Top > > 解説

兜/解説
HTML ConvertTime 0.964 sec.

通常兜 Edit

ほとんどの戦場で相手をする兜。大雑把に小型(・中型)・大型に分類される。
また人型や陸上(道なりに進軍してくる)、動物(しばしば地形を無視する)、飛行(地形を無視する)、海産物(水辺から奇襲をかけてくる)など形状や属性によって行動パターンが類似する傾向がある。
特に飛行兜は、
・近接武器による攻撃は攻撃力が半減する
・代わりに遠距離武器の攻撃が効きやすく、特に弓は攻撃力+50%の特効がある
・遠距離武器の城娘は飛行兜を優先的に攻撃する(大砲を除く)
・足止めができない
などの特性がある事を頭に入れておきたい。
大型兜は、時に中ボス級の脅威度を持っているので注意が必要。

イラストレーター:Zトン

人型・陸上型 Edit

最もオーソドックスな兜。人型・大砲型・四脚型など地上を歩いてくるもの全般をここに羅列。ようは分類が難しいやつとかが大体ぶっこんである。
基本的に道なりに歩いてくるが、人型兜などは建物から現れたり、建物の中を通ってくることがある。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
人型
近接桃形兜dot.png桃形兜あらゆるステータスが低く、巨大化せずとも普通に倒せる。時々マップ中央にある家から前触れ無く出てくることがある。
徒党を組んで押し寄せるが、槌や槍など範囲攻撃ができる城娘を置けば簡単に一掃できるだろう。
兜を倒すと気が増えるシステム上、ボーナスキャラとも言える。
桃形兜は室町時代後期から登場した兜。
当初は下級武士を中心に広まったが、形状の美しさから、やがて(西国の)上流武士の間でも流行した。
ボスの黒田長政が被る黒漆塗桃形大水牛脇立兜も桃形兜から派生したものである。
近接椎形兜dot.png椎形兜分銅鎖を振り回し、2回連続攻撃する。地味に痛く、特に曜日出兵等で蔵に接近を許すと耐久が削られる。射程もやや長いので、道端に置いた遠距離職が攻撃をもらうことがある。
古桃形より打たれ弱いので、排除するだけなら楽。
椎形兜(椎実形兜)は、突パイ形兜に分類される。
椎の実はドングリに似ている。
近接古桃形兜dot.png古桃形兜やや低やや低肥後から登場する刺又(さすまた)を装備。
意外にタフで、集団で現れるため、巨大化が不十分な序盤では排除が難しい。
接近して城娘や蔵を刺す。高難易度では桃形に代わる雑魚で、巨大化せず倒せる位に自軍を育成したい。
古桃形兜は、古い時代の桃形兜を指す言葉。
分類上の用語らしく、当時使われた名称ではないと思われる。
遠隔鳥帽子形兜dot.png鳥帽子形兜日向から登場する火縄銃剣兜で、射程が長い。
攻撃速度は遅いが一発が重く、複数で出てくることが多いので気が付いたら城娘が大破していたということも。射程が長いので、小技・小ネタのページにある敵の攻撃優先度を念頭に置いた配陣を心掛けよう。
耐久は低いので、こちらの射程内に入ったら排除は難しくない。
烏帽子形兜は変わり兜の一種で、文字通り烏帽子を模したもの。桃形兜の製法を応用しているとされる。
銃剣(バヨネット)が誕生したのは17世紀フランスの都市バイヨンヌ。これにより射手が槍兵同等の近接戦闘力を獲得し、奇襲や騎兵の突撃等への対抗手段を得た。同時にこれにより槍兵という兵科は廃れる。
近接不明12dot.png大文字形兜やや低やや低日向から登場する片鎌槍兜。Reから追加された兜の中でも早くから登場するが、それほど強敵ではない。
とはいえそれまでの小型兜よりもタフで攻撃力も高く、城娘のレベルが低いうちは油断できない。
モデルは立花宗茂所用の「黒漆塗大文字形兜」か。大の字が兜の後立としてあしらわれた姿は圧巻である。
殿ー! なにやってんのー!
近接突撃式トッパイ形兜dot.png突撃式トッパイ形兜やや低肥前から登場。防御と耐久が高く集中砲火の中でも生き残り、高攻撃力で城娘を殴る。
高難度になると大量に押し寄せるので、ラッシュまでにどう迎撃態勢を整えるかが重要。
巨体に似合わず、しばしばトリッキーな移動を見せる。
操られし鬼玄蕃で沼に飛び込む(その後反対側の岸から突然上がってくる)わ、討伐武将大兜!島津義弘で因幡の白兎をするわ、とやりたい放題で驚愕と笑いを誘った。
突盔(とっぱい)形兜は、室町時代末期に登場した兜。
鎌倉から南北朝時代にかけて主流だった筋兜の簡略系で、頭頂部分が尖っている。

(Zトンさんの設定より)
雑兵のパワータイプ
桃形の1.5倍のサイズと3倍の出力。
武器はヒート鉄砕棒
近接不明1dot.png真田式トッパイ形兜追加された曜日出兵で登場した大型兜。トッパイを純粋に強化したような挙動とステータスで、高攻撃力は非常に脅威。
防御力がめっぽう高いが、耐久がさほど高くないので、防御無視の攻撃が有効。
高難度マップでは一度に複数出現するので、城娘複数で防衛線を築いたりダメージ計略も視野に入れたい。
よく赤棍棒と呼ばれるが、たぶん手杵。
遠隔不明11dot.png烏帽子革張形兜曜日出兵で登場した大筒兜。砲撃式トッパイ兜と同等の長射程を持ちながら、防御力は突撃式トッパイ兜なみに高い。指揮官のように他の遠距離攻撃兜と一緒に出てくることが多く、三段撃ちよろしくダメージを倍増させる。
対策には攻撃優先度のコントロールはもちろん、火力も求められる。ダメージ計略で手下ともども一掃してしまうのも手。
遠隔不明15dot.pngやや高堅固なる異邦の守護者で登場した弓兵西洋兜。
鎧に身を包み、攻撃・防御・射程と全体的に高め。加えて鉄砲や計略の竜巻等のノックバック無効の特性を持つ。ダメージを通すにはある程度の巨大化が必要で、序盤から出てくるなら法術など防御無視職の投入も視野に入る。
名称不明。兜の形はかつてイギリス軍が用いていた、麦わら帽のような広いつばを備える「ブリティッシュヘルム」に類似。
弓は「ロングボウ」と呼ばれ、イギリス特有の武器。この長大な弓を引くには大きな力を要し扱いが困難だが、それに見合う威力と射程がある。百年戦争において、イギリス軍がクロスボウを用いるフランス軍に対抗して用い大打撃を与えた。
近接不明16dot.pngやや低やや高超高堅固なる異邦の守護者で登場した重装西洋兜。
見てくれは突撃式トッパイと似ているが、性能は段違い。あの一ノ谷形兜程の打たれ強さで、複数出現する。そして西洋兜特有のノックバック無効持ち。攻撃こそ単体攻撃だが、数の多さにこれまでの定石の法術では処理しきれない。
そのため複数の法術で対抗するか、バフを重ねた大砲で吹き飛ばす、火力に優れる弩で貫く等の対策が必要。
同イベントで出たロングボウ兜と同じく、現時点で名称不明。モデルは、十字軍遠征の頃からヨーロッパで使用されたとされる「グレートヘルム」だろう。
別名「バレルヘルム」とも呼ばれるこの兜は、剣での攻撃を受け流せるように設計され、防御力には優れていたものの、視界が非常に悪いという欠点がある。
不明21.png三湖に交わる仮初の絆で登場した西洋兜。魔法使いのような見た目どおり、城娘の杖と同様の防御無視攻撃をしかけてくる。また他の西洋兜同様防御が非常に高く、ガリガリと着実にダメージを与えてくる難敵。
多数で現れるため、防御無視のダメージ計略が有効である。攻撃を受け止める盾役には、耐久アップや回復の手段が欠かせない。
見た目は典型的な魔法使いそのもの。特徴的な帽子は「三角帽」とも、「魔女帽子(ウィッチハット)」とも呼ばれる。中世ヨーロッパにおいては異端の証とされたともいわれる。
強化旗印兜(黒旗).png旗印兜(黒旗)
↓普
超高導かれし若楓の山道で登場。
攻撃能力を持たないが、旗指物を振ってマップ内の兜を鼓舞し生存している限り全ての敵の耐久・攻撃・防御ステータスがアップする。同時に複数現れる場合、効果は重複しない。逆に言うと数を減らしても効果が弱まることはなく、全滅させない限り効果は続く。効果は大きいので最優先で処理したい。
城娘はこの兜を最優先で攻撃する。見た目は桃形兜だが非常に打たれ強いため、除去役の配置は早めに。防御は低いので手数が多い弓を当てると良い。
基本的には動かないが、最後まで倒さずにいると殿に向かわずにスゴスゴと帰ってゆく。
旗印は合戦において自身の所属や勢力を示すために使われ、馬印と同義にされることあり。旗の模様は蛇の目紋にも見えるが、恐らくどこの勢力というのは意識していないだろう。
近接突撃式トッパイ形兜竹束dot.png竹束式トッパイ形兜討伐武将大兜!片倉小十郎で初登場した竹束兜。遠距離城娘の最優先標的となるというユニーク特性を持つこと。これにより攻撃が吸われ、本来優先されるべき飛行兜を狙わなくなる。ステータスは基となったトッパイの強化版で、特に防御は2倍。反面、攻撃力はやや落ちる。
特に対空攻撃に有効な弓矢を吸われてしまうと大幅な殲滅力ダウンになってしまうので、複数の城娘で集中攻撃して素早い排除を行える陣を敷きたい。集団で現れることが多いのでダメージ計略でまとめて叩くのも良いだろう。
ちなみに大砲の城娘はこいつを優先しない。内部的には飛行属性なのかも。
竹束は攻城、もしくは城の防衛に用いられた防具で、文字通り複数本の竹を束にして作る。単純な作りながら鉄砲に対して大きな防御効果があり、戦場に設置する他、この兜のように楯に着けたり車輪を付けたり(=車竹束)などの工夫が行われた。鉄砲が全国に普及してからは広く用いられたものの、竹の筒が空洞であるために燃えやすいという欠点がある。
近接不明19dot.png超絶高超絶高武神降臨!前田利家にて初登場した力士兜。
極短射程の張り手という攻撃手段しか持たないがあらゆるボスを上回る攻撃力と全兜中最高の耐久を持つ最強の雑魚兜攻撃力は3000(武神降臨では補正により6000)。絶対に直接触れてはいけない。
弱点は、紙同然の防御力。弓・槍・ガトリング装備の鉄砲など射程と手数に優れた城娘で動き出す前に遠くから倒すべし。複数固まっている場合、槍や大砲で複数を巻き込むのも有効。
裸での一対一という原始的な格闘技である相撲は古来より世界中で類似の競技が行われているが、「相撲」の名で記録が残る最古の取り組みは古墳時代で、天皇に仕える女官同士の相撲である。
鎌倉時代以降、職業軍人である武士の世になると鍛錬のために相撲は盛んに奨励された。土俵を考案して現在の形式に近いものにしたのは織田信長だと言われる。また、信長は相撲大会で互角だった力士二人にそれぞれ東と西という姓を与え、このことが所以で相撲が東と西に分かれたとされる。
不明20dot.png超激高季節外れに舞う六花に登場。撃破もしくはこの兜の射程内に入るとその場で大爆発し、一定範囲全ての味方・蔵・トークンに特大ダメージを与る。安全圏から攻撃出来ればベストだが、この兜を上手く狙ってくれない状況では、トークンを目の前に置いて自爆させたり、ダメージ計略で撃破するなどの対策が必要。爆弾を手にした桃形兜で、爆弾は形状からして焙烙玉(ほうろくだま)であろう。焙烙玉は、火薬を調理器具の焙烙、あるいは専用陶製容器に詰めて導火線を付けたもので、投擲して用いる。爆発すると火薬と共に陶器の破片が飛び散り、兵士に対して大きなダメージを与えると共に周囲を延焼させた。
戦国時代においては海戦においてよく使われ、厳島の戦いや木津川口の戦いで戦果をあげた。能島城も腰に装備している。
爆弾トッパイ.png武神降臨!黒田長政で登場した、爆弾を抱え特攻してくるトッパイ形兜。桃形兜のそれよりも耐久が高く、より大きな爆弾で爆発時のダメージも高い(4000以上のダメージ)。ただし爆発の範囲はほとんど変わらない。
かなり耐久が高いので、歩いてくる最中に遠距離で仕留めるのは現実的でない。トークンを囮にして巻き込まれない距離で起爆させるのが得策だろう。
戦国時代全体を見ると、生存を考えない捨て身の戦法は散見されるが、爆発物を用いた自爆攻撃というものは例をみない。逸話としては平蜘蛛自爆で有名な松永久秀のものがあるが、これは事実かどうか疑わしく、詳細は信貴山城の項を参照。
突撃式トッパイ形兜バチdot.png夏だ!海だ!縁日だ!で登場した兜。トッパイ形兜がハッピを羽織り、ハチマキを締め、手には棍棒の代わりに太鼓のバチを握っているというふざけたお祭りモードな格好だが、強さは普通のトッパイ形兜とは一線を画す。耐久が非常に高く、攻撃時にはその手のバチを振って強烈な連続攻撃を叩き込んでくる。開始後しばらくは動かないので、その間に遠距離攻撃で倒してしまおう。
銭形兜dot.png合戦/1-36で登場した兜。攻撃、防御、耐久、範囲の全てがトッパイ以上というだけでも難儀だが、攻撃時には手に持った謎の武器を振り回して自身中心の広範囲全てにダメージかつ3連続攻撃をしてくる強敵。その攻撃力は近接城娘にとっても脅威であり、生半可な布陣では耐えられない。
付け入る隙は3連続攻撃という点にあり、防御力を高めれば1発あたりのダメージは大幅に減る。まず攻撃を受け止める城娘を一人決め、防御力を上げる対策をしっかり行い、火力役が攻撃に巻き込まれないよう注意して陣を築こう。盾役は歌舞や巨大化回復でフォローしたい。
椎形兜(赤備え).png椎形兜(赤備え)
古桃形兜(赤備え).png古桃形兜(赤備え)
烏帽子形兜(赤備え).png烏帽子形兜(赤備え)
攻城兵器型
近接釘形兜dot.png釘形兜超高大隅から登場する破城槌(はじょうつい)型兜。攻撃力がとても高く、巨大化がまだだと耐久半分を持っていかれる事も。難易度「難」では高レベルの近接城娘ですら馬鹿にならないダメージを受ける。
射程はとても短く、見た目に反して耐久はさほど高くないので遠距離で削ろう。
破城槌は、文字通り攻城用兵器。
主に城門を破るために使われる巨大な槌と、城壁からの攻撃を防ぐための覆いを上部に備える。城モチーフの城娘にとってまさに天敵の兵器。
モデルは大釘後立がついた兜。釘は、ものを打ち貫くことから志を遂げることができるようにと好まれた。
遠隔砲撃式トッパイ形兜dot.png砲撃式トッパイ形兜やや低伊予から登場する大砲兜。遠距離から一方的にこちらを攻撃してくる強敵。
移動速度は遅めで攻撃速度も遅いが、それがゆえにこちらの射程になかなか入らず、厄介なことに。
接近してくる前に射程の長い遠距離城娘でアウトレンジするか、攻撃優先度と射程を調整して防御力の高い近接城娘に砲撃を集中させよう。
城娘の大砲と違い、範囲ダメージは無いのが救い。
大砲(火砲)と城の関係は切っても切れない。
ビザンツ帝国滅亡時のウルバン砲以降、強力な攻城兵器としての地位を得ると、それに対抗すべく築城の概念も変化した。
近世の城が五稜郭のように平べったいのは高い城壁だとかえって砲弾が当たりやすいため。
日本では、徳川家康が海外から買い付け、大坂冬の陣を終わらせる要因ともなった、当時最新の大砲が高名。
遠隔不明10dot.png馬場式烏帽子革張形兜狙われし赤の要塞で登場した大砲兜。砲撃式トッパイ形兜の強化型で、恐ろしい長射程と攻撃力を誇り、迂闊に近いマスに城娘を置くと一方的に大破させられる。
敵の攻撃優先度をよく念頭に置いた配陣を。来ると分かっている場所では、近接職を一度撤退させて配置しなおすのも立派な対策。
モデルとなったのは、上杉謙信所用の「金箔押風折烏帽子形兜」と思われる。左側に折れた烏帽子の形をしており、風の抵抗を軽減するためのデザインと考えられる。上杉神社蔵。
名前の「馬場式」とは、大砲や兜に付いた武田菱の家紋から、馬場信春の事と推測できるが、現時点では詳細は不明のままである。
騎馬型
近接不明17dot.png陸奥(磐城)から登場する騎馬兜。馬型の兜に騎乗した桃形兜で、俊足で駆けてくる。
攻撃力が高めな上に複数が一丸になって走ってくるので、気を抜くと壁役が大破する。耐久もそこそこ高く一撃で倒すことが難しく、刀や槌でも処理しきれず後逸しがち。防衛線を二重に築くことを心がけよう。
騎馬による戦法は鎌倉時代の一騎討ちを始め日本の戦とも関わりが大きい。しかし、火縄銃の普及と共に衰退。乗っている馬は名称不明だが、あえて名付けるなら「馬形兜」か。
近接不明18dot.png超高名城番付-冬の陣-で登場した騎馬兜。
馬型の兜に騎乗した古桃形兜で、駆け抜けてくる点は桃形騎馬と同じだが「桃形から古桃形なら大差ないだろう」と思っていると痛い目を見る。
耐久はなんと一ノ谷形兜を超え、人型兜では一位。攻撃力も赤大砲なみとべらぼうに強化されている。
一方で防御力は大したことがなく、削り取るのは容易。遠距離勢によるアウトレンジや、駆けだす前のダメージ計略などで接敵される前に対抗策を。
日本における騎馬での戦法は、馬上からの弓による「騎射」が主流だったが、戦国時代に入ると馬で突撃し歩兵を蹴散らす戦い方も行われた。
よくわからない
近接不明14dot.pngやや低薄れゆく魂の刻印で登場した金槌兜。蔵絶対壊すマン。
攻撃力はさほどでもないが、攻撃速度がとても早く、防御が充分でない巨大化前の城娘を攻撃されると、みるみる削られて大破させられる。そして蔵を優先的に攻撃する特殊なターゲット法則を持ち、必ずと言っていいほど蔵を狙うルートを進撃してくるのが、見た目のユーモラスさと裏腹に嫌らしい。槌だが範囲攻撃ではない。
何としても蔵に近付かれる前に倒したい。遠距離に任せるとタゲが飛んで迎撃してくれないことがあるので、射程重視の槍を巨大化させ2-3発で倒せるようにすると良いだろう。

