を発射する。海洋型の兜の中では耐久力に優れ、こちらから攻撃しにくい海上から砲撃してくると少々面倒。とはいえ射程・攻撃速度はそれほどでもなく、軟体動物ゆえか防御も並程度(貝形や古桃形とどっこい)。モデルはイカを模した変わり兜…と言いたいところだが、江戸時代中に作られたタコの変わり兜と異なり、イカの変わり兜は例が見られない。
しかし、加藤嘉明が所用した「銀箔押富士山形張懸兜」は、その富士山を模した後立がイカに似ているとよく言われることがある。しかしこちらはイカではなく、あくまで富士山の変わり兜である。
近接鯰尾形兜(金)dot.png金鯰尾形兜(仮称)武神降臨!福島正則で登場した金色の鯰尾形兜
近接&ref(): File not found: "黒蟹形兜dot.png" at page "兜/解説";黒蟹形兜(仮称)武神降臨!藤堂高虎難易度・真で登場した黒色の蟹形兜蟹の甲羅の色は赤というイメージが強いが、これは食べている動物プランクトンによるものである。

飛行型 Edit

地形を完全に無視して移動してくる空飛ぶ兜。ゲームシステム的に特別な特性が与えられており、
・近接武器による攻撃の攻撃力を半減する
・遠隔武器による攻撃ならば通常通りダメージを与えられ、特にの攻撃は攻撃力が+50%される
・遠隔武器の城娘は他の兜よりも優先して攻撃対象にする(大砲の城娘を除く)
・足止めの効果を無効化する などが挙げられる。
初見のマップではどこから飛んでくるかさっぱり分からないので性質が悪い。
基本的に城娘は殿に近い敵を優先して攻撃するが、遠隔城娘は自分が爆撃されようが殿に近接がたかっていようがそっちのけで飛行型の兜を攻撃してしまう。
敵の編成に厄介な飛行兜がいた場合、弓の城娘の採用を検討しよう。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
飛行尾翼形兜dot.png尾翼形兜肥前から登場。
序盤で遠距離系の城娘を育てていないと苦戦するが、ある程度育てば、さほど脅威ではない。
尾翼とは本来飛行機の重心を安定させるためのもので、鳥にはないものである。もっと言うと鳥にあるのは尾翼ではなく尾羽である。
文献上では実在するようだが、どのような形をしているのかは不明。恐らくは雁形兜や燕尾形兜あたりがモチーフなのではないだろうか。
飛行隼形兜dot.png隼形兜追加された曜日出兵で登場。天下統一では因幡から。接近して爆撃してくるが、その前に撃ち落とすのは容易。攻撃間隔も長く大した火力ではないが、大回りして裏を突いてくることがあるので、僻地の蔵に注意。
来訪せし激昂の城娘では久留米城を運んで飛んできた。それ以降のマップでも兜を掴んで運んでくる。
隼は戦国時代において、鷹狩りに用いられたり、羽根が兜や羽織の装飾品に用いられたりと人間との関連が深い鳥でもある。兜のデザインとしては例が見られない。
旧プロの図鑑画像を見ると三本の爪で3本のダイナマイトを器用に掴んでいるのが分かり、それを落として攻撃しているようである。
飛行蜻蛉形兜dot.png蜻蛉形兜紀伊から登場。多くの殿が曜日出兵で山ほど相手する。攻撃も速度も高くなく純粋な脅威は低いが、高難易度で蔵を落とされて嫌な思いをした殿も多いはず。トンボは後退せず前にしか進まないため「勝虫」「勝軍虫」と呼ばれ、縁起物として好まれた。尚、名前の読みは旧プロ準拠だと「トンボナリ」ではなく「カゲロウナリ」である。
蜻蛉切を装備しても別にボーナスはない。
飛行不明7dot.png蝶形兜結束の矢と謀略の将で登場。
蜻蛉形兜に酷似しているが、同時に複数目標へ攻撃を加える点が異なる。見間違えて「また蜻蛉か」と誤認すると、自軍や蔵が手痛いことに。群れを成す傾向あり。
モデルは、蝶を前立てにあしらった変わり兜か。採用理由は不明だが、揚羽蝶がモチーフとして採用されることが多い。
しかし、その見た目は我々の知る蝶とはかけ離れており、現存する蝶形兜の形がこの兜の頭部に似ているのが唯一の蝶要素か。恐らくはチョウトンボ(青い羽根が特徴のトンボ)もデザインの元になっているか。
飛行不明8dot.png三十二間星形兜討伐武将大兜!福島正則で登場。
姿は華奢に見えるが耐久は高く、外周に配置した遠距離城娘だけでは簡単に接近を許す。
攻撃速度は速くないが、懐に飛び込み矢を降らせる難敵。特にトークンが優先して狙われるので、気づかないうちのトークン破壊に注意。
星兜は、平安時代初期には既に見られた、筋兜と並ぶ比較的古い兜の一種。三十二間は、兜の鉢に用いられた板金の枚数(三十二枚)を指す。この板金を止める鋲の頭を星と呼ぶことから星兜という。
長らく名称不明だったが、薄れゆく魂の刻印にて名称と、実はかなり精巧な女性型兜であることが判明。
