Top > 大宰府

大宰府
HTML ConvertTime 0.106 sec.

現実の城情報 Edit

大宰府とは軍事機能の一端を担い、かつ西海道全体を統轄した当時としては最大規模の国府(地方官衙)で、土塀・土塁や濠はもちろんのこと、守護のため兵士も常駐していた*1
初期は堀立柱建物や柵を巡らせた簡単なもので、平城京と同様の朝堂院形式の建物へと大きく改築されたのは8世紀ごろのようだ。とくに写真資料で見かける大宰府政庁復元模型は10世紀ごろの姿を現している。
遠の朝廷(とおのみかど)と称される大宰府の歴史は古く、宣化天皇元年(536年)、博多の那津に官家を修造して有事に備えた那津官家(なのつみやけ)に軍事上の起源を求める向きがある。
文献上初めて姿を現すのは『日本書紀』で、推古天皇17年(609年)に大宰府の前身である筑紫大宰(つくしたいさい)が百済僧の肥後国葦北漂着を報告したとある。
大宰府自体の防衛力は去ることながら、周りの支城・防壁の存在によって「羅城」と化し、外交、防衛が増した。攻め込まれたとしても逃亡先の大野城で籠城戦ができるようあらかじめ備蓄を行っている点も特色だろう。
建物上の変化は大きく分けて3期あり、下段の各期城郭構造にて詳らかにしてゆく。さらに、大宰府ゆかりの人物や事象も別枠を設け説明してゆくので、そちらを参考にしていただきたい。