神仏型 Edit

錫杖を持ち、法術を用いた遠距離攻撃を行う兜。
城娘と同様に防御無視の攻撃となっている。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
遠隔烏天狗形兜dot.png烏天狗形兜出羽(羽前)から登場する法術兜。
初登場時に注意文が出る難敵。初の法術、つまりこちらの防御力を無視して攻撃する兜であり、予想以上の大打撃を被る。
対抗策は耐久を上げる事。巨大化でいくらか緩和できるし、耐久の高いトークンや耐久UP特技を持つ城娘を狙わせるのも有効。集団で押し寄せることが多いため、手数で迎撃したい。
烏天狗は、文字通り烏の顔と塗羽をもつ妖怪。鞍馬山の烏天狗が牛若丸(=源義経)に剣術を教えたなど、逸話も多い。変わり兜のモチーフとして採用されている例もあるが(丸亀城天守にあり)、由来は分かっていない。
遠隔錫杖形兜dot2.png錫杖形兜超高やや高陸奥(陸奥)から登場する法術兜。
烏天狗形兜の上位といえる兜であり、彼らより射程が長く、防御力無視の攻撃に加え3ターゲット同時攻撃をしてくる難敵。城娘などが密集した所まで近付かれると、蔵や耐久の低い遠距離武器の城娘に甚大な被害が出る。
複数同時に現れることもあるので、弓の雨を降らせるか大砲による範囲殲滅で、接近される前に倒したい。
錫杖は、音を鳴らすことで魔を祓い、持ち主に知啓を与えるとされる仏具。前立てとして用いられる例が見られ、大名クラスでは陸奥国の弘前藩主である津軽為信が採用。

遠距離高出力攻撃なので排熱処理の為冷却装置が必要になりそうだと思いシコロを冷却ダクトに見立て、袈裟っぱく斜めに取り付けています。一本足なのは日本の山神のイメージから
遠隔&ref(): File not found: ".png" at page "兜";鬼形兜武神降臨!毛利元就で登場した法術兜。
高い攻撃力と広い射程に加えて二連続攻撃をしかけてくる。攻防耐いずれも高く、巨大化した近接城娘ですら大ダメージは必至。
トークンをデコイにして時間を稼いだり、歌舞の回復で戦線を持たせたりしよう。
鬼についての解説は妖怪の鬼の項目参照。実際に兜のデザインに鬼を取り入れた例はかなり少数ではあるが存在し、新潟県関川村にある「渡邉家」に伝わる甲冑に、鬼の顔を前立としている兜がある。また、家紋として「鬼兜」というものが確認される。

自然型 Edit

四脚が特徴の兜。高い防御を持っており、攻撃がなかなか通らないことも。
法術や防御低下の特技が有効となるだろう。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
遠隔柏形兜dot.png柏形兜因幡から登場。多くの殿が最初に対峙するだろう高防御の敵。
葉っぱを飛ばす遠距離攻撃をしてくるので、対応には防御無視の法術や良い武器を持たせた鉄砲が必要。攻撃力は大したことないので、防御の高い近接城娘で全部受け止めて殴るのも有効。
元となったのは「茶糸威柏葉形兜」と思われるが、姿は似つかない。柏の木は翌年に新芽が出るまで古い葉が落ちない特性から「代が途切れない」縁起物とされた。土佐山内家宝物資料館蔵。
近接火焔形兜dot.png火焔形兜やや低備前から登場する兜。火炎放射は3連続攻撃で射程も長め、城娘も蔵も焼き払う。硬く生半可な攻撃は通らない。
耐久が低いため法術が有効だが、法術の攻撃速度の遅さ故に難儀する事が多い。というのも複数で現れることが多く、法術一人では処理できないから。範囲と攻撃力の高い鉄砲や石弓、防御無視や倍率の高いダメージ計略も有効。
また、手数が多い分防御の効果が大きく、防御を高めれば被害は大幅に減少する。
元となったのは火焔の前立か。この火焔は不動明王や毘沙門天のものとされ、魔を打ち払い敵を退ける願いが込められていたとされる。
近接一ノ谷形兜dot.png一ノ谷形兜超高備後から登場。自身を中心とした範囲攻撃をする。
耐久力はさほど高くないが、防御力が極めて高く、通常の攻撃ではまともに通すことは困難。この点は、象鼻形兜と対照的。
防御力を無視して攻撃できる法術とは相性が良く、この兜が出現するステージでは編成に加えたい。開始時から居座っている場合は、すぐ防御無視職を設置して動き出す前に片づけたい。最低ダメージ保障20を利用して攻撃速度の速い弓やガトリング持ち鉄砲を配置するのも手だが、それだけでは動き出す前に倒しきれないよう調整されていることが多い。
一ノ谷形兜は、一ノ谷の合戦における源義経の逸話をあらわしたものとされる。
所持していた竹中半兵衛の死後、福島正則へ、そして黒田長政の手に渡った。
つまり城プロの長政や正則は、互いの兜を交換する前ということか。

動物型 Edit

動物を模した兜。ファンシーな見た目に騙されるな! どいつもこいつもえげつないぞ!!
野生動物らしく道や地形を無視した移動をすることが多々あり、その読めない動きによって城娘配置の裏をかかれ、能力以上の苦戦を強いられやすい。
防御が低い傾向にあり、弓や刀など手数で削りやすい。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接兎形兜dot.png兎形兜日向から登場。
道なき道を高速で移動し、防衛線の裏手から殿と蔵を狙う。崖や塀を飛び越えてくることも。その移動経路は一度見てみないことにはわからないため、初見マップで敵一覧に居た場合は対策として低コスト城娘を場に出さずキープしておいた方が良いかも。
耐久力はとても低いので、一撃で倒せる槍や弓が居ると楽。
兎は耳が長く、すばしっこく、後退しないことから、戦場で俊敏さや聞き耳の鋭さをあやかろうと、兜の意匠として人気があった。
近接不明2dot.png猿形兜紀伊から登場。
曜日出兵でのウザさが印象深い。地形を無視して戦場をかけ、蔵を引っ搔き回す。
兎形兜のウザさ上位版。
モデルは仙石秀久の家臣、谷津主水の猿形兜か。出石神社蔵。
近接犬形兜dot.png犬形兜曜日出兵に登場。天下統一では因幡から。吾妻おろしと蒼き飛兜で俊足を手に入れた。そういった特殊なマップでは後ろに逸しやすくなり、対策が必要。殿でも捌けるが、群れで蔵に殺到されたら酷いことに。
槌はすぐ射程から逃げられるので、槍や弓が対処しやすい。
兜の中でもペット扱いらしく、イベントでは先導する兜の後ろをピョンピョン跳ねてついてくる。
犬を模した変わり兜としては「犬頭形兜」がある。獅子頭のような犬と扇があしらわれた兜であるが、製作年代が断定できないため、これをモデルとするには慎重になる必要がある。戦国時代には武蔵国の太田資正が戦術の一つして軍用犬を採用したとされる。
近接不明3dot.png鹿形兜曜日出兵に登場。天下統一では因幡から。
群れで現れ、タフさで蔵に到達し、角で削る。
巨大化すれば簡単にあしらえるので、序盤をどうしのぐかだけ。
鹿角をあしらった兜の例は幾つかあり、真田幸村や本多忠勝らの鹿角脇立て兜が有名。立派な角は雄のみが持っていたため、武勇の象徴としてもてはやされたか。
近接熊形兜dot.png熊形兜やや高やや高豊後から登場する動物兜。トッパイが易しく思えるほどの攻撃力と耐久を持ち、接近されれば城娘や蔵を叩き潰し、殿は死ぬ。
移動が遅く防御力は低いので、接敵前に攻撃力の高い遠距離武器で仕留めよう。高難度で集団で押し寄せてきた時は覚悟を。
馬追の山と這寄る怨念では、敵の天神西舘を上に載せて運んできた。金太郎かな
モデルとなったのは恐らく「熊頭形兜」。実際に兜に毛を植えて熊の顔を表現したデザインは非常にリアルに作られている。個人蔵。
近接兎耳形兜dot.png兎耳形兜やや高出雲から登場する動物兜。兎という名前から嫌な予感がするがその通りで、兎形兜のウザい俊敏性と熊形兜の高い攻撃力・耐久ステータスを併せ持つ難敵。この図体で背後に現れ後衛を奇襲することもあり、まさに悪夢。
初見では対応しづらいので、敵の配置を見極めたうえで対応を。
モデルは名前の通り「兎耳形兜」。兜の前面に兎の耳や顔、足までもが再現されている精密な作り。千葉県立中央博物館大多喜城分館蔵。
近接象鼻形兜dot.png象鼻形兜超高超高紀伊から登場。自身を中心とした範囲攻撃をする。高い攻撃力ととてつもない耐久力で、象の進路上にある城娘と蔵が全て瓦礫に変わることも。意外なことに防御は低く、弓や槍など攻撃力が低い城娘でも手数で削ることができる。鉄砲+法術によるハメ殺しも有りだが、弓や石弓などを並べて数の暴力で攻めたほうが良い場合も。戦場に合う戦略を。モデルは「象形張懸兜」か。
長宗我部の『木騎』?知らんなぁ