飛行不明9dot.pngやや高豊前から登場。
かっこよさに磨きがかかったが、凶悪さにも磨きが掛かった。攻撃力も耐久力も強化され、さらに2連続攻撃をしてくるように。
弓での迎撃が有効。
飛行不明13dot.png毛虫形兜超高閉ざされた扇城で登場。
攻撃力は高めだが、直接攻撃のみで射程は短い。しかし耐久力がとにかく高く、低い移動速度で戦場に居座ってこちらの遠距離攻撃を吸収してしまうのが厄介。攻撃速度を強化した弓で削り落とすのが有効。なお、ボス格ではない通常の飛行型兜には「殿に到達して少し経つとMAPから消える」という隠し仕様があるが、これと下の毛虫形兜のみ殿に到達しても消えないので注意。
毛虫は後退せず前進しかしないことから、不退転の象徴として好まれた。また、百足も同様の理由で採用されることあり。有名な武将では、佐竹氏や伊達家家臣の伊達成実が用いている。
Reから新登場した兜にしては珍しく実装直後に正式名称が判明した。名前とドット絵から円筒形に見えるが、よく見るとステルス爆撃機のようなV字型をしている。
飛行 ・近接佐竹式毛虫形兜dot.png佐竹式毛虫形兜超激高下野から登場。
毛虫形兜の強化版だと思うと痛い目を見る。攻撃力は三倍耐久は六倍で、防御以外の能力値は飛行兜最高。毛虫形兜が飛行船ならこちらは空中要塞。特に攻撃力は恐ろしく高く、うっかり遠距離城娘が喰らおうものなら一撃で大破。単体攻撃に特化した空飛ぶ象鼻形兜みたいなもの。
とんでもない難敵だが、防御力は毛虫形兜に毛が生えた程度。飛行兜への特攻と手数に優れる弓勢が育っていれば撃ち落とせるだろう。不安なら攻撃力強化やダメージ系計略を。
戦国時代の佐竹家の武将には、毛虫を兜の意匠に取り入れる例が見られ、特に義重の六十二間筋兜の脇立てが知られる。
余談だが、毛虫形兜が初登場時、こちらと立ち絵が入れ替わっているというミスがあった。その後すぐ修正された。
飛行蜂形兜dot.png蜂形兜上野から登場。1,2匹で飛んでくる。耐久がやや高い程度で大した攻撃力はなく、基本的に脅威ではない。しかし攻撃すると一瞬相手を麻痺させる特性を持つ。ラッシュ時にチクチクやられると城娘の攻撃速度が落ちてしまい、殿を守るのが困難になる。蜂の姿を模した変わり兜は文献上では実在したと述べられているが、実際の兜の像は不明である。恐らく蜻蛉形兜のように、蜂を模した立て物が付けられた兜なのだろう。
旧城プロでは隠密や偵察を役割とした兜で、腹の小銃や手にしたクナイでの強行偵察を得意とした兜だった。
飛行不明飛行兜dot.png燕形兜(仮称)訛伝が染めたる宵の森で登場。
写真のものは足の部分が無く、イベント後半に登場する小型兜とは別個体だと思われる。
複数で群れを成し高速で画面内をまっすぐ適当に通過してゆくが、殿、城娘、蔵などに一切攻撃をしてこない。ぜひ打ち落として気力にしてしまおう。これとは別に足付きもあり、飾りではなく最低限の攻撃力がある。群れで決まったルートを通過し多段ヒットするためガリガリ削られて侮れなくなるが、油断せず迎撃して気力を稼ごう。当然最低限の耐久なので範囲攻撃があると楽、近接城娘でも削って落とせる。
燕の尾を模した兜はおなじみ燕尾形兜があるが、燕そのものを模した兜というのは例が見られない。
飛行大鷹形兜dot.png大鷹形兜訛伝が染めたる宵の森で登場。
飛行兜のみを対象に、1体につき防御を100上昇させる。
また、残りの耐久の割合が半分を下回ると、自身の受ける遠隔物理ダメージを半減させる。
※待機状態で条件を満たした場合、待機状態は解除される。
鷹は戦国時代時代において、大名間の贈り物の品となる場合が多かった。というのも、鎌倉時代より続くスポーツ兼武士の嗜みとして「鷹狩り」というものがあり、そのために各大名家は鷹を献上品として主となる大名や当時勢いのあった大名に親愛の証として贈っていたのである。
名鷹の産地には青森県弘前市などが挙げられ、弘前城の改称前の「高(鷹)岡城」も、その地が鷹の名産地であることから名付けられた。また、そうした城下町には鷹を扱っていたことの名残として「鷹匠町」のような町名が現在も残されている。
飛行&ref(): File not found: "針式毛虫形兜.png" at page "兜";針式毛虫形兜閻魔の闘技場で登場した針山地獄で進化を遂げた毛虫型兜。
攻撃時に針による追加ダメージ(攻撃対象の最大耐久の10%)を発生させる。
飛行&ref(): File not found: "赤蜂形兜.png" at page "兜";赤蜂形兜(仮称)武神降臨!藤堂高虎難易度・真で登場したガトリング砲搭載の蜂形兜

旧図鑑画像 Edit

