Top > 額田城

額田城
HTML ConvertTime 0.065 sec.

現実の城情報 Edit

鎌倉時代から戦国時代を通じて額田氏の居城となった、茨城県北では最大級の巨大城郭。
額田氏には3つの系統があり、建長年間(1249~1256年)に常陸源氏の名門である佐竹氏の5代当主・義重の次男の義直が分家して佐竹系額田氏が成立し、額田城を築いて10代約170年の居城とした。
額田城は肥沃な額田郷を流れる久慈川の右岸、標高29メートルの台地上に築かれ、台地の南縁に沿って曲輪が展開し、南側には有ヶ池が天然の水掘となった。
主郭部は堀や土塁で区切られた本丸・二の丸・三の丸・阿弥陀寺の曲輪からなり、特に本丸と二の丸の間の空堀は幅21メートル、深さ9メートルという巨大なもので、また土塁は蛇行しながら複雑に絡み合い、横矢掛けが要所に設けられた。
これらの主郭部を取り巻くように長大な土塁が囲い込んで外郭を形成し、内部には城下町が広がる総構として機能していた。


所在地茨城県那珂市額田
現存状態土塁、堀など
城郭構造平山城

コメント Edit

No comment. Comments/額田城? 

Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White