海産物型 Edit

海の幸を模した兜。陸上では大したことがないが、水上では移動力が大幅に向上。水辺から上陸し奇襲してくるのにも注意。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接海老形兜dot.png海老形兜伊予から登場。海の桃形兜 ともいえる低いステータス。水辺から奇襲してくる点だけが異なるか。
旧城プロからいる古参だが、Reデビューの伊予では、背景の天守のシャチホコに擬態するという一発芸を披露。
海老を模した変わり兜は江戸時代になってから製作されたものが多く、蛸形兜と同じように職人たちが腕を競う中で生まれたとされる。
近接不明4dot.png貝形兜やや低阿波から登場。
海老より固めだが強敵というほどでもない。
恐らく大多数の殿にとって初遭遇は曜日出兵
自軍がさほど育っていない状態で川から奇襲を受けて苦戦したかも。
初登場から長らく名称不明だったため、モデルも分からなかったが、名城番付-冬の陣-で名前と立ち絵が初登場。
モデルは恐らく貝をあしらった兜。モチーフとなった貝は、帆立貝や板屋貝、蛤や栄螺など。板屋貝に関しては、徳川家とも近い松井松平家で好んで使われたという説がある。余談だが、帆立貝と板屋貝は別種。
近接不明5dot.png蛸形兜やや低阿波から登場する海産物兜。
そこそこタフだが、強敵ではない。
モデルは蛸をあしらった変わり兜の一つと思われる。
トッパイ形兜の上で腕をウネウネさせる金の蛸は一見の価値アリ。江戸時代後期、職人の腕を競い合う中で生まれたとされる。
近接蟹形兜dot.png蟹形兜淡路から登場。攻撃力が高く、殆どの場合は群れて出現し、複数で殴られると城娘が簡単に大破する。
陸上での動きは鈍いので、遠距離から削りたい。水上では素早く移動し、沼・川・堀・滝などから現れ奇襲してくることも。
水上を移動する大型兜ということで吾妻おろしと蒼き飛兜で水上タクシーになったり、討伐武将大兜!島津義弘で因幡の白兎の鰐役になったり、討伐武将大兜!毛利元就で足蹴にされたりと、他の兜からは乗り物扱い。
モデルは恐らく「黒漆塗蟹形兜」。江戸時代になってから製作された変わり兜で、振り上げた金のハサミが特徴的。岩国美術館蔵。
近接不明6dot.png鯰尾形兜やや低やや低長門から登場。機体に夜露死苦とペイント。
長門で初登場するや爆速で突っ込んでくるネタ敵だったが、その後のイベントでは速度にものを言わせ一直線に蔵と殿を殴りに来、初見殺しの常連となった。難易度「難」では1~2撃で倒すのは難しい耐久となり、防衛線を抜けられて轢き殺される殿が多発。
出現タイミングを覚えて対策が必要。攻撃中は完全に足が止まるので経路上にトークンを置いて足止めしたり、出現直後の加速前にダメージ計略をぶち込むのも良い。
イベント討伐武将大兜!前田利家では、池の上で円を組んで周回するというまるで遊園地の遊具のような姿を披露。
川や水路を移動時に橋を飛び越したり、動きの芸が細かい。
モデルは「鯰尾形兜」。鯰が引き起こす地震で敵を驚かすというゲン担ぎで採用されたという。
形は烏帽子形兜と非常に似ているが、鯰尾形には兜の先が薄く平たくなっていくという特徴がある。
近接人魚形兜dot.png人魚形兜天下睥睨の蛇眼で登場。
他の海産物と比べ高耐久で、長い射程で中距離から攻撃してくる。中程度の攻撃力で攻撃間隔も短く、攻撃モーション中に足を止めないというユニーク特性によりどんどん進軍してくる。基本的に足止めの特技持ちや盾でないと進行を妨害できないので早めに処理しないと危険。
初登場早々名称が判明した稀な例。実は旧城プロ時代には既にデザイン原型ができていた模様(0:28付近)だが、現在とはかなり異なる。
人魚は古くから日本の人々に認知されており、江戸時代には猿と魚のミイラを組み合わせたものが「人魚のミイラ」と称されたことも。また、人魚の肉には不老不死の効果があるという言い伝えも。兜のデザインとしての実例は見当たらない。

飛行型 Edit

地形を完全に無視して移動してくる空飛ぶ兜。城プロReの雛型の一つの「千年戦争アイギス」と違い、近接城娘も攻撃できるが、ダメージは半減される。
遠距離城娘の攻撃が有効で、特に弓は+50%の特攻を持つ。一方で、攻撃優先度が地上兜より高いため、場合によっては攻撃がこちらに吸収される。
また特技計略や盾城娘の足止め効果が適用されない点も注意。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
飛行尾翼形兜dot.png尾翼形兜肥前から登場。
序盤で遠距離系の城娘を育てていないと苦戦するが、ある程度育てば、さほど脅威ではない。
尾翼とは本来飛行機の重心を安定させるためのもので、鳥にはないものである。もっと言うと鳥にあるのは尾翼ではなく尾羽である。
そもそもこの兜が鳥であるかすらも不明だが、恐らくは燕尾形兜あたりがモチーフなのではないだろうか。
飛行隼形兜dot.png隼形兜追加された曜日出兵で登場。天下統一では因幡から。接近して爆撃してくるが、その前に撃ち落とすのは容易。攻撃間隔も長く大した火力ではないが、大回りして裏を突いてくることがあるので、僻地の蔵に注意。
来訪せし激昂の城娘では久留米城を運んで飛んできた。それ以降のマップでも兜を掴んで運んでくる。
隼は戦国時代において、鷹狩りに用いられたり、羽根が兜や羽織の装飾品に用いられたりと人間との関連が深い鳥でもある。兜のデザインとしては例が見られない。
旧プロの図鑑画像を見ると三本の爪で3本のダイナマイトを器用に掴んでいるのが分かり、それを落として攻撃しているようである。
飛行蜻蛉形兜dot.png蜻蛉形兜紀伊から登場。多くの殿が曜日出兵で山ほど相手する。攻撃も速度も高くなく純粋な脅威は低いが、高難易度で蔵を落とされて嫌な思いをした殿も多いはず。トンボは後退せず前にしか進まないため「勝虫」「勝軍虫」と呼ばれ、縁起物として好まれた。尚、名前の読みは旧プロ準拠だと「トンボナリ」ではなく「カゲロウナリ」である。
蜻蛉切を装備しても別にボーナスはない。
飛行不明7dot.png蝶形兜結束の矢と謀略の将で登場。
蜻蛉形兜に酷似しているが、同時に複数目標へ攻撃を加える点が異なる。見間違えて「また蜻蛉か」と誤認すると、自軍や蔵が手痛いことに。群れを成す傾向あり。
モデルは、蝶を前立てにあしらった変わり兜か。採用理由は不明だが、揚羽蝶がモチーフとして採用されることが多い。
しかし、その見た目は我々の知る蝶とはかけ離れる。恐らくはチョウトンボ(青い羽根が特徴のトンボ)もデザインの元になっているか。
飛行不明8dot.png三十二間星形兜討伐武将大兜!福島正則で登場。
姿は華奢に見えるが耐久は高く、外周に配置した遠距離城娘だけでは簡単に接近を許す。
攻撃速度は速くないが、懐に飛び込み矢を降らせる難敵。特にトークンが優先して狙われるので、気づかないうちのトークン破壊に注意。
長らく名称不明だったが、薄れゆく魂の刻印にて名称と、実はかなり精巧な女性型兜であることが判明。
星兜は、平安時代初期には既に見られた、筋兜と並ぶ比較的古い兜の一種。三十二間は、兜の鉢に用いられた板金の枚数(三十二枚)を指す。この板金を止める鋲の頭を星と呼ぶことから星兜という。
飛行不明9dot.pngやや高豊前から登場。
かっこよさに磨きがかかったが、凶悪さにも磨きが掛かった。攻撃力も耐久力も強化され、さらに2連続攻撃をしてくるように。
弓での迎撃が有効。
飛行不明13dot.png毛虫形兜超高閉ざされた扇城で登場。
攻撃力は高めだが、直接攻撃のみで射程は短い。しかし耐久力がとにかく高く、低い移動速度で戦場に居座ってこちらの遠距離攻撃を吸収してしまうのが厄介。攻撃速度を強化した弓で削り落とすのが有効。
Reから新登場した兜にしては珍しく実装直後に正式名称が判明。名前とドット絵から円筒形に見えるが、よく見るとステルス爆撃機のようなV字型をしている。なお、ボス格ではない通常の飛行型兜には「殿に到達して少し経つとMAPから消える」という隠し仕様があるが、これと下の毛虫形兜のみ殿に到達しても消えないので注意。
毛虫は後退せず前進しかしないことから、不退転の象徴として好まれた。また、百足も同様の理由で採用されることあり。有名な武将では、佐竹氏や伊達家家臣の伊達成実が用いる。
飛行佐竹式毛虫形兜dot.png佐竹式毛虫形兜超激高下野から登場。
毛虫形兜の強化版だと思うと痛い目を見る。攻撃力は三倍耐久は六倍で、防御以外の能力値は飛行兜最高。毛虫形兜が飛行船ならこちらは空中要塞。特に攻撃力は恐ろしく高く、うっかり遠距離城娘が喰らおうなら一撃で大破。単体攻撃に特化した空飛ぶ象鼻形兜みたいなもの。
とんでもないが、防御力は毛虫形兜に毛が生えた程度。飛行兜への特攻と手数に優れる弓勢が育っていれば撃ち落とせるだろう。不安なら攻撃力強化やダメージ系計略を。
余談だが、毛虫形兜が初登場時、こちらと立ち絵が入れ替わっているというミスがあった。その後すぐ修正された。
戦国時代の佐竹家の武将には、毛虫を兜の意匠に取り入れる例が見られ、特に義重の六十二間筋兜の脇立てが知られる。

最近登場した兜 Edit

近頃流行りのトレンド兜。新しい兜が登場したらとりあえずここに追加を。分類がわからない兜の項目が重複しないよう、一旦ここで記載後、相談して振り分けます。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接鬼dot.png解き放たれた妖怪で登場した新登場の敵・妖怪。攻撃力は低いが体力がそこそこ高いうえダメージ計略以外の物理攻撃のダメージを半減する特性を持っており倒しにくい。法術や杖の攻撃が有効。
一方で、歌舞の回復行動によってもダメージを受けるため、足止めなどで範囲内にとどめ置くとどんどん削れる。
多数現れることがわかっているなら歌舞か鈴を編成したい。
鬼とは元々は中国で「隠れて人の目に見えないもの」を意味する穏(おぬ)が起源とされ、角の生えた怪物という日本特有のイメージは戦国時代には定着したとされる。戦国武将の異名としても鬼が付くものは多い。
近接河童dot.png河童仄暗い川の中からで登場した妖怪。
道でない場所でも移動してくるうえ一度に2回攻撃を行うため低防御の遠距離城娘が攻撃されるとかなり痛い。鬼と比べると耐久がやや低いが、妖怪特有のダメージ計略以外の物理半減があるため倒すのは容易ではなく、水中を移動している間は無敵でダメージを与えることができないと多くの面で非常に厄介。単発の攻撃力が低いので盾などで足止めするのが有効だが絶難ともなると盾でも手数で削り殺してくるので歌舞の援護が欲しい。
頭に皿、背中に甲羅、手には水掻きと、全国に伝説が残る。歌川芳員『東海道五十三次内小田原』にも描かれ、昔からその存在は広く認知されていたよう。
「尻子玉」これを河童に抜かれると人は魂が抜けたようになり仕事をしたりコミュニケーションを取る事が出来なくなるという。この症状は、医学用語の「低酸素脳症」の症状と合致し、川で溺れ窒息で脳機能が低下した人の症状が河童の伝説と結び付けられたか。
飛行天狗.png天狗村でうわさの天狗の子で登場した妖怪。それなりの攻撃範囲を持っているほか、通常の妖怪の特性に加えて飛行特性まで持っているため近接攻撃のダメージは25%にまで減少する。一方で弓の飛行敵特効が効くため、弓で攻撃した場合は通常の75%のダメージとなり、場合によっては法術で攻撃するよりも弓のほうが対処が簡単になる。
遠隔&ref(): File not found: ".png" at page "兜";鬼形兜武神降臨!毛利元就で登場した法術兜。
高い攻撃力と広い射程に加えて二連続攻撃をしかけてくる。攻防耐いずれも高く、巨大化した近接城娘ですら大ダメージは必至。
トークンをデコイにして時間を稼いだり、歌舞の回復で戦線を持たせたりしよう。

