Top > オラヴィ城

オラヴィ城
HTML ConvertTime 0.039 sec.

現実の城情報 Edit

『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する竜王の城のモデルとされる城。オラヴィンリンナとも呼ばれ、ノルウェーの守護聖人となったオーラヴ2世にちなんだ、「聖オーラヴの城」を意味する。
ノヴゴロド公国からスウェーデン東部国境地帯を守るため、1475年にスウェーデンの摂政でヴィープリ城督でもあるエリク・アクセルソン・トットによって、サイマー湖の島の上に築城が開始され、1490年代に完成した。
オラヴィ城はモスクワ大公国との戦争中の1495年から断続的に包囲されるもののいずれも撃退した。
18世紀にロシア皇帝ピョートル大帝により攻め落とされたが、スウェーデンが奪還戦を仕掛けるとより堅牢な造りへと改修が続けられ、ロシアとスウェーデンの境界地帯を抑える城として重要な役割を果たした。

所在地フィンランド、南サヴォ県サヴォンリンナ郡サヴォンリンナ
現存状態城塔、城壁など
城郭構造水城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White