Top > 二俣城

二俣城
HTML ConvertTime 0.049 sec.

現実の城情報 Edit

遠江の要衝を押さえた城として、今川氏と斯波氏、武田氏と徳川氏が争奪戦を繰り広げた城。
今川氏は足利氏将軍家の一門・吉良氏の分家にあたり、足利氏宗家と将軍職の継承権を有する名門で、駿河と遠江の守護を兼ねていたが、室町幕府三管領家の筆頭・斯波氏が応永12年(1405年)に遠江の守護となると、遠江は斯波氏の領国となった。
以来、今川氏は遠江の奪還を悲願とし、今川義親が駿河への侵攻を本格化させ、今川氏に属した二俣昌長が今川氏の拠点として笹岡古城を築いたのが二俣城の始まりとされる。


所在地静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
現存状態堀、土塁、石垣など
城郭構造連郭式山城

コメント Edit

No comment. Comments/二俣城? 

Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White