武将大兜 Edit

通常の兜とは比較にならない高ステータスをもつボス。巨大兜、大将兜など呼ばれるが、ここでは緊急出兵の「討伐武将大兜」表記から。
たった一体で防衛線を壊滅させることもあり、これらが出現するマップでは他の兜の相手をしつつ、迎撃を考慮しなくてはならない。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接黒田長政dot.png黒田長政筑前清らかなる酒を求めて討伐武将大兜!黒田長政に登場。一番初めに登場する大将兜であり、チュートリアル的な立ち位置でもある。
初見では驚くかもしれないが、落ち着いて対処すれば倒すのはそう難しくはないだろう。
清らかなる酒を求めて以降では攻撃力こそそう高くはないものの非常に足が速くなっており、早めに倒すか足止めなどで進軍を止めるかをしなければ蔵を破壊されがちなので注意。さらに同イベントの難易度結では2連続攻撃、討伐武将大兜!黒田長政では3連続攻撃をするようになる。
「千年戦争アイギス」とのコラボでは、中ボスとしてアイギス世界へ出張している。
装備は大砲の「長政の激砲」「真・長政の激砲」
モデルは黒田長政の黒漆塗桃形大水牛脇立兜
長政に限らず黒田家の当主が作り、スペアも用意されていた。福島正則へ交換に出したものもスペアの一つだったとされる。福岡市博物館蔵。
イベントで酒に溺れたのは有名な黒田節にあやかったものと思われるが、それ長政じゃなく母里友信の逸話かと
近接藤堂高虎dot.png藤堂高虎超高超高伊予狙われし赤の要塞忠義の死角名城番付-冬の陣-に登場。Reから追加された巨大兜のなかで最初に登場した。
アームを振り回し、高い火力で2連続攻撃を仕掛けてくる。忠義の死角:結では4連続攻撃に。非常に攻撃力が高いため、なるべく被害が出ないよう遠距離から攻撃して倒してしまいたい。
ちなみに、浮いているように見えるし、地形も無視して移動するが、飛行属性ではない
モデルは藤堂高虎の「黒漆塗唐冠形兜」。
唐の官吏がかぶる冠を模したとされ、豊臣秀吉から高虎に下賜された。
イベントで海外出張したのは、自身が手掛けた今治城が「日本のゼーランディア城」と呼ばれていることにちなんだものと思われる。
遠隔石田三成dot.png石田三成超高超高摂津討伐武将大兜!石田三成名城番付-冬の陣-に登場。摂津はサービス開始時の最終マップであり、ラスボス格だった。
大砲兜の亜種であり、両手の烈砲から遠距離砲撃を繰り出してくる。威力は痛いものの、チャージ時間が長いため、攻撃しようとした瞬間に狙われた城娘を撤退させることが容易。
撤退からの差し込み、トークンによる狙い外しなどで攻撃を分散させつつ、削り倒すのが定石。
「千年戦争アイギス」とのコラボでアイギス世界へ出張した時には裏ボスとして登場し、迂闊に手を出した王子を長距離ビーム砲で薙ぎ払った。
装備は大砲のように見えるが鉄砲の「三成の烈砲」「真・三成の烈砲」
モデルは石田三成の「乱髪天衝脇立兜」。
背負う旗の文字は三成と関係の深い言葉「大一大万大吉」である。
近接前田利家dot.png前田利家超高超高天下布武操られし鬼玄蕃討伐武将大兜!前田利家戦乱渦巻く錦帯橋武神降臨!前田利家に登場。
武将大兜の中でも通常兜と似た挙動をする。それがかえって厄介で、このタフさと攻撃力が、雑兵なみの気軽さで接近してくるから、たまったものではない。天下布武では殿までの最短経路を突き抜けて殺しに来るという、この手のボスにあるまじき本気の殺意を見せた。
槍の射程は長く、予想外のところから攻撃が届く。殿の前をスルーしたと思ったら背後から刺し殺された、という話が鬼玄蕃では頻発した。戦乱渦巻く錦帯橋:難易度結では槍の城娘と同様に直線状に攻撃をするようになる。蔵が被害を受けないよう注意。
ステータスは全体的に優秀だが、道なりにしか進まないため、射程外から遠距離攻撃で削って仕留める基本戦法が有効。
「千年戦争アイギス」とのコラボでアイギス世界へ出張したが、近接攻撃は相手と隣接しないとできないという仕様上、せっかくの槍のリーチを活かすことができなかった。
装備はの「利家の巨槍」「真・利家の巨槍」
モデルは前田利家の金箔押熨斗烏帽子形兜。鎧と共にふんだんに金箔が用いられており、華麗の一言に尽きる。前田育得会蔵。
この手の兜は対抗心を燃やすらしく、「自分のほうがもっと大きい烏帽子にできる」と競争に走った武将の話も。
利家の略歴については尾山城の解説参照。(丸投げ)
近接&ref(): File not found: "武神前田利家dot.png" at page "兜";武神・前田利家超高超高武神降臨!前田利家における前田利家の第二形態。全周囲・広範囲のユニットを同時に攻撃するようになり、ユニットが薙ぎ払われる。さらに武神特技「槍の又佐衛門」により生存している限り全ての敵の攻撃力を50%上昇させ、受ける遠隔攻撃ダメージを50%軽減
他の兜が凶悪な能力を発揮するようになるため、集団戦中に変身させてはならない。特技の遠隔半減によりかなり耐えるが、耐久そのものは大ボスとしてはそこまで高くない。ダメージ倍率の高い、あるいは防御を無視するダメージ計略が有効。
近接山県昌景dot.png山県昌景超激高やや低白き牡丹と黒烏に登場。
ピョンピョン飛び跳ねる沢蟹みたいな挙動をするが、繰り出される連続四回攻撃は強烈で、なみのトークンなら一、二撃で削り取られる。
非常にタフであり、最大まで巨大化した槌の打撃を何度食らっても沈まないほど。
射程がさほど大きくないので、道から外れたところから鉄砲法術で動きを遅滞させると良いだろう。
モデルは山県昌景の兜。
旧城プロでは朱塗大天衝桃形兜と呼ばれていたが、これは城プロ独自のものか?尚、昌景の部隊は「赤備え」呼ばれ武田軍の精鋭揃いであった。この備えは後に真田家、そして井伊家に引き継がれることとなる。
名和美術館蔵。驚くことに、東京八王子の料亭に併設された美術館である。
近接福島正則dot.png福島正則超高超高討伐武将大兜!福島正則薄れゆく魂の刻印名城番付-冬の陣-謀略と猛勇の挟撃に登場。Reデビュー早々討伐・・・。
射程は短いが周囲を同時攻撃する、槌タイプの巨大兜。モデルが同じ一ノ谷形兜の強化版と考えて良いだろう。
攻防ともに高く、接近を許せば戦線崩壊は免れない。近づく前に遠距離から削りたいが、そう簡単には耐久を減らせず、また飛行兜など雑兵が盾となって邪魔することもある。鉄砲法術による遅滞作戦の他、落石や竜巻計略による移動阻害、また差し込み撤退で攻撃モーションを誘発させて足止めさせる戦法が有効。
討伐イベントでは、小細工が一切ない男らしいマップが話題となった。特別戦功で唯一「刀、槍、槌の城娘のみでクリア」という条件が存在するマップでもある。
「千年戦争アイギス」とのコラボでアイギス世界へ出張した時には巨大兜勢の代表格として登場。槌の範囲攻撃を見せつけた。
装備は石弓の「正則の剛弩」「真・正則の剛弩」 それ槌じゃなかったのかよ!
モデルは福島正則の「銀箔押一ノ谷形兜」。後に黒田長政と兜を交換し、関ヶ原の戦いの際は長政がこの兜を着用していたという。福岡市博物館蔵。
手にした武器は地震発生のためのもので、旧プロの図鑑解説によると、螺旋状の杭を打ちそこに特殊な薬液を入れ、地面を液状化させて大地震を引き起こすというトンデモな武器である。泥よけのパーツが一ノ谷形をしているなど、芸が細かい。
遠隔毛利元就dot.png毛利元就超高超高安芸結束の矢と謀略の将討伐武将大兜!毛利元就名城番付-冬の陣-謀略と猛勇の挟撃導かれし若楓の山道に登場。
三本の矢の故事にならい、一度に三つの標的を攻撃する。結束の矢と謀略の将:結ではさらに2本増え、一度に5本の矢を放って見せた。複数を対象とする遠距離攻撃のため、配置順やトークン設置を駆使しても後衛に被害がおよびやすい。
また巨大兜の中でも長射程であり、防衛線を下げすぎると殿を直接攻撃されて敗北しかねない。
基本は鉄砲などで対処。こちらの射程外から近接を削られると厄介なので、いっそのこと差し込んで切りかかるのも有効。
「千年戦争アイギス」とのコラボでアイギス世界へ出張した時には自慢の五本同時攻撃を放った。
装備はの「元就の謀弓」「真・元就の謀弓」
モデルは毛利元就所用の「黒漆塗阿古陀形二十八間総覆輪筋兜」。長いがこれが正式名称である。
前立ての三つ鍬形が、本物と逆さになっている。また、三つの目と額の一文字で、毛利家の家紋である「一文字に三つ星」が表現されている。毛利博物館蔵。
飛行蒲生氏郷dot.png蒲生氏郷超高超高陸奥(岩代)吾妻おろしと蒼き飛兜名城番付-冬の陣-に登場。
強烈な攻撃を三連撃で叩き込む強敵。そこそこのレベルで巨大化もしていた城娘が、ものの数秒で大破させられたことに多くの殿が戦慄した。
マップの構造と移動経路も相まって、防衛線が片っ端から崩壊し、殿が沈む様は阿鼻叫喚であった。
地形を無視して移動するため頼みの綱の遠距離勢ですら標的になりやすく、そのタフな耐久を削る前からこちらがやられがち。
敵の飛び道具は命中前に撤退することが可能で、危なくなったらボスの攻撃を見てから撤退して危機を脱することができる。殿の操作の撤退ならすぐに再配置可能となるので、徐々に前線を下げる撤退戦術も有効だ。飛行属性であり、特に弓攻撃に弱い。逆に近接の攻撃は半減される。
モデルは蒲生氏郷の黒漆塗燕尾形兜。燕の尾のように二叉に分かれた形から「燕尾形」と呼ばれる。岩手県立博物館蔵。翼の鶴の模様は蒲生氏の家紋である「対い鶴」からか。
得物にしている棒状の武器は、実はビリヤードで使う「キュー」である。旧プロの図鑑解説では、周囲の小型兜がビリヤードのボールを持っており、ボールをキューで突いて相手の死角から攻撃するという設定を持っていた。そのため服装も、ハスラーのイメージである燕尾服をデザインしている。
近接SPH1CMG.gif島津義弘超高超高討伐武将大兜!島津義弘閉ざされた扇城台山に咲く一輪の黄槿で登場。
見た目そのままシンプルな槌タイプの巨大兜。
タフで倒しにくく、範囲攻撃で後衛が巻き込まれると厄介だが、攻撃速度が遅いので立て直しは楽。育った歌舞がいるとダメージを相殺できる。
装備はの「義弘の暴槌」「真・義弘の暴槌」
モデルは島津義弘が関ヶ原の合戦の際に着用したとされている阿古陀形兜。前立てに飯綱(白い狐)があしらわれており、義弘の頭としてデザインされている。関ヶ原町歴史民俗資料館蔵。
近接伊達政宗dot2.png伊達政宗超高超激高陸奥(陸前)名城番付-冬の陣-に登場。
城娘やトークンと接敵するとその場で立ち止まり、相手を倒すまで巨大兜最速の連続攻撃を加えてくる。
・・・逆に言えば向こうから勝手に足止めされてくれるようなものであり、ただの伏兵トークンでも侵攻を食い止められる。十分に巨大化させた槌や刀で受け止め、遠距離から袋叩きにできる布陣が敷ければ撃破は簡単だろう。歌舞もいれば最適だがそこまで必要かどうか・・・。
蒲生氏郷を超える奥州のラスボスをにおわせていたが、打撃力といい特性といい、トラウマすら生み出した氏郷以上とは言えないかもしれない・・・。
と思ったら名城番付-冬の陣-で化けよった。絶にて強力な攻撃力を持って登場し、さらにトッパイの大集団と合流して殿へ向かうという悪夢のような進軍をして多くの殿を苦しめた。
「千年戦争アイギス」とのコラボでアイギス世界へ出張した時には素早い攻撃速度を見せつけた。
モデルは伊達政宗の「弓張月前立六十二間筋兜」だろう。尚、政宗所用の「黒漆塗五枚胴具足」は、スターウォーズのダースベイダーのデザインの元になったと言われている。仙台市博物館蔵。
近接加藤清正dot.png加藤清正やや早超激高超激高天下睥睨の蛇眼に登場。
大型兜と比較すると僅かながら移動速度が速い。尻尾による強烈な攻撃を四連続で叩きつけてくる。蒲生氏郷の地上版といった特性であり、巨大化した近接城娘だろうと簡単に半分以上の耐久を持っていかれる。そして鉄砲や竜巻系計略のノックバックが利かない特性を持つ。 こんな化け物と日向あたりで鉢合わせしなくて本当に良かった・・・!!
耐久が非常に高い一方で防御が極めて低く、遠距離から集中砲火を加えれば短時間で倒すことができる。ただ取り巻きが合流した場合は攻撃が分散してしまいがち。ダメージ計略で雑魚を一掃したり、あるいは複数標的を攻撃できる武器種や計略を持つ城娘を当たらせると良いだろう。法術の鈍足は効くので、編成に加えると良い。
装備はの「清正の邪刀」「真・清正の邪刀」
モデルは加藤清正の「蛇の目紋長烏帽子形兜」と思われる。蛇の目紋こと「弦巻紋」は加藤家の家紋であり、同時に持ち主が日蓮宗徒であることを示したという。本妙寺蔵。
また、「賤ヶ岳の七本槍」の一人である清正を反映してか、強烈な一撃を与えてくる蛇の尾の先は、鋭い穂先を備えている。
近接シュテファンdot.pngシュテファン超高討伐武将大兜!シュテファンに登場。
初の海外出身巨大兜。合戦前の会話であったように、周囲の複数目標を同時に攻撃する。槌とは違い、その長剣が繰り出される間合いは広く、かなりの範囲を巻き込む。加えて西洋兜系の特徴なのか例によってノックバック効果は無効となる。
難易度・普ぐらいならば遠距離から一方的に仕留めることも可能。攻撃力は非常に高いが攻撃準備の時間が長いので、攻撃しようとした瞬間に撤退する戦術は有効である。また盾の城娘で受け止めて、間合いの外から集中砲火を加えるのも手。
防御力が非常に高いので、札もしくは防御デバフなど高防御対策できる城娘を連れて行こう。
装備はの「シュテファンの闘盾」「真・シュテファンの闘盾」
遠隔明智光秀dot.png明智光秀共鳴せし叛逆の魂に登場。
同じ遠距離攻撃の石田三成や蒲生氏郷、毛利元就と比べると連続攻撃や同時攻撃などの特性は持っていないが、射程が長いのが特徴。攻撃力も高いので遠距離武器種が標的にならないよう、配置順には気を配っていきたい。においては攻撃がさらに3連射になり猛烈なスナイプ力を発揮するが、その反面攻撃間隔が非常に長くなっており無巨大化城娘の撤退や伏兵で空撃ちさせる戦法に弱い。初期配置されているため、ダメージ計略であらかじめ削っておくのも有効である
モデルは明智秀満の「椎実兎耳頭高兜」と思われる。別名左馬之助とも呼ばれる秀満は光秀の重臣であるが、歴史ものやフィクションでは彼が所用した兜が光秀のものとして描かれることが多い。
兎の耳を模した立て物と月の紋は、なぜこれが採用されたのかははっきりしていない。兎形兜の解説と同じく、兎の身体能力にあやかったのだろうか。東京国立博物館蔵。
遠隔今川義元dot.png今川義元超高散りゆく椿と弓取の将に登場。
弓での長射程攻撃を行うが、火力は平凡で毛利と異なり単体攻撃しかできない。移動速度は並程度だが攻撃中も移動できるため進軍速度は遠隔攻撃を行う兜の中ではやや速い。同イベントのでは真の力の一端を解放、自らの身体の一部を射撃ビットとして独立させ三位一体で攻撃を仕掛けてくる。ビットも含めると体力が非常に高いため瞬殺が難しく、長射程で絶え間なく攻撃してくるため耐久力・持久力が必要になる。
兜自体のデザインの元となったのは、公家が被る烏帽子を模した「烏帽子形兜」だろう。実際に義元自身が所用していたとされる兜は、岸和田三の丸神社に奉納されている星兜があるが、この大型兜のデザインには使われていないようである。兜の正面には、今川家の家紋である「足利二つ引き両」が見て取れる。
また、白塗りの顔や甲冑よりも着物に近い容姿、自身が高貴な身分であることを強調する物言いなど、「今川義元=公家大名」というイメージを全面に押し出している。そして、「海道一の弓取り」の異名を反映してか、得物は弓矢である。
飛行今川義元2dot.png散りゆく椿と弓取の将に登場。
今川義元の左右に浮かぶパーツ。今川義元の初登場時は付随していなかったが、散りゆく椿と弓取の将の後半にて今川義元の出陣後どこからともなく飛んできて、ともに進撃を始める。ただの飾りではなかったようだ。本体と同様にして攻撃中も移動できる特性を持つ。
本体とともに遠距離攻撃を行う。大将兜の攻撃の手数が増えるうえ、遠距離の城娘の攻撃が大将兜よりも優先して狙ってしまうためさっさと倒してしまおう。攻撃範囲は本体よりも少々狭い。
なお本体と移動する速さが同じであるだけで、常に本体に付随して移動するわけではない。鈍足や後退は個別に有効であり、本体を足止めすると左右のパーツのみが先に進んでしまう。あしからず。
遠隔片倉小十郎dot.png片倉小十郎超高討伐武将大兜!片倉小十郎に登場。
ついに登場した法術巨大兜。防御無視の遠距離攻撃を放ち、本気を出したら三体同時に攻撃してくる。ただでさえ厄介な錫杖形兜の強化版といったところ。
幸い攻撃速度が遅いため、歌舞による支援があれば戦線を維持できる。削り切られる前にトークンや撤退、差し込みでターゲットを逸らし、被害をおさえよう。受け止める盾一人と、被害担当の近接二人、それに歌舞をつければ盤石だ。
装備は法術の「小十郎の響杖」「真・小十郎の響杖」
モデルは片倉小十郎所用とされる「黒漆塗五枚胴具足」、及び「黒漆塗六十二間筋兜」だろう。伊達家では政宗の推奨もあって、黒漆塗の具足が広く使われていた。そのため小十郎も例外なく採用しており、政宗の具足に類似した点が見られる。
兜には愛宕大権現の名を冠した札があしらわれており、小十郎に愛宕信仰があったことを物語っている。金の月の前立は伊達家で採用された前立であり、主君政宗の功績を憚って家臣や後の藩主は弓張り月ではなく半月の形を採用した。
近接佐竹義重dot2.png佐竹義重やや遅超激高超高下総に登場。
近接ではあるが、モーニングスターのような武器を振るいある程度離れた所の味方も攻撃してくる。注意すべきはその規格外の攻撃力。最大化した近接城娘の体力でさえごっそりと持っていく。歌舞のサポート付きの盾でも受けきれないほどで、遠距離からの集中砲火で倒すのが得策だが、清正やシュテファン同様ノックバック無効であり、攻撃を受けそうになったら撤退し、前線を少しずつ下げながら削っていくのが良いだろう。幸いにして防御はそこまで高くないので、DPSに優れる弓や連続攻撃を行う一部の鉄砲を使うと手早く仕留められる。
攻撃モーションが長く、見てからでも城娘の撤退は十分間に合う。鎖を振り回している最中に標的がいなくなると攻撃は空振りし、他の城娘や蔵が範囲内にいても被害を受けない。これにより撤退・差し込みを繰り返せば蔵をスルーさせられる。
モデルは佐竹義重所用の「毛虫前立鳥毛脇立兜」と思われる。黒塗りの筋兜の飾りとして、不退転の意思を示す毛虫の前立に、鳥毛の脇立があしらわれた非常に目立つ作りになっている。
身体の各所には、別名である「鬼義重」を象徴するかのように鬼面があしらわれている。秋田市佐竹資料館蔵。
飛行直江兼続dot2.png直江兼続超高討伐武将大兜!直江兼続に登場。
佐竹式毛虫形兜の強化版と言える重飛行兜。射程の短い単体攻撃だが力士兜級の強力な一撃と高い耐久を併せ持つ。進路上の城娘は攻撃を貰う前に撤退で回避を。
弓が有効だが飛行兜としては防御が高いため、法術による防御無視攻撃と鈍足も効果的。
モデルは直江兼続所用の「六十二間筋兜」と思われる。筋兜の前立てとして、有名な「愛」の一文字と瑞雲(吉兆を知らせる雲)があしらわれている。
「愛」の文字が何を表しているのかは明らかになっておらず、有力な説としては「愛染明王」「愛宕将軍地蔵」のどちらかとされる。上杉神社蔵。
近接&ref(): File not found: "北条氏康dot2.png" at page "兜";北条氏康氏康のものを始め、北条家の具足は討伐された一族というのもあり現存数が少ない。この大型兜のモデルとなった兜も、氏康所用の兜がほとんど現存していないため推測の域を出ない。恐らくは、「相模の獅子」という別名から、獅噛(しがみ)の前立を模していると考えられる。
顔の三つ目や衣の模様、武器のドリルには北条家の家紋である北条鱗があしらわれており、狐に憑かれて殺されたという逸話から、狐を模した肩当てや皮衣を身にまとっている。
近接長宗我部元親dot2.png長宗我部元親モデルとなったのは、長宗我部元親所用の「十二間突パイ形兜」。元親の初陣の際に身に着けられていたという兜で、前立として天衝と長宗我部家の家紋である「丸に九つ酢漿草(カタバミ)」が付いている。
得物は二又の槍で、射出するかのように突き刺して攻撃を行う。内側に返しがついており、漁具のモリに見えなくもない。二本爪の手足や鋭角的な外見から、昆虫や海洋生物の類いに見えなくもない。一部では某MSに似ているとの声も…
土佐神社蔵。
遠隔&ref(): File not found: "織田信長dot2.png" at page "兜";織田信長モデルとなったのは、織田信長所用の南蛮兜と思われる。

