Top > 三沢城

三沢城
HTML ConvertTime 0.050 sec.

現実の城情報 Edit

三沢城(みざわじょう)は島根県仁多郡奥出雲町(出雲国仁多郡)にあった山城で、尼子十旗の一つとしても数えられた。鴨倉城とも呼ばれる。
標高418メートルの要害山を利用して築かれ、頂上付近には堀切で区切られた2つの郭が存在し、そこから尾根筋に多くの小郭が存在している。
城主三沢氏は清和源氏木曾義仲の末裔とも、清和源氏満快流飯島氏の流れともされ、三沢為光が承久の乱の戦功によって当地の地頭職を得、その子孫三沢為長が鎌倉末期に土着、嘉元3年(1305年)に要害山に城を築いた。
三沢氏はここを拠点に周辺の製鉄業や山林資源をおさえ、出雲の有力国人として成長していったと見られている。


所在地島根県仁多郡奥出雲町三沢
現存状態石垣、堀切、井戸跡
城郭構造山城

コメント Edit

No comment. Comments/三沢城? 

Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White