所在地福岡県太宰府市観世音寺4
現存状態土塁、礎石、門跡(堀立柱跡)
城郭構造国府



コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 大宰府防衛の為に大野城、基肄城があり最前線に水城があったんだよな。古い地図みると面白い、計略は国防結界水城とか防人の勲とか防御系ががいいなぁ。大野ジョ-っていうキャラいるからコラボもいいかもね -- 2017-11-10 (金) 02:43:05
  • 西の多賀城的な存在かの -- 2017-11-10 (金) 09:48:48
    • そんな感じですね。規模や重要性は海外(唐・新羅)との緊迫状態の中、貿易をしなければならない大宰府のほうが大きかったみたいです。白村江の戦いからたった2~3年くらいですでに貿易再開していますから、複雑化した関係性があったのか、単純に敵が新羅になっただけなのか。緊張感をもって貿易はしていたみたいですね。 -- 2017-11-10 (金) 10:59:28
      • 多くのアジアの国々が唐に対して形だけとはいえ臣下の礼をとって、リターンが大きい朝貢貿易してたわけだから、その臣下の国を曲がりなりにも名主たる唐の断りもなしに攻め込んだ日にはどうなるのかってことぐらいは臣下の国同士といえども分かっていたと思う。そこが唐の描く世界支配と世界平和への道だったわけだけれど、当時の日ノ本もそこんとこよくわかってたから出来たことなのよね。勢力や陣営が変わろうとも、今も昔もそういう構図は変わらんよ。 -- 2017-11-10 (金) 11:52:38
  • 改めて見ると、これはイカンなー。自分で書いてて穿った見方・偏った内容が目立つのでちょっと修正します。もうちょっと無機質に記事構成を持っていくべきでしたわ。 -- 神籠石の人? 2017-11-10 (金) 12:23:43
    • 楽しみにしてます! -- 2017-11-10 (金) 12:29:32
      • 楽しみにしていただき、恐縮です。結局、一部怪しい(というか史観の曲がった)資料を抜いて、記事をまとめて、注釈を増やすだけとなりました。こんな感じですかね。荒金(古田武彦氏支持派の方)さんとかも面白い主張をされているんですが、それ載せちゃうとかなり胡散臭い記事になるので、やめました。 -- 2017-11-10 (金) 15:37:32
    • ここも神籠石の人によるものでしたか!どうりで詳細な解説が随所に・・・、新しい文章も良い語り口調ですね、スッと入ってきます -- 2017-11-10 (金) 12:55:31
      • 悔しいことにこと大宰府に関しては片手落ちだった。自分とは反対の意見や主張に温情をかけるあまりに被虐史観の色が強まってしまった。これはイカンっすね。大陸からの建築技術や瓦の様相の輸入が強くあるのに、なんだか新羅高句麗万歳みたいな内容になってました。 -- 2017-11-10 (金) 13:01:29
  • 元寇の時なんかもやっぱり重要拠点だったんですかね。あまり詳しくなくて、ここで聞いちゃうんだけど -- 2017-11-10 (金) 12:39:07
    • 香椎宮から柑子岳まで全長20キロの防塁が張られました。まあ、全長とは言え上陸しやすい部分だけ石塁を積んだものなんですけど。蒙古勢が上陸するにあたり、丁度いい場所がこの福岡だったと思われます。ちょうど志賀島とかは陣を構えるにぴったりの島ですし。 -- 2017-11-10 (金) 12:50:40
  • 韓衣 裾に取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして
    これは白村江の戦いで負けて主力だった九州の男が捕虜になり防衛が手薄になった為に各地(本州)から徴兵された人がよんだ歌らしい
    ふざけるな捕虜のほうが悲惨だろうと思うが現在の多様性はその時の権力者のおかげです。 -- 2017-11-11 (土) 03:15:16
    • 部下が身を売ってその金で帰ってこれたみたいね。 -- 2017-11-11 (土) 08:44:30
  • 水城の築城に当たっては半島経由の大陸の技術を導入し当時の最先端の技術で築かれたものと推定され、大野城や基肄城は百済の亡命貴族に命じて作らせた朝鮮式山城であった。
    また、山や川に囲まれた都市を城壁で塞ぐという防衛思想は中国の建康城(現南京)や百済の泗沘羅城との類似性も指摘されている。
    が両者の平野部の城壁が竹柵や高さ1~2Mの土塁であり、防衛のためで無く境界を示すためにあったのではと指摘されていることに対し、大宰府の水城は高さ9M、巾は底部で40M上部で25Mと巨大であり、また巾25~40Mの水壕をも備えた本格的な防衛城壁として築かれた点に大きな違いがある。 -- 2017-11-11 (土) 07:37:23
    • これは本文に載せなくていいの?草稿? -- 2017-11-11 (土) 07:45:47
      • 大野城と基肄城は水城を前提とした朝鮮式山城です
        太宰府は国府なのでちょっと違う
        選手と監督みたいな感じですたい -- 2017-11-14 (火) 03:12:44
  • 編集頑張ってる殿には申し訳ないが、正直な話として歴史も城も中高の授業、一般教養レベルの俺殿からするとこのページの城情報は何が何だが分からないぞ -- 2017-11-12 (日) 01:41:24
    • 私がこのページを作成したときには、「そもそも城なのか?」と言われると思ったので、城と言える根拠を簡略的にまとめたつもりだったけど、その文章が折り畳みの方に押し込まれてるし、概略と詳細で分けた方が良いのかなと思います。 -- 城郭史全般の人? 2017-11-12 (日) 02:20:06
      • そういうのってある程度知識ある人には重要だとは思うんだけど、申し訳ないけど全くのパンピーからするとどうでもいいんだよね。そもそも何処にあるのか、誰が作ったのか、いつ作られていつまで使われたのか、みたいな基本的な情報は最初にあるべきだし、少なくとも折り畳まれない部分はこれだけでいいと思うんだ。個人的にはウィンザー城の現在の城情報辺りが簡潔で分かりやすくて、正に概要って感じで正解に近いと思う -- 木主 2017-11-12 (日) 02:45:07
      • まぁ結局は見る人間の知識レベルを何処に合わせるかだと思うんだ。俺殿みたいな名前も聞いたこと無いよってレベルに合わせるか、ある程度知識ある殿のレベルに合わせるか、という全く知識無い殿から意見でした -- 木主 2017-11-12 (日) 02:54:06