現実の人物情報 Edit

黒田長政(旧名:大水牛脇立桃形兜)
黒田長政は、官兵衛こと黒田孝高(如水)の子で、筑前国福岡藩の初代藩主。武勇に優れ、九州征伐や関ヶ原の戦い、朝鮮出兵において活躍した。
大水牛の角があしらわれた兜は、黒田家のシンボルとしてよく知られており、のちに福島正則と兜を交換したという。
城プロでは、新旧共に記念すべき大型兜第一号として殿たちの前に立ちはだかった。勇猛な性格であるものの、酒を求めて暴れ回るなど素行の悪さもうかがえる。



前田利家(旧名:金箔押熨斗烏帽子形兜)
前田利家は、加賀藩の祖となる武将で、「槍の又左(又左衛門とも)」と呼ばれる槍の使い手であった。
織田信長の家臣として赤母衣衆筆頭になり、本能寺の変ののちには豊臣政権の五大老を務めた。
また、傾奇者であったとされ、派手な振る舞いや身なりを好んだという。
城プロでは、強さを求める武一辺倒な性格で表現されている。強さを求める余り、魂と体の結合が危うくなったり、逆に武神と言わしめるほどの力と知能を手に入れたりしたが…



山県昌景(旧名:朱塗大天衝桃形兜)
山県昌景は、武田四天王の一人に数えられ、信玄とその子勝頼に仕えた重臣である。
兄とされる飯富虎昌の赤備えを引き継ぎ、精鋭部隊として武を振るったとされる。
城プロでは、旧城プロではボスとして一定の威厳を保っていたものの、新城プロになってからの目立った活躍が見られず、過去のイベントでは小物臭すらうかがえるほどになってしまった。これからの活躍に期待である。



蒲生氏郷(旧名:黒漆塗燕尾形兜)
蒲生氏郷は、織田信長、豊臣秀吉に家臣として仕えた武将。
多くの戦に従軍し武功を挙げた上、近江国、伊勢国、陸奥国と転々としながら諸大名の動きに目を光らせていた。
天下人の器であったとも言われる他、キリシタン大名でもある。洗礼名はレオン(レオとも)。
城プロでは、冷静な性格ながら人を見下したような話しぶりが特徴で、「げに(=本当に)」や「…ナァ」といった特徴的な口調で強く殿たちに印象を残した。



毛利元就
毛利元就は、安芸国をはじめ中国地方10ヶ国を一代において統一した戦国大名。尼子氏や大内氏、陶氏を滅ぼし、下剋上を成し遂げた。
策略に優れていた他、三人の息子たちに話したとされる「三本の矢」の逸話は有名である。
城プロでは、老獪な性格をした兜軍団の参謀といったところ。自分の作成がことごとく失敗しても「計画通り」と言い張る負けず嫌いな一面も…?



藤堂高虎
藤堂高虎は、後に伊勢国津藩の藩主となった大名。築城の名手として有名だが、武勇にも優れており、身長は約190センチメートルあり身体中傷だらけであったという。
何度も主君を変えた逸話を持つが、自ら主君を裏切ったことはなく、特に羽柴秀長には滅私奉公し、徳川家康にも外様大名でありながら20万石以上の領地を与えられるほど信頼されていた。
そもそもこれだけ多くの城普請を任されたことも、主君からの信頼の証であると言えよう。
城プロでは、他の大型兜よりも自身の作った城や素晴らしいと思った城に執着する一面を見せる城マニアとして登場。



石田三成
石田三成は、秀吉臣下の武将で、豊臣政権における五奉行の一人。
正則や清正と同じく秀吉子飼いの武将として仕官し、秀吉の側近として政治面で支えた。
のちに徳川家康が大名同士の私婚禁止令を破るなどしたため対立すると、関ヶ原の戦いで西軍の中心人物となり奮戦するも敗北し、京都六条河原で処刑された。
城プロでは、



福島正則
福島正則は、秀吉臣下の武将で、「賤ヶ岳七本槍」の一人。三成や清正と同じく秀吉子飼いの武将として仕官し、数多くの合戦で武勇を発揮した。
粗暴な性格だったようであり、暴力的な逸話も数多く残されている。さらに大酒飲みで酒癖が悪かったという。
だが、広島城を無許可で修築し幕府より転封を命じられた際には、籠城する家臣団に指示を出して速やかに城を明け渡し恭順の意を示している。
城プロでは、粗暴な性格という面を色濃く出しており、力や物量で作戦を遂行する熱血漢として登場。



島津義弘
島津義弘は、薩摩国島津氏の武将で、別名は「鬼島津」。
当時から武勇に優れた将として有名で、島津氏の勢力拡大だけでなく関ヶ原の戦いにおける大胆な退却や朝鮮出兵での奮戦ぶりなどが知られる。
また、「釣り野伏」や「捨て奸」といった戦術を用いる策士の一面もあった。
城プロでは、武勇を誇りながら策も張り巡らす知勇の士として登場。戦も正面からぶつかる事を好む人物である。



伊達政宗
伊達政宗は、陸奥国仙台藩の藩祖となった武将。若くして伊達家当主となり、奥州の統一をあと一歩まで進めた。
「独眼竜」の別名が有名であるが、実は眼帯のイメージは大河ドラマにされてから生まれたもので、実際は右目は白濁しているだけで、眼帯はしていなかったという。
また、元和の一国一城令のあとも伊達21要害と呼ばれる支城網を持っていた。
城プロでは、自分の実力に絶対の自信を持つ野心家として描かれている。



加藤清正
加藤清正は、肥後国熊本藩の藩祖で、「賤ヶ岳七本槍」の一人。
三成や正則と同じく秀吉子飼いの武将として仕官し、秀吉に同行し多くの合戦を戦った。
朝鮮出兵における虎退治のエピソードが有名で、築城の名手であったとも言われる。



シュテファン(大公)
シュテファン大公ことシュテファン3世は、15世紀のモルドヴァ公国で活躍した人物である。
ヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)らと共にオスマン帝国に対抗し、その戦いぶりはローマ教皇をして「キリストの戦士」と称され、キリスト教圏をイスラムの脅威から最後まで守り抜いた。
なお、名前のシュテファンとは、英語圏で用いられた姓名である「スティーブン」のドイツ語読みの名である。



明智光秀
明智光秀は、本能寺の変を起こした事で有名な織田氏の家臣である。
前半生は不明な点が多いが、明智長山城で生まれたという説が有力(明知城生まれとも)。
織田信長に対し突如謀反を起こして横死させるも、山崎の戦いにて羽柴秀吉に敗れ、落ち武者狩りに討ち取られたという。
徳川家康の重臣である南光坊天海と同一人物とされる説もあり、本能寺の変の動機も含め謎の多い人物である。



今川義元
今川義元は、足利氏の一族吉良氏の分家で駿河国を中心に大きな勢力を持っていた今川氏の第11代当主。
桶狭間の戦いで織田信長に敗れたことから「軟弱で公家かぶれの大名」と言われることもあったが、戦上手を意味する「海道一の弓取り」の異名を持っていたように、実際は軍事面で非常に優れた力を持っていた。
また、政治面でも優れ、『今川仮名目録』という国独自の裁判基準を記した書物の追加法『仮名目録追加21条』を記し、意識的に戦国大名化したことで知られる。



片倉小十郎
片倉小十郎は、片倉氏が明治維新に至るまで代々受け継いだ通称だが、ここではいわゆる初代小十郎(景綱)について説明する。
伊達家中では「武の伊達成実」とともに「智の片倉景綱」と並び称され、これに鬼庭綱元を加えた「伊達の三傑」とも称される功臣で、天然痘を患った伊達政宗の右目を抉り出したとの俗説もある。
また、主君である政宗より先に男子をもうけるわけにはいかないと二代目小十郎(のちの重長)を自ら殺害しようとするなど、当時でも非常識なほどの忠臣であった。
取次役として活躍した功で白石城1万3000石を与えられたのちは病に臥せ、大坂の陣には参陣できずに没した。



佐竹義重
佐竹義重は、佐竹氏の第18代当主であり、小田城の小田氏治、向羽黒山城の蘆名盛氏、小田原城の北条氏政らと激しく争い、「鬼義重」「坂東太郎」と呼ばれ、常陸だけでなく下野や、ほんの一時ではあるが南陸奥にも勢力を拡大し佐竹氏の最盛期を築いた。
常陸太田城で隠居したあとも小田原征伐までは実権を握ったが、嫡男の義宣と対立したため関ヶ原の戦いでの去就を明らかにできず、佐竹氏は久保田藩に改易となった。
義宣が湊城に入ったのち久保田城を築城する一方で、義重は一揆を警戒して六郷城を隠居城としたが、狩猟中に落馬してこの世を去った。



北条氏康
北条氏康は、後北条氏第3代当主であり、河越夜戦(河越城の戦い)で扇谷上杉氏を滅ぼしたとされ、山内上杉氏・古河公方を没落させ関東の覇者となった。
初代伊勢盛時(北条早雲)が奪取し、第2代北条氏綱の代から居城とした小田原城を上杉謙信や武田信玄の攻撃から守り抜き、生涯一度も敵に背を向けることなく向こう傷を負いながらも関東の諸勢力との戦いを優位に進めた。
また、目安箱の設置、撰銭令の発布、伝馬制の確立、氏綱から受け継いだ虎の印判による公式文書の強化など内政面でも手腕を発揮した。
後世の逸話としては、氏康が老狐の呪いを歌で凶返しをしたのち死に、次男の氏政が氏康の死を老狐の霊の祟りと考えて「北条稲荷」という社を建てて祀ったというものがある。



直江兼続
直江兼続は、上杉景勝の家臣として取次役を務めたことで知られる。
愛宕信仰、あるいは愛染明王の「愛」を意味するとされる兜や、徳川家康に会津征伐を決意させたという直江状なども有名。
伊達政宗とは非常に仲が悪かったとされる。



織田信長
織田信長は、織田信秀の子として勝幡城那古野城とも)で生まれた。
桶狭間の戦いで今川義元を破り、稲葉山城の戦いで斎藤龍興を追放すると、天下布武の朱印を用いるようになった。
その後、長篠の戦いで武田勝頼を破ると、安土城を築城し天下人としてアピールしたが、本能寺の変にて横死した。



長宗我部元親
長宗我部元親は、土佐七英雄の1つ長宗我部氏の第21代当主で、幼い頃は「姫若子」と呼ばれ侮られていたが初陣にて鬼神の如き働きを見せ、「鬼若子」と恐れられるようになった。
「死生知らずの野武士なり」と評された一領具足を率いて土佐一国を平定して「土佐の出来人」と賞され、さらに四国全土へと勢力を拡大し織田信長と対立した。なお、「鳥無き島の蝙蝠」は信長が元親を揶揄した表現とされるが、これは後世になって成立した軍記物の『土佐物語』に書かれたものである。
その後は四国統一の目前で羽柴秀吉の四国征伐によって所領が土佐一国に削られ、さらに後継者として大いに期待していた嫡男の信親が戸次川の戦いで戦死するなど、その晩年は不幸なものだった。



柴田勝家
柴田勝家は、織田信長の重臣であり、「鬼柴田」「かかれ柴田」といった異名を持つ猛将。
天正3年(1575年)に信長により越前国八郡49万石を与えられ北ノ庄城を築くと北陸方面軍司令官に任命されたが、天正5年(1577年)の手取川の戦いでは上杉謙信に大敗した。
信長の死後は、織田家の後継者争いにより羽柴秀吉と対立し、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いにて敗れると妻であり信長の妹でもあるお市の方とともに自害した。