旧城プロの図鑑には、兜の詳細なアートワークも載っていました。兜/画像で一覧のページにあるので、城プロの世界により深く入り込みたい方はどうぞ。
なお、旧では「植物・海洋・神仏」といった属性の概念があったためイラストに属性アイコンが記されています。

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • なんか編集してもページ更新できなくなってる? 何人も編集しようとしてる形跡あるけど昨日から成功してないよう -- 2018-11-17 (土) 13:33:32
    • 改行の調整とかは編集しても差分ではなんも見えなかったりする それじゃないか? -- 2018-11-17 (土) 19:30:52
      • 差分チェッカー見てもらえればわかりますけど、ページ更新押しても白いページに飛ばされるだけで編集内容は反映されてないんですよね。だから何度も同じ編集結果だけがチェッカーに繰り返し表示されてる。 -- 2018-11-17 (土) 20:16:03
      • うーん?ホントだ 試しにCOでtestって入れてみたけど、差分では反映されたかのように表示されてるけど実際のページには変更かかってないようだ 編集ページに入るときも妙に重いし、ひょっとして行が多すぎるのかな? -- 2018-11-17 (土) 22:13:02
      • このページもかなり詰め込んでますものね。現実の人物紹介とか分けて画像メインにしてもいいかも。 -- 2018-11-17 (土) 22:17:44
      • 編集会議室で管理人さんに不具合原因を確認してもらうのがベターかな 大元の原因がはっきり分かるのが一番いい -- 2018-11-17 (土) 22:30:12
    • 2018年度の城娘のdot絵を付けたいのだけど、最近更新できなくなったので出来る方に代理更新してもらいたいもので。 -- 2018-11-17 (土) 22:14:22
      • ちょっと訊きたいんですが、ドットってどうやって作成されてます?もし通常の城娘で装備含め再現しているなら、一部高レアは手伝えるかも……。 -- 2018-11-25 (日) 21:07:13
      • 天下統一の日向で、等倍のSSを撮って加工しています。自分の手持ちにいないのは、長篠城(八咫烏)、前田金沢城(虎徹)、躑躅ヶ崎館(源翁鎚)、小田原城(雨夜手拍子)、[夏]柳之御所、[夏]古河城(六花の水弩)、膳所城(御手杵)、松江城(片鎌槍)、内城(床子弩)ですので、お持ちなら上記の方法で撮ったSSをアップロードにお願いします。 -- 2018-11-26 (月) 09:26:14
      • つまりこういう(前金と小田原) https://uploader.swiki.jp/index/single/host_name/scre/thread_id/21283 -- 2018-11-26 (月) 20:02:42
      • ありがとうございます -- 2018-11-26 (月) 20:18:35
      • 長篠城、躑躅ヶ崎、内城、[夏]古河城、[夏]柳之御所、膳所城、松江城のドットを試作しました。 -- 2018-11-26 (月) 21:55:06
      • 型抜きまでありがとうございます。 -- 2018-11-26 (月) 22:29:57
  • 兜以外/解説のページを仮設しました。 -- 2018-11-21 (水) 21:22:51
    • 妖怪、兵、城娘、コラボ勢をこちらに分割しました。ページも軽くなって更新も問題なくできるようになりました。もし、反対意見が無ければ、このまま兜/解説から兜以外/解説の内容を削除して、これを新たなページとしてメニューバーに加えてもらうように依頼したいのですが。 -- 2018-11-21 (水) 22:00:44
      • 容量不足はどうにもならないですし、提案通りの分割でいいんじゃないでしょうか。 -- 2018-11-23 (金) 12:54:53
      • 容量問題以前に、あまりにも縦長すぎて閲覧しにくい問題もありますしね。そろそろ兜/巨大兜/それ以外の3ページくらいに分割したいです。 その前に、このページの記述削除編集できるんですかね・・・(差分チェッカーで編集失敗の数をかぞえながら) -- 2018-11-23 (金) 13:10:18
      • コラボだと新しい兜が出ないのでペース落としていたら、こんなに画像が充実したとは…ありがとうございます。分割案、賛成です。私も編集しようとして反映されない事が何度かありましたし、こんなに画像が増えたら容量も大きくなるでしょうからね。多少分けても見やすさや快適性は大事だと思います。 -- 卒論兜だった人? 2018-11-24 (土) 08:26:23