      • まあ、ゲームで実装されてから考えればいいんじゃね。今の段階でここ見に来る人ってよっぽどの城好きしkいないだろうし -- 2017-11-12 (日) 05:37:25
      • 現実の城情報の編集に関しては編集会議室vol.3で議論が交わされ「5~6行は本文でOK」になったから、一度目を通して納得できなければ再度提起した方が良いかもね。このページに留まらずこれまでや今後にも通じる話だし。 -- 2017-11-12 (日) 05:55:01
      • あと「専門的な知識がないと読解できない記述は詳しく説明するか、避けるようにしましょう。」ってガイドラインがあるけど、現実の城情報内の記述に関しては上記の文章制限の兼ね合いもあってか割と説明が省かれている語句はあるように思う。指摘のように「専門的な知識がないと読解できない記述」とはどのレベルを指すのか、義務教育レベルか、義務教育内でも教材に1文字でも載ってればOKなのか小テストで出題される程度なのかっていうのも個人差あるんだろうしね。 -- 2017-11-12 (日) 06:04:00
      • 例えば上の「土塁は古代の土木技法「版築」を用いたり尾根を切り出したりして築かれており、大宰府を守った古代の城である水城の土塁と同じく、上成土塁と下成土塁の二段構造となっていた。」って文章なら、このままでいいのか、もっと噛み砕く方がいいのか、どうなんでしょ -- 2017-11-12 (日) 06:25:28
      • より多くの読み手に配慮するに越したことはないけれど、それすらも強制ではない旨もガイドラインには同時に記されてるので、現状の答えとしては「理解できない人がいるなら噛み砕いた方がいいけど別にこのままでもいい」ということになり、編集者次第である事には変わりないかな。 -- 2017-11-12 (日) 07:11:39
      • 名前付き編集者は3人いるからその人らにはどっかで見かけた時に言ったらいいけど、そうでない編集者もいるだろうし、理解できない文章があればその都度コメ欄に書き込んで文章を考え直すよう頼んだらいいかな -- 2017-11-12 (日) 07:16:13
      • 簡潔な文章にまとめたほうがいいと言うのは同意するけど、大宰府に対する並々ならぬ熱意は感じるし、本採用の城ではないから、まぁあんまりうるさいことは言いたくないって感じかな。現実の城情報とかゲームをやってるユーザーには一番どうでもいい情報だからほどほどにね、とも思う。個人的には非実装の城は歴史知識の披露じゃなくて、運営やユーザーがそれを見て実装したい、して欲しいと思えるような文章にすべきだと思うけどね。 -- 2017-11-12 (日) 08:08:17
      • 「そもそも城なのか」は城郭関連の資料に出てくるので、なんも考えず肉付けしてました(全部じゃないっすけど)。版築については注釈つけましょうかね。もうちょっと分かりやすく面白い記事が書ければ良いんですけど、ちょっとがんばります。 -- 神籠石の人? 2017-11-12 (日) 08:12:55
      • 葉9 指摘だけじゃ受け取り方が人それぞれになってしまうし、まだ書かれていない城のページで、運営やユーザーが実装したいしてほしいと思えるような文章の見本を書いていただけたらなー、と。お手本があれば自分の文章との対比で改善点も見えてきさすし、お願いしてもいいでしょうか? -- 2017-11-12 (日) 08:20:10
      • ↑一筋縄ではいかないでしょうが、やってみますね。がんばります。 -- 神籠石の人? 2017-11-12 (日) 08:58:42
      • この項目に関する例文に書けるけど、言ってる趣旨からすると他の城にでも通用する普遍的な例文書けと言われてる気がするけど。そんなの無理だとしか言いようが無いけど。そ書く人の個性や城の個性がでるし、それこそ受け取る人によってどうとでも解釈できてしまうから。要するに、城のアピールポイント(魅力や実装に相応しいポイント)を明確にうちだすたらいいんじゅないってこと。大宰府の場合は事情が違って知名度は抜群だからアピールの必要はない。むしろ歴史に詳しい人以外は城なの??と思ってるから、城なんだよ、ということをアピールする必要があるんじゃないって感じかな -- 2017-11-12 (日) 09:04:58
      • 結局は書く人次第ですね、わかりました。新しい城情報ページができたら、その都度指摘してくださるとありがたいです、よろしくお願いします -- 2017-11-12 (日) 09:17:50
      • ちなみに、↑↑の方が書いた城情報のページはあるでしょうか?できたら参考にしたいなと思いまして -- 2017-11-12 (日) 09:19:26
      • ↑3。いや、歴史に詳しい人以外、つまり大宰府について何も知らん人にとって重要なのは、城かどうかじゃなくて、どこにあってだれがいつ作ったのかっていう概要だろう。柴犬の事知らない人間に説明するんだったら、いきなりパグとの違いを説明するんじゃなくて最初はどんな大きさで何色かみたいな柴犬の概要を説明するでしょって話 -- 2017-11-12 (日) 09:24:57
      • 簡潔でわかりやすい例えです。書く側としてももちろん常々気をつけてはいますが、至らない部分があれば指摘いただけると幸いです -- イギリス城の人? 2017-11-12 (Sun) 16:27:23
  • 小水城と水城の機能の違いとかがわかるとおもしろいよね
    菅原の道真(天神様)が政争に負けて、右大臣という高い地位だったからこそ大宰府以外に左遷となった事とか政治、防衛、外交の重要性の記述があればいいな -- 2017-11-13 (月) 02:32:14
    • 大宰府以外でなく大宰府しか選択肢がなかったです。すみません -- 2017-11-13 (月) 02:39:21
    • キャラゲとしての性格を考えると道真要素は間違いなく入るから人物評とか面白エピソード盛り込めばゲームに登場する上でのキャラの武器やデザインや性格や計略や特技など上の人が言うような「運営が実装したくなる(しやすくなる)」「ユーザーが実装して欲しくなる」記事度は上がるかもしれないね。 -- 2017-11-13 (月) 03:26:02
      • 東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