???(羽柴秀吉?)
羽柴秀吉は、織田信長の家臣として金ヶ崎の退き口や小谷城攻めで活躍したことで長浜城の城主へと成長し、のちに中国攻めを任されるほどの武将になった。
本能寺の変ののちは、明智光秀や柴田勝家を打ち破り、織田信雄・徳川家康らと戦い影響力を強め、正親町天皇から豊臣の姓を賜り太政大臣に就任すると、豊臣政権を確立した。
小田原城攻めにより戦国時代を終結させたのち、甥・秀次に関白職を譲り太閤と呼ばれるようになったが、豊臣の世は長くは続かなかった。



???(上杉景勝?)
上杉景勝は、上杉謙信の養嗣子で、御館の乱で上杉景虎を破って正式に上杉氏の家督を継いだ。
直江兼続を執政として越後の再建を進め、豊臣秀吉には早くから従ってその信任を得、北陸の雄として五大老に列し豊臣政権で重きをなした。
秀吉によって会津120万石に封じられたが、関ヶ原の戦いでは徳川家康と対立し、戦後米沢30万石に減封された。
非常に寡黙な人物で、家臣の前で笑顔を見せたのは生涯でただ一度きりだったという。


城娘 Edit

緊急出兵において、正気を失った、あるいは正気だが目的や勘違いそれと兜の妄想のため、兜と同行し殿に敵対する城娘。
通常の城娘と同じく武器性能の反映、巨大化による強化と回復能力を持つ。
大きな相違点は兜と同じく移動し殿へ向かってくること。専用の移動ドットが用意されており芸が細かい。
脅威度としては中ボス以上、巨大兜以下。地形を無視する時があり、思わぬ奇襲を受けることも。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
佐久間金沢城_移動.gif佐久間金沢城操られし鬼玄蕃に登場。
はじめて敵側にまわった城娘であり、また唯一、序破急離結の全てに現れる。
最初のうちは大型兜ほどの能力だが、難易度が上がると巨大化した状態で現れ、兜とは一線を画した強さになる。
後半戦の離・結では本人に加えて兜の変装により八人の佐久間金沢城が襲いかかってくるというまさかの展開となり、多くの殿と蔵と腹筋が崩壊した。なお八人のうち本物は一人だけのはずだが、手強さはどれも同じであり、結にいたってはこれに前田利家が合流するため、まったく油断できない。
装備:陣中槍
天神西舘_移動.gif天神西舘馬追の山と這寄る怨念に登場。
熊形兜に乗って登場する(ほほえましい)が、「どうせ序に出てくる弓だから大したことなかろう」と油断していると三連射によって手近な遠距離城娘が落ちる。打たれ強さは大したことがないので、こちらの射程内に入ればなんとかなるだろう。
装備:鏑矢(E-1、E-4)破魔矢(E-5)
中村舘_移動.gif中村舘馬追の山と這寄る怨念に登場。
手数の天神西舘や速さの相馬中村城と比べると本人自身のトリッキーさには欠ける。が、結では蟹形兜に乗り滝つぼから強襲をかけてくる。ここは遠距離マスが密集する地帯であり、気が付いたら大破させられていたことも。ダメージを受けることを考慮して巨大化用の気を残しておくか、さっさと撤退して再配置させよう。
天神西舘よりタフであり、殿へ至る前に遠距離勢で削りたいところだが、槍の範囲により後衛も狙われがち。近接を後に置いて狙いをそらすと良いだろう。
装備:長鎌槍(E-2、E-4)裂空の真槍(E-5)
相馬中村城_移動.gif相馬中村城馬追の山と這寄る怨念に登場。
騎乗して戦場を駆け抜け、刀の速度で切りかかる強敵。速さゆえに食い止めるのは難しく、通りがかりに蔵をガツガツ削っていくのも難点。
最初は遠回りしてくるため、時間的余裕はある。その間に削れるだけ削っておこう。
装備:太刀(E-3、E-4)破魔の太刀(E-5)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";笹原城来訪せし激昂の城娘に登場。
最初は道なりに進んでくるが、城壁の上へ飛び乗り移動してくる。これにより遠距離マスの近くを通るため、後衛が狙われやすい。天神西舘のような連射はしないものの、威力は高く、接近までに巨大化で城娘を強化しておきたい。
初めてマップ上で巨大化して見せた城娘であり、以降のイベントにおいても敵の城娘が進軍中に巨大化するようになる。
装備:為朝の弓
鉄砲&ref(): File not found: ".png" at page "兜";久留米城来訪せし激昂の城娘に登場。
まさかの★4武器をひっさげ、殿へ近い場所から現れて直行してくる。とはいえ現れるのは終盤であり、その頃には配置や巨大化でこちらの迎撃準備も整っているだろう。
装備:雨夜の手拍子
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";大仏城吾妻おろしと蒼き飛兜に登場。
意外と元気なお祖母様で、最初は道なりに進んでくるかと思いきや、塀を飛び越えて殿へとショートカット。E-6では北門を槍でガッスンガッスン突いて破壊し、新たな侵攻ルートを作る。(合戦開始時に行うため、城娘や計略での阻止は間に合わない)
ステータスはさほど大したことがないので、対処は難しくない。
装備:岩融
法術&ref(): File not found: ".png" at page "兜";杉目城吾妻おろしと蒼き飛兜に登場。
これまた予想外な経路を通ってくるお母様。装備による広い攻撃範囲と、法術による防御無視攻撃も痛いが、東の櫓に登ったあたりで近くに城娘やトークンがいると、それを攻撃する間、移動速度が落ち、こちらの射程圏内になかなか入らなくなる。
登場は終盤のため、その頃には迎撃態勢が整っているだろう。
装備:金銅錫杖(E-1、E-4)三蔵法師の杖(E-6)
法術&ref(): File not found: ".png" at page "兜";福島城吾妻おろしと蒼き飛兜に登場。
巨大化により攻撃と防御、そしてなにより攻撃範囲が上昇した状態で、しかも大仏城と杉目城と共にやって来る。しかし登場は最終盤であり、この頃にはこちらの配置と巨大化の準備が完了(あるいはその前に兜のラッシュで敗北)しているだろう。
装備:閻魔の筆
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";有岡城清らかなる酒を求めてに登場。
元々ステータスが高い槌に加えて巨大化しているため、攻撃範囲以外は高い攻防を持つ強敵。接敵される前に遠距離勢、特に移動を阻害する鉄砲法術で耐久を削り取るのが理想的。
装備:神木の槌
法術&ref(): File not found: ".png" at page "兜";引田城忠義の死角に登場。
まさかの既存城娘。移動ドットも新規だよやったね。
法術だがステータスはそこそこであり、あまり苦戦はしないだろう
装備:筆(E-1)閻魔の杖(E-6)
大砲&ref(): File not found: ".png" at page "兜";板島丸串城忠義の死角に登場。
移動ドットは手が込んであり、一見の価値ありだが見とれていると酷いことになる。大砲兜とは違い、城娘なので攻撃に巻き込みダメージが発生する。これにより、それまでセオリーであった「蔵の横に護衛の城娘を置く」戦法をとると範囲攻撃で蔵が消し飛ぶ。
大砲兜同様、攻撃モーションが遅いため迎撃範囲になかなか入ってこない。後半マップでは装備の強化や巨大化により手強くなっており、わらわら湧いてくる大型兜の群れをさばきながら対処するのは至難の業。
攻撃は痛いが攻撃速度が遅いため、別の戦線で巨大化させていた近接城娘を撤退・差し込みして切り込ませると被害がそらせて有利になる。
装備:セーカー砲(E-2)国友の大砲(E-4)カルバリン砲(E-6)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";丸山城閉ざされた扇城に登場。
中津城と一緒にやってくる。かわいい。現れるのが最後の最後であり、それまでの兜ラッシュをしのげているなら対処は簡単だろう。
装備:虎徹
鉄砲&ref(): File not found: ".png" at page "兜";中津城閉ざされた扇城に登場。
丸山城と一緒にやってくる。かわいらしい。同じく最後の登場であり対処は簡単・・・だが、装備している氷結の大筒により攻撃範囲が広く、気をぬくとガッツリ削られて、そこへ丸山城が飛び込んでくることも。
装備:氷結の大筒
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";亀居城薄れゆく魂の刻印に登場。攻撃力を始めとするステータス自体はさほどではないが、槍の特性により被弾した味方の前後を巻き込む。ステージ自体が味方が一列に並ぶような配置になりやすいため、配置順を調節したり、トークンを囮に使うなどして被害を減らしていこう。
なぜか最終マップで装備が元に戻る。
装備:双龍槍(E-2、E-6)岩融(E-4)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";桜尾城薄れゆく魂の刻印に登場。初期配置されているが、大量の大型兜が円陣を組んで囲んでいるため手を出しにくい。幸い本人の射程は長くない(付近の青マスに攻撃してこない)ため法術などの遠距離攻撃で兜を掃除してから相手をしていきたい。装備:光義の弓
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";肥後千葉城天下睥睨の蛇眼に登場。
巨大化していることもあり非常にタフで、こちらの集中砲火の中を飛び込んでくる。
中央の道を突っ切って来るが、ここは遠距離マスが取り巻いているルートのため、肥後千葉城が登場する最終盤までには、巨大化があらかた終わって堅固な防御陣ができているだろう。
装備:虎徹
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";隈本城天下睥睨の蛇眼に登場。
お姉ちゃん以上に防御が固く、また進んでくる下回りの道が遠距離勢を配置しにくいのもあって右下の蔵あたりまで接近を許しがち。刀の特性上、二体同時に攻撃してくるため、蔵の周りに城娘が一人しかいないと蔵を巻き込んで消し飛ばしてしまう。
伏兵配置による標的逸らしで守るか、計略使用で短期決戦を狙うか、いずれにせよ蔵を守るのであれば苦しい戦いになるだろう。
装備:虎徹
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";コンウィ城堅固なる異邦の守護者に登場。
敵対する城娘の中では初の盾ユニットであり、その特性に違わず非常にタフ。ある程度巨大化した鉄砲や弩の攻撃を受けてもなかなかダメージを与えられない。・・・のだが兜たちと同じ侵攻ルートを通ってくるため、遠距離ユニットの集中砲火で倒すことはそう難しくはない。この手の高防御の敵のお約束として、法術も有効である。
装備:ラウンドシールド(E-2)、アキレウスの盾(E-4、E-6)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";カーナーヴォン城堅固なる異邦の守護者に登場。
こちらもコンウィ城同様兜と同じ侵攻ルートを通ってくるのだが、コンウィ城と異なり兜を随伴しての登場であるため、遠距離攻撃が彼女に吸われてしまい、一緒にやってくる兜に届かずこちらが削られてしまう。複数をまとめて攻撃できるダメージ計略や大砲、持っているのであれば安土城の計略も有効だろう。タフな一方攻撃力は低く、400程度の防御力があればほとんどダメージを受けることはない。各種足止め持ちや、こちらも盾を用意して受け止めてやろう。
装備:タワーシールド(E-3、E-5)、プリトウェン(E-6)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";備中高松城謀略と猛勇の挟撃に登場。装備:長巻
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";津山城謀略と猛勇の挟撃に登場。装備:神木の槌
石弓&ref(): File not found: ".png" at page "兜";三本松城導かれし若楓の山道に登場。装備:東方弩(E-1)、近衛弩(絶壱)
石弓&ref(): File not found: ".png" at page "兜";村尾城導かれし若楓の山道に登場。装備:東方弩(E-2)、舞鶴(E-4、絶弐)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";千代城選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣に登場。装備:亘理来国光
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";岩櫃城選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣に登場。装備:両刃櫃槍
大砲&ref(): File not found: ".png" at page "兜";信貴山城選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣に登場。
着弾点周囲の巻き込み攻撃を行う上、直撃した相手に攻撃1.5倍ボーナスを持つため急相当の敵にしては破壊力が高い。
後続の砲撃兜共々、高防御の避雷針役で受け止め被害を抑えたい。
装備:古天明平蜘蛛
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";彦根城選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣に登場。
槍の特性上、狙われた城娘の直線上にある蔵まで攻撃されてしまうのがやっかい。蔵との位置関係を考慮して攻撃方向を上手く誘導しよう。
装備:夜叉彦槍
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";首里城超高選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣に登場。
近接攻撃しかできず特殊な能力も特にないが、恐ろしくステータスが高い。
法術での足止めなど絡め手を使わないと勝つのは難しいだろう。流石は☆6か。
装備:千代金丸
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";聚楽第選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣に登場。
計略の5体同時攻撃は行わず通常の単体攻撃オンリーではあるが、高威力・高速の弓攻撃は十分に脅威。
射程はそれほど長くないので、動き出す前に倒し切るのが得策。
装備:聚楽の弓
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";多聞山城共鳴せし叛逆の魂に登場。
兜とは一線を画す打たれ強さであり、侵攻ルートに近い遠隔城娘が狙われると危険。幸いルート上には近接マスがあるので、そこに刀や槌を置いてデコイとし、遠隔城娘を守りながら迎撃するのが良いだろう。
装備:光義の弓
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";丹波亀山城共鳴せし叛逆の魂に登場。
巨大化前の小ささを活かして、犬形兜に運ばれやってくる。斬新。刀の城娘であるため攻撃で蔵が巻き込まれ壊されやすい。近づく前に仕留めるのも難しいので、蔵の近くには二人以上の城娘を置いておきたいところ。
絶弐になると状況はより悪化し、最終版に中央の天守から再出現、遠距離勢が削る間もなく間合いに飛び込んでくる。攻撃力の高さや、蔵とマスの配置上、城娘だけで守り切るのは辛く、トークンを駆使しないと蔵が狙われ特別戦功を逃す。歌舞と盾で受け止めるのもありか?
装備:雷切(E-4)、姫切(絶弐)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";那古野城散りゆく椿と弓取の将に登場。
装備:打刀(E-2)、古代刀(絶壱)、姫切(絶弐)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";曳馬城散りゆく椿と弓取の将に登場。
装備:薙刀(E-2)、陣中槍(E-4)、岩融(絶弐)
石弓&ref(): File not found: ".png" at page "兜";三原城戦乱渦巻く錦帯橋に登場。
兜の集団と同時に現れるため狙い撃つのが難しく、接近前に叩きにくい。戦場中央の遠距離マスが射程に入るため、配置順にもよるが後衛が狙われたりトークンが破壊されたりと少なくない被害を覚悟すべき。
逆に言うとトークンで狙いを逸らせられるので、デコイを設置して近接城娘の間合いに入るまでの被弾を防ぐことができる。
装備:近衛の弩(絶壱)
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";岩国城戦乱渦巻く錦帯橋に登場。
山属性の近接だけあり非常にタフ。特に絶弐では同時に押し寄せる象ラッシュを捌く都合上、火力を集中できず、まず間違いなく殿と蔵付近の最終防衛線まで接近を許す。刀による同時攻撃も痛く、遠距離城娘が喰らったり、蔵を巻き込んだり、簡単には特別戦功を達成させてくれない。
盾で受け止めて射程外から法術で削る、なんとか近接を再配置ジャグリングして的をそらすなど、最後の最後まで気を抜かず迎撃しよう。
装備:
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";飫肥城台山に咲く一輪の黄槿に登場。絶壱では、隼形兜に運搬されて降下、急襲をしかけてくる。…のだが、よりにもよって落下位置が防衛ラインのど真ん中であり、そのまま遠距離ユニットなどによって倒されてしまうことが多い。防御、耐久ともに特筆すべき点はなく、「いつの間にか斃れていた」という殿も多いだろう
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";杵築城
鉄砲&ref(): File not found: ".png" at page "兜";前橋城
石弓&ref(): File not found: ".png" at page "兜";古河城
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";忍城
法術&ref(): File not found: ".png" at page "兜";宇都宮城
&ref(): File not found: ".png" at page "兜";[夏]指月伏見城
三木城.gif三木城揺れぬ照準に登場。装備:戦鎚(E-2)、源翁鎚(絶弐)