    • 巨大兜/解説のページと現実の人物情報のページを新設して、現実の人物情報ページは巨大兜ページの下にリンクを貼りました。 -- 2018-11-24 (土) 10:43:44
      • 兜/解説ページから、上記三種の画像、文章を削除しました。これに伴い編集会議室に、メニューバーのリンクを・兜/解説、・大将兜/解説、・兜以外/解説、・画像一覧に変更してもらいたいと思います。 -- 2018-11-24 (土) 11:10:56
  • 氏郷の小型兜(ビット?)ですが、義元の肩のアレと同じ扱いだと思うので巨大兜の項目に移したいのですが、大丈夫ですか?勝手に移すのも何なので確認をと思い… -- 卒論兜だった人? 2018-11-28 (水) 22:28:39
    • 大鷹の上の小さいのはビットとは別の、45体出てくる名称不明の鳥形兜です。で、氏郷のビット兜を追加しておきました。 -- 2018-11-28 (水) 23:18:05
    • 蒲生氏郷関係なくたびたび登場してるな。元より今川義元のようにビットとは言われてなかったけど。 -- 2019-05-21 (火) 19:41:19
  • 真田昌幸量産型…名前変わったんですかね?それとも爺兜みたいな個体名なのでしょうか。烏帽子革張形も烏帽子「形」革張形になってましたし…うーん。 -- 卒論兜だった人? 2019-01-29 (火) 20:21:11
    • 真田式の方は元の名前に修正されてるね。烏帽子の方は形が増えたまんま -- 2019-02-05 (火) 22:55:19
  • 兜のコスプレシリーズも大分増えてきたなぁ。 -- 2019-01-16 (水) 10:28:29
    • そろそろ変わり兜に関する解説を書きたいですね…再来週あたり話が進まないものでしょうか。 -- 卒論兜だった人? 2019-01-16 (水) 15:43:41
      • コラボ終わったら来るんじゃないかな。あるいは書きたいというなら、実装が期待される城娘のページみたいに、実装が期待される兜のページを作ってみてはいかがでしょう? -- 2019-01-16 (水) 15:46:04
      • ↑亀レス失礼しました。モチーフになりそうな変わり兜だけでも結構な種類がありますし、大型兜についても記載すると項目と情報量が膨大になるので敬遠してたんですよね。出たとこ勝負です。 -- 卒論兜だった人? 2019-01-29 (火) 20:23:11
  • 当世具足兜(仮称)の説明で「足止めされるとその城娘か自身が倒れるまで攻撃を続けるという、」とあるけど足止めは関係なくて「当世具足兜(仮称)が自身の範囲内に攻撃対象を収めたら~」よね?あと余談だけど一度攻撃を始めたら攻撃対象は変わらないみたい。倉を殴られ始めてから城娘をそばに置いても倉への攻撃を継続してた。 -- 2019-03-22 (Fri) 03:45:18
    • 「自身の攻撃範囲内の城娘や蔵などを消滅させるか、自らが倒されるまで、足を止めて攻撃を続ける」に書き直しました。 -- 2019-03-22 (金) 09:11:17
  • 利家の槍を持った桃形の出番はまだかな。煙突は見づらいので左右2本出しっぽく。 -- 2019-04-07 (日) 12:05:44
    //uploader.swiki.jp/attachment/uploader/attachment_hash/e8b48961b190043881d87fd5ae35029c94cdd5b3
  • 騎馬型の騎馬鉄砲が近接になってますね。 -- 2019-05-18 (土) 15:32:28
  • 今回のイベントでお相撲さんの兜の名前判明したのか?金剛力士形兜 -- 2019-06-11 (火) 16:49:37
    • まさか金剛力士だったとは…阿吽の形は関係なさそうですね。はて力士由来の変わり兜はあったでしょうか… -- 卒論兜だった人? 2019-06-11 (火) 21:40:08
      • 手持ちの資料に載ってました。ざっと書いてみます。 -- 卒論兜だった人? 2019-06-11 (火) 21:53:29
  • バージョン替えでポコポコ名称不明兜の由来が分かってきてるなー。西洋弓兜は「ケトルハット兜」……ヤカン帽子? -- 2019-06-18 (火) 20:54:50
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White