歌から滲み出る執着心がすごい流石は日本三大恩怨霊の筆頭候補

実装時は防衛特化、周辺配慮でおねがいしまっする -- 2017-11-14 (火) 03:04:05

  • 大宰府政庁跡横に資料館があるんですが、そこの職員さんにも話を聞いたり、資料を貸してもらったり、年表や模型を拝見して記事を修正加筆しました。菅原道真の記事は太宰府検定参考書をもとに作成してます。結構入れ込んだつもりではありますが、不足点は気づき次第また修正・加筆します。 -- 神籠石の人? 2017-11-18 (土) 00:29:38 New
    • 素晴らしい記述です、かなり情報が充実してきましたね!これでいつ実装されても大丈夫ということで、早期の実装を期待したいところです -- 2017-11-18 (土) 02:04:40 New
  • 記事人物一覧、菅原道真の記事はいいねボタンがあれば押したい
    牛が止まったとされる場所に石像あるよ
    福岡は歴史観光物が残ってないのでこの論評は嬉しい
    太平洋戦争で焼け、西南戦争に巻き込まれ、2度の朝鮮出兵の基地となり
    応仁の乱では防衛線、2度の元寇では生贄にされ、白村江の戦いでは酷い目にあった
    そりゃ太宰府防衛はあたりまえさ -- 2017-11-19 (日) 03:08:05 New!
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 九州歴史資料館の松川博一氏は『類聚三代格』(平安時代に書かれた法令書)をもとに、大宰府守護の兵士のほか、そこに勤める九州各国の役人を護衛するための兵も私的に使役していただろうと指弾している。
*2 天神山土塁、大土居土塁、上大利土塁を指す。通常の水城の規模が小さくなったものと考えて差し支えない。
*3 錦江を天然の要害とし、政庁やや下中央に錦城山城、北に扶蘇山城・青山城・北羅城、西に西羅城2つ、川を挟んだ西側奥に浮山城、東に青馬山城・東羅城、南に南羅城を抱きかかえていたようだ。その他、土塁で政庁を囲んでおり、その構造を「羅城」と呼ぶ。
*4 因みに「衙」の意味と漢字は古来中国から来た言葉であるが、本来地方行政ではなく、もともと「官邸」の意味であったとされる。『新唐書』(単に『唐書』ともいう)にも「天子の居、衙と曰う」と確かに記載が残っている。
*5 下成土塁…土台となる低めで長大な土塁。上成土塁…下成土塁の上に堆く盛る土塁のこと。
*6 『天神縁起絵巻』に葬送の様子が描かれている。