コラボ勢「千年戦争アイギス」 Edit

異界門と魔剣の姫 Edit

千年戦争アイギスとのコラボイベント「異界門と魔剣の姫」に登場した、アイギス世界の魔物(と姫様)。
アイギスでの強敵もいるが、巨大化による自力回復がある城プロReでは比較的楽に対処できる。
ちなみにアイギス側へは石田治部、黒田長政、桃形、古桃形、釘打、砲撃式トッパイ、突撃式トッパイが出張。
兜の名に恥じぬ防御力を見せつけたが、防御無視攻撃手段が豊富なアイギス勢が相手では分が悪すぎた。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接ゴブリン.pngゴブリン桃形兜に相当する魔物。
苦も無く片づけられるが、とにかく数が多い。
ゴブリンは欧州の伝承に登場する妖精のような存在。
近代ではもっぱら脅威度の低い悪役として描かれる。
アイギスにおいても序盤の雑兵として登場し、今回出張してきたのは一番弱い紫色のゴブリンである。
遠隔ゴブリンアーチャー.pngゴブリンアーチャー地上を移動する弓兵という、城プロではいそうでいなかった兵種。(敵に回った天神西舘笹原城という例はあったが)
手数が多くて厄介だが、これも耐久度はないので簡単に対処できる。
アイギスでは殴り合っている敵を優先して攻撃するため、遠距離から射てくる弓は排除しにくく悩みの種となりがちである。
とはいえコレはさほど強くなく、対処も簡単であるが。
近接ウルフ.pngウルフ高速で接近してくる動物型の魔物。犬形兜はこいつに影響されて走り出した可能性がある。
足は速いが撃たれ弱いので落ち着いて対処すれば大丈夫。
ユニットの設置スピードやタイミングがシビアなアイギスにおいて、あっという間にすり抜けていく狼は厄介な相手である。基本的に後逸するとリカバリが難しく、ステータスは弱くとも油断できない。
飛行ガーゴイル.pngガーゴイルなし地形を無視して移動してくる魔物。攻撃してこない。
近接でも対空攻撃できる城娘にとって、遠距離攻撃をしてこない飛行敵など怖くない。
と思いきや、後半戦開幕で展開しているこいつらに気を取られて遠距離勢を配置すると、地上の敵に抜かれるという初見殺しがある。
ガーゴイルは怪物の彫刻を施された雨どいのこと。後に生きている石像やモンスターの名前として使われるようになった。
アイギスでは飛行敵を攻撃できるのは遠距離ユニットだけ、という制約があり、コストが枯渇した状態で出現されると何もできないまま敗北することすらある。
近接オーガ.pngオーガやや低やや低大型の魔物。ゴブリンの大きさに慣れているところへ現れるとびびる。
ゴブリンとは比較にならないタフさだが、トッパイのような大型兜ぐらい、と考えればいい。
オーガは欧州の人食い鬼伝承に登場する怪物。
アイギスでは序盤の中ボス格であり、下手に近接で受け止めると殴り殺されかねない。
近接バフォメット.pngバフォメットやや低やや低強力な魔物。オーガよりも動きは遅いが打たれ強く攻撃も痛い。
遅い近接、ということで遠距離攻撃で削るのが有効。
問題として、前半戦はこれのすぐ後ろからボスのシビラが追い付いてくる。
バフォメットはキリスト教における悪魔。
アイギスでは強力な魔物であり、生半可なユニットでは一撃で倒される。
近接黒ヘビーアーマー.png黒ヘビーアーマーやや低やや低鎧を来た兵士。一番兜っぽい。
オーガより打たれ強く、足も遅くないので接近を許しがち。
アイギス世界においては、中身は魔物ではなく人間。
防御力が高く、魔法(城プロの法術に相当)攻撃でないと有効打が与えられない。しかし魔法攻撃職は入手が難しくコストも重いため、序盤から登場すると苦戦を強いられやすい。
遠隔リッチ.pngリッチやや低防御無視の遠隔攻撃をしかけてくる強力な魔物。
烏天狗形兜の登場前なので、実は初めての法術系敵ユニット。
とはいえ範囲はさほど広くないので鉄砲勢で撃ち削るのが良い。
リッチは古英語で死体の意。後に不死の魔術師ないし怪物の呼称となった。
アイギスにおける強敵の代表格であり、サービス開始時の最終マップに君臨した。城プロでたとえるなら摂津の石田三成のようなもの。
鬼のような射程と火力で魔法(法術)攻撃を連発してくる鬼畜さで、コラボから参戦してきた新米王子たちを消し炭にした。
近接http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/2ebcfb2512a21406e022ec67cdccf289f1b93585シビラ魔剣で攻撃してくるお姫様。
魔物どもとは比較にならないステータスだが、巨大兜ほどではない。おおむね敵に回った時の城娘ぐらい。
前半戦では刀の城娘を相手にする感じだが、後半戦では魔剣の力を解放したことによって槍なみの攻撃範囲を獲得。遠くから攻撃をしかけてくるようになり、遠距離勢が狙われると厄介なことになる。
装備はの「フラガラッハ」「魔剣フラガラッハ」
シビラは「千年戦争アイギス」のプレイヤー側キャラの一人。
彼女のクラス「プリンセス」は、近接かつ魔法(法術)属性で、つまり刀の速度で防御無視攻撃を繰り出せる強力なもの。
コラボでのシビラは、入手できるフラガラッハの性能を見るに、防御無視は適用されていないようである。
アイギスのヒロインたちの中でも代表格だが、レアリティは高く入手は困難である。

異界門と聖槍の騎士 Edit

以下はアイギスコラボ第二弾「異界門と聖槍の騎士」に登場した王子軍。上の魔物勢と混ぜると煩雑になるので別項。
ちなみに同時期のアイギス側へは桃形・古桃形・釘形・兎形兜と福島・前田・伊達・毛利の四武将が出張。
後半戦では本物と偽物の巨大兜が合計23体現れるという、城プロでやられたらたまったものではない布陣で登場した。

種別グラフィック名前速度攻撃耐久防御ゲームにおいて・攻略解説
近接ソルジャー.pngソルジャー今回の雑兵枠。おおよそ古桃形兜ぐらい。アイギスの敵軽歩兵の中でも最も弱いユニット。ただ鎧を着ているだけあってローグらと比べて防御力は高い。
味方のソルジャーは出撃コストが安く、またコストを回復するスキル持ちが多いため、序盤の切り込み役として使われる。
遠隔アーチャー.pngアーチャー弓兵。遠距離から攻撃してくるが、攻撃モーションが長いため撃たれる直前にこちらから撃ち倒すことも容易。
前回のゴブリンアーチャーと似たような挙動だが、やや打たれ強くなっている。
アイギスの射撃系ユニットの中では最も弱いが、敵の後衛に隠れて撃たれると痛い。
味方のアーチャーはおおむね城プロの弓と同じである。
近接ローグ.pngローグ盗賊。戦場を素早く移動し、一撃を入れて後方へ去っていく。前回のウルフを強化したものと考えれば良いだろう。ローグは英語で「ならず者」を意味する言葉。RPG黎明期から登場する由緒正しいクラスだが、しばしばシーフ(盗人)などと混同されて「盗賊」と和訳・解釈されることがある。
味方のローグは50%の確率で攻撃を回避するが、今回のローグにはそうした能力はないので、安心して対処しよう。
近接足軽.png足軽槍サムライ。しかし極端に間合いが広いというわけでもなく、ソルジャーの上位版といったところ。足軽は平安から江戸にかけて存在した下級の戦闘員。最初は雑兵未満の存在だったが、集団戦が発達していく過程で主要な戦力としての地位を確立していった。
アイギスにおいては下級のサムライとして登場する。サムライはソルジャーよりコストが高いかわりに、足止めした敵全員を攻撃できるユニットで、城プロの刀に近い。
城プロに出てきても違和感のない見た目だが、戦闘前会話に出てきたモブのおっちゃんではないので安心してぶち倒そう。
遠隔忍者.png忍者すさまじい速度で手裏剣を投げ込んでくる忍者。攻撃モーションに隙が無く、うかうかしているとあっという間に耐久を削られてしまう。みんな大好き忍者は江戸以前の日本に存在したとされる隠密集団のはずだが、あまりの人気に虚実入り交じりすぎて説明しきれないため割愛する。
アイギスの忍者は、遠距離攻撃をする近接ユニット。味方の忍者は敵を足止めしないため、敵の近接攻撃をスルーして一方的に手裏剣を叩き込むことができる。
飛行ムササビ忍者.pngムササビ忍者なし攻撃してこない忍者。そのかわり殿に向かわず戦場から離脱していくので、特別戦功の条件「すべての敵を撃破」を達成するためには倒さねばならない。飛行敵のため特に弓による攻撃が有効。一応、今回の敵は王子軍ということになっているが、アイギスでこのムササビ忍者は味方ユニットとしては登場しない。
遠隔黒メイジ.png黒メイジ魔法攻撃をしかけてくる魔法使い。
効果音が大砲系兜の爆発音と同じなため物理攻撃のように思えるが、しっかり防御無視攻撃のため群れていると侮れないダメージとなる。元のアイギスと違って範囲攻撃ではなく単体攻撃なので、隣接する蔵や城娘が巻き込まれないのが救い。
砲撃式トッパイと比べて射程が極端に短いため、こちらの間合いに簡単に飛び込んでくる。あとの対処は簡単だろう。
メイジとは古英語で魔法使い、あるいは賢者を意味する言葉。
アイギスにおける敵メイジは、防御無視の範囲攻撃を遠距離から放ってくる強敵。大砲の城娘が法術攻撃を広範囲にぶちかましてくる、と言えばどれだけ恐ろしいかご理解いただけるだろうか。
たった一体のメイジに戦線が崩壊することも珍しくなく、その一体を仕留めるためだけの低コストユニットを編成に入れる定石もある。
近接バトルアーマー(銀).pngバトルアーマー(銀)やや遅高防御・高耐久、そして攻撃力も痛い重装兵。ブルーアーマーではない。
非常に打たれ強く、殿の眼前まで生き残りやすい。高防御敵への定石として鉄砲法術、ダメージ計略を叩き込みたいところ。
最大の問題はこいつらが覚醒ミレイユと一緒に雪崩れ込んでくる最終盤であり、これをどう迎え撃つかが後半戦攻略の肝。恐らく温存したダメージ計略を叩き込むタイミングはここだろう。
前回登場した黒ヘビーアーマーに似ているが、得物の凶悪さが違う。
アイギスでは曜日クエストでこれを倒すと一定確率で経験値増加ユニット(城プロのツバサに相当)をドロップする。
なおその経験値ユニットの名前はプラチナアーマー。こいつは青なのか銀なのか白金なのか、はっきりしないやつである。
近接ハイキャバリア.pngハイキャバリア高速で突っ込んでくる騎兵。ローグの強化版と考えれば良いが、打たれ強く後逸しがち。防御力は非常に高い一方で、殿が抱えても下限ダメージで済むくらい攻撃力が非常に低いという特徴を持つ。遠距離マスを撫で斬りにするようなルートを走る個体がいるため、脆いトークンが削られないよう注意しよう。キャバリアとは騎士の意、転じて騎士道的な紳士を差す(ただし形容詞的使い方をした場合、尊大・横柄といったマイナスの意になる)
アイギスでは雑魚魔物とは一線を画す強さで、速さも相まっておおよそ中盤の難敵といったところ。
飛行ペガサスライダー.pngペガサスライダー天馬騎士。これまでの飛行敵とは違い、攻撃をしかけてくる。
最終盤に隊列を組んで現れ、しかも騎士というだけあって、その攻撃力は驚異的。
数も多いため、手数で稼げる弓で迎撃するのが理想的。特別戦功「全ての敵を撃破」達成のためにも倒そう。
ペガサスはギリシャ神話に登場する天馬。
アイギスでは飛行敵として現れるが、時として地上に降りて騎兵と同じ高速で駆けてくることも。味方ユニットの天馬騎士は普段は近接、スキル発動時には飛び上がって範囲攻撃を叩きつける、なんとも浪漫ある戦い方をする。
近接モーティマCC.pngモーティマやや遅山賊のお頭。
第一波の最後にソーマと共に突っ込んでくる。耐久は高いが、おそらく防御はそこまで高くない。攻撃の挙動は槌に似ているものの、周囲を巻き込んではいない模様。
法術や鉄砲で遅滞させたり、弓で手数を稼いだりすれば殿へ到達する前に倒せるだろう。
山賊頭モーティマは銀(☆3)のバンデット。高い攻撃力とタフな耐久力でタイマン勝負を得意とする切り込みに適したユニットである。
アイギスの王子軍は魔物に祖国を滅ぼされた残党集団から出発し、彼らが最初に戦うのが山賊たち。モーティマが確定入手できる時期も早く、初期の王子軍を知る古参と言えるだろう。
後々モーティマは粗暴な役やトラブルメイカーを担うことが多くなるが、これは山賊としての流儀や考え方が周囲と異なるためで、本人に悪意があるわけではない。今回のコラボでも、会話の端々に彼の思慮が見えるだろう。
遠隔ソーマ.pngソーマ弓兵少女。アーチャーの強化版。
モーティマの後ろに隠れるように進軍してくる。城娘の攻撃がモーティマに集中することでソーマが無傷のまま進軍・・・と思いきや、モーティマの攻撃モーションがソーマより長いため、追い越してしまい矢面に立たされることに。
モーティマより打たれ弱いので、対処はそう難しくない。
弓兵ソーマちゃんは銀(☆3)のアーチャー。
ゲーム開始時の初期メンバーにいる最古参であり、しかもこのソーマちゃんは最初から贈り物をあげなくとも好感度が少し上がっているため、序盤の主力として活躍してくれる。柳川城ポジション
なお、ちゃん付けにするのはアイギスの流儀のようなものである。他意はない。
遠隔サキ覚醒.pngサキ忍者少女。忍者の強化版。
凄まじい攻撃速度も驚異的だが、速度と耐久力で防衛線を突破し殿に肉薄する機動力も侮れない。またジグザグに移動するため後衛も狙われがちなのに注意。
一回あたりの攻撃力は大したことがないので、うまく盾の城娘で止めることができれば楽になるだろう。
忍者サキはブラック(☆6)の忍者。
普通、ブラックは余程運がなければ入手できないが、サキは交換用のドロップアイテムを集めることで、比較的楽に加入してくれる。
ちなみに今回のコラボで用いられている立ち絵は、覚醒(二回目の城娘改築のようなもの)後のものである。
遠隔ロイ.pngロイ王国魔術師。メイジの強化版。
攻撃力や耐久力は確かにメイジより上だが、相変わらず射程が短いため包囲下におさめるのは容易。さほど苦労はしないと思われる。
王国魔術師ロイは銅(☆2)の下級メイジ。普通のメイジと比べて射程距離が短くステータスも低い。
それだけ聞くとなんだか弱そうに思えるが、まぁそう慌てなさんな。そもそも防御無視の範囲攻撃という時点で戦力としては十分働けるのだ。また序盤はメイジが入手しづらいのもあって、育てたロイにお世話になった王子は多い。その頼もしさからついた仇名が「ロイさん」
とはいえ戦力が充実すれば出番も譲ることになる。コラボ会話での頼れるんだか頼れないんだかわからないロイさんの活躍は、このあたりを反映しているのだろう。
近接ジェリウス覚醒.pngジェリウスやや遅高防御・高耐久の重装鎧兵。
非常にタフで第一波の最後に進軍してくるが、まず削り切れず第二波が始まってしまう。高防御敵への定石である法術を用意しておきたいところ。
開始時から居座っているので、鉄砲を巨大化させて攻撃を届かせたり、ダメージ計略で銀アーマーもろとも削っておくこともできる。真正面からやりあうのが不安な殿はちまちま削っておくのも手だろう。
光の盾ジェリウスはプラチナ(☆5)のヘビーアーマー。敵を三体(成長すると四体)足止めする壁役であり、城プロの盾の城娘に相当する。
その中でもジェリウスはトップクラスの性能を誇るが、ガチャ限定であるため、入手は非常に難しい。(ノイシュヴァンシュタイン城みたいな感じか)
なおドット絵は覚醒後のもの。彼だけ会話に一切登場していないため紛らわしいが、王子ではない。
近接ケイティ.pngケイティ戦術教官。ソルジャーの強化版。
終盤に覚醒ミレイユと共に現れるが、そのせいで影が薄い。速攻のダメージ計略で気が付いたら沈んでいたということも。
ケイティ先生に手こずるようでは覚醒ミレイユを相手にするのは難しいだろう。
戦術教官ケイティは、チュートリアルクエストを全てクリアすると加入する金(☆4)ソルジャー。通称KT(攻略動画でもこの表記が多い)
出撃コストを回復するスキル持ち。その使い勝手の良さから序盤だけでなくいつまでも主力として起用する王子が多い。城プロでいえば首里城のような気トークン計略持ち、といえばその重要さがわかるだろうか。
近接ミレイユ.pngミレイユ近衛騎士団長。前半戦ボス。
非常にタフでなかなか耐久を削れない。また武器種は槍らしく配置によっては二体同時に攻撃してくる。特に下の蔵前に城娘がいると蔵にもダメージが入る。
法術で早々に仕留めるか、盾で受けて歌舞で援護し集中砲火するのが吉。
近衛騎士団長ミレイユはブラック(☆6)のロイヤルガード。防御特化の近接ユニットであり、ボス級を迎え撃つのに適したクラスと言える。
今回のコラボでは覚醒後の立ち絵が使われているが、ドット絵は覚醒前のもの。
近接ミレイユ覚醒スキル.png覚醒ミレイユラスボス。登場時に注意文が出るが、それがどういう意味なのかは間もなく思い知らされる。
問題となるのは反撃スキル。受けた攻撃の攻撃力値分を相手に返すという能力である。これがどういうことかというと、例えば高火力低防御の鉄砲がミレイユに攻撃すると、一撃で耐久が半分ぐらい減らされかねない。つまり攻撃力が高ければ高いほど、反撃ダメージも大きくなるのだ。
アイギス世界にはないダメージ計略なら反撃を受けないが、それだけで仕留めるのは至難の業。注意文に「防御と耐久が上昇」としれっと書いてあるとおり、福島正則を超えるタフさでダメージ計略など掠り傷にしかならない。
攻略法はアイギス定石の盾+歌舞。盾もしくは足止め特技で釘付けし、歌舞(不安なら二人)で回復しながら、法術で援護する。この時、火力が高すぎて回復が追い付かない城娘は撤退させておこう。
最後の問題は、こんな化け物がメイジと銀アーマーの大群と合流して突き進んでくること。ダメージ計略で一掃できれば良いが、上記の対ミレイユ布陣が完成する前に物量で潰されないよう気を付けよう。
見た目は小さいが下手な巨大兜より極悪性能な凶敵であると覚悟したほうが良い。
覚醒したミレイユ。
アイギスではユニットそのものだけでなく、所持するスキルも覚醒することができる。≪聖槍ロンゴミニアド≫も覚醒スキルであり、覚醒前の≪名槍ロン≫の「敵の物理攻撃を半分のダメージで反撃」から「敵の物理攻撃を完全に反撃」へと強化されている。
しかし今コラボにおいては法術や鈴の攻撃すら反射しているため、もはや物理だろうがなかろうが関係なしに反撃できるようになったらしい。鬼か。

