Top > 城塞都市カイロ

城塞都市カイロ
HTML ConvertTime 0.066 sec.

現実の城情報 Edit

中世イスラーム世界の中心地として繁栄した都市で、「勝利の都」を意味する。
909年、アッバース朝に対抗する過激シーア派の一派イスマーイール派がウバイド・アッラーフをカリフに推戴してファーティマ朝を建国し、第4代カリフのムイッズの時代の969年にエジプトを征服した。
ムイッズが派遣した将軍ジャウハルはエジプトの州都フスタートに入城し、そこから北に約3キロメートルの場所を軍の駐屯地とし、カリフのための宮殿都市を建設した。この都市は最初「勝利の都」を意味するマンスリーヤと呼ばれたが、その後同じく「勝利の都」を意味するカーヒラ(カイロ)と呼ばれるようになる。
カイロは東西約1100メートル、南北約1150メートルで、中央部のアズハル・モスクの北に東大宮殿が置かれ、第5代カリフのアズィーズの時代に西小宮殿が建設された。北端のフトゥーフ門からは南北にムイッズ通りが伸び、南端のズワイラ門では反逆者や罪人の処刑が行われた。
当初のカイロはカリフと軍隊だけが住む小さな都城で軍事・行政の中心地としての機能を持つのみにとどまり、商業・経済の中心地はフスタートが持っていた。しかし1047年にカイロを訪れたイラン人のナースィル・ホスローは著書『旅行記』で、市街地化が進み多くの人でにぎわうカイロの繁栄を記している。
またアッバース朝の弱体化に伴いバグダードの繁栄も衰え、東西の交易ルートがペルシア湾岸ルートから紅海ルートに転換していったこともあり、イスラーム世界の中心地はバグダードからカイロへと移ることとなった。


所在地エジプト、カイロ県カイロ
現存状態城壁、城門、モスクなど
城郭構造城塞都市

コメント Edit

No comment. Comments/城塞都市カイロ? 

Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White