旧図鑑画像 Edit

旧城プロの図鑑には、兜の詳細なアートワークも載っていました。兜/画像で一覧のページにあるので、城プロの世界により深く入り込みたい方はどうぞ。
なお、旧では「植物・海洋・神仏」といった属性の概念があったためイラストに属性アイコンが記されています。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 兼続の画像加工してアップロードしたのは良いけど、上手く反映されない…システム詳しい人に頼んでも良いですか?政宗作った時もこんなだったなぁ… -- 卒論兜だった人? 2017-10-06 (金) 16:24:43
    • 兜の画像はここじゃなくて、親元のページで管理しとるんやで -- 2017-10-06 (金) 16:37:58
      • そうだったのか!試しにそっちにアップロードしてみたら反映されました、ありがとう!色んな兜の情報や解説書けても、データの扱いはからっきしで…典型的な文系です。 -- 卒論兜だった人? 2017-10-06 (金) 21:58:26
  • 城娘、兜以外の第三勢力として、アイギス・妖怪に続いて人間も出てきましたが、これってそろそろ兜とそれ以外とでページ分けた方が良いんですかね? -- 卒論兜だった人? 2017-10-12 (木) 02:10:39
    • 5月ごろにそんな話をしてたなあ(目逸らし)やった方がいいとは思いますが大規模になりそうですねえ -- 2017-10-12 (木) 02:13:00
  • 妖怪の枠はつくらないんですか? -- 2017-10-27 (金) 04:04:00
  • 説明文をやたらと体言止めに変えたがる人は、何を意図しているのだろう。 -- 2017-11-01 (水) 14:30:21
    • そんなことあった? -- 2017-11-01 (水) 15:13:58
      • ログ見たけどそれっぽい変更は見当たらんね。言い切りバリエーション目的で体言止めにしたいって気持ちはよく分かる……そればっかりでも読みにくいが。 -- 2017-11-01 (水) 17:47:26
    • 体言止めいいと思うよ -- 2017-11-01 (水) 17:39:20
  • みんなだいすき魔法使い兜のドット追加。ドットって前の人も根性切り抜きしてたんだろうか -- 2017-11-04 (土) 20:21:57
    • あの魔法使い兜の攻撃って第二回武器イベから物理防御有効になったんでしたっけ。もしそうなら解説文を変えないといけないですね。 -- 2017-11-08 (水) 15:49:35
      • データ更新で元に戻ってる -- 2017-11-08 (水) 16:03:14
  • 「天狗」のドットを更新。ここもまた更新せんとのう。 -- 2017-12-02 (土) 23:13:21
  • 大型兜の現実の人物情報に、城プロでの性格や特徴を入れようかなと思い叩き台作ってみたんですが、どうでしょうか?入れて良さそうなら加筆修正大歓迎です。 -- 卒論兜だった人? 2017-10-20 (金) 23:25:17
    • 今更だけど、石田三成の記述がないね。 -- 2017-12-27 (水) 12:45:39
      • 無いというのはどの部分? -- 2017-12-27 (水) 13:05:56
      • 木主です、恐らく三成の「城プロでは…」の記述以降が書かれてないことを指しているのかと…加筆したいのですが、当時はその時の三成の性格が上手く書けず、今は多忙で編集自体も滞り…鬼形とか加えたいんですけどねぇ。 -- 2017-12-27 (水) 14:50:52
  • 長宗我部元親の現実の人物情報だけど、「信長は元親を「鳥無き島の蝙蝠」と評したという逸話があるように、元親をあまり評価していなかった。」とあるが、「鳥無き島の蝙蝠」というあだ名は江戸中期の『土佐物語』に出てくるものだし、元親の息子(信親)に信の一字と、左文字の銘刀と名馬を与えているのに「あまり評価していなかった」ってことはないよね? -- 2018-02-01 (木) 01:21:03
    • 土佐物語とか信憑性ゼロの軍記物ですやん・・・。三国志演義と同レベルの「歴史を元にしたフィクション」だぞ -- 2018-02-01 (木) 01:36:36
      • 不当なsageだと思うし、修正してもいいですかねえ……。 -- 木主 2018-02-01 (木) 01:54:25
    • 史実解釈は別にして、ゲーム中の岡豊のセリフに「鳥なき島の蝙蝠じゃないもん!」というものがあります。このゲームの中では少なくとも岡豊自身が「鳥なき島の蝙蝠」に対する世間での解釈を気にしているという設定にはなってるんじゃないかな。 -- 2018-02-01 (木) 02:30:20
    • 修正したぞ -- s 2018-02-01 (木) 03:16:32
      • 「鳥無き島の蝙蝠」の異名があることは残しておいていいと思う。あとで修正していい?(できれば織田との関係はそこまで険悪ではなかったことにも触れたいが、そこまではいいや。対立したのは間違ってないし) -- 木主 2018-02-01 (木) 08:35:13
      • はい、どんどん修正してください -- 2018-02-01 (木) 08:37:17
      • こんなとこかの -- s 2018-02-01 (木) 10:20:11
      • 「鳥無き島の蝙蝠」は異名じゃなくて、誹謗なんじゃないか?明らかにバカにしているニュアンスで、長曾我部は大したことないヤツなんだなって周りに思わせる印象操作な表現だし。その証拠に岡豊城も嫌がってるしね。 -- 2018-02-01 (木) 10:35:37
      • こうかね。何か、これなら最初のも消す必要なかったのかも。不当なsageというのは伝わりますかね -- s 2018-02-01 (木) 11:04:12
      • 修正してくれと言ってるんじゃなくて、修正していいか?と聞いてるんだけど……。信憑性が低いとかも書かずに出展だけ明記しておけばいい気もする。 -- 木主 2018-02-01 (木) 12:33:18
      • 修正していいか?なら、していいじゃん、自由に編集できるwikiなんだし。信憑性云々は消しといた -- s 2018-02-01 (木) 12:39:21
      • 妥当性のある指摘か確認したいので、もう少しコミュニケーション取ってください。 -- 木主 2018-02-01 (木) 12:42:01
      • では今後の修正はお任しますね。良いようにやってくだされ -- s 2018-02-01 (木) 12:44:04
      • 誹謗は意味合いが限定的で少しヘイトの強い表現な気がしたので、家臣弄りが好きな信長さんの癖らしく揶揄にしてみました。 -- 2018-02-01 (木) 16:31:10
      • 土佐物語ってただの軍記物だし、大鬼とか出てきちゃうし、そもそも書かれたの江戸時代だし、信憑性低いってのは確かだから書いといた方が誤解が無いと思うけどなぁ。信長公記とかの史書系にある記述じゃない訳だし。 -- 2018-02-01 (木) 18:51:08
      • そういうニュアンスに読ませるための文章だけどこの文章で本当に誤解する人がいて何か問題になるのなら本家wikiとかでも使ってるような直接表現だしまあ強く反対する理由もないかな。まあ岡豊の方のページでは割と見下し表現なのでwikiとしての齟齬があまり生まれないようそっちとの擦り合わせも意識した方がいいとは思うけど。 -- 2018-02-01 (木) 18:59:32
      • ↑3 相手を下に見ていると言うよりは、徳川にせよ浅井にせよ松永にせよ、同盟相手なのに家臣扱いしているというイメージが強いですしね。(松永は実際そののち家臣にしてるけど) まあ今の表現ならさっくりまとまってて問題はないかと思います。 -- 木主 2018-02-01 (木) 20:03:43
    • 個人的にそういうことを聞くと『敵としては恐れるほどではないが配下としてならそれなりに』って感じなイメージが浮かぶ(´・ω・`) -- 2018-02-01 (木) 10:36:33
    • たとえば反論として、「元親をあまり評価していなかったから、四国切り取り次第を赦したんじゃないのか?」「原則として一次史料でなければ信憑性を疑うべきことを明記すべき」など考えられる。少なくとも「鳥無き島の蝙蝠」を信長が元親をあまり評価していなかったことの論拠にするのは誤りだが、どう直すかは一考の余地がある。ということで、質問しています。 -- 木主 2018-02-01 (木) 12:56:36
  • 画像なしなのもさみしいしSSから切り取りでよければ画像追加していこうと思うんだけど、添付先って別にこのページでもいいんだよね?ほとんどの既存ファイルはの方にあるみたいだけど、そっちじゃないといけない理由が何かあるんだろうか。 -- 2018-01-24 (水) 13:17:49
    • 兜ページのアイデンティティなんじゃない? -- 2018-01-24 (水) 17:17:27
      • 一部兜みたいに、名前の所に画像のURLを埋めてしまったらページの圧縮になるのかな。いちいち展開して見るのが嫌、ページ開いたときに画像がバッと出た方が良い人もいるだろうから即変えるってのは難しいけど。 -- 2018-02-01 (木) 15:36:44
    • んー、確たる理由は分からないままだけど、分散しても分かりにくいでしょうし先人に則って追加するときは兜の方にしておきます。 -- 2018-02-01 (木) 17:12:23
  • 一先ず現実の人物情報に「柴田勝家」追加。関連城娘はもう少しあると思うけど、あとで調べる。 -- 2018-02-21 (水) 00:30:10 New
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS