Top > 八代城

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
八代城
HTML ConvertTime 0.041 sec.

現実の城情報 Edit

肥後熊本藩の本城・熊本城の支城として一国一城令下で例外的に認められ、熊本城とともに一国二城体制をとった城。
「八代城」と呼ばれる城は歴史上3つあり、現在の八代城はその3つ目にあたる松江城となっている。
肥後は古くから北の熊本平野と南の八代平野が二大中心地となって発展し、1つ目の八代城は建武2年(1335年)に名和義高が一族の内河義真に築かせた城で、古麓城と呼ばれる。
2つ目の八代城は天正16年(1588年)に肥後半国の領主となった小西行長が、重臣の小西行重に宇土城の支城として球磨川河口の三角州に築かせた麦島城で、古麓城は廃城となった。
関ヶ原の戦い後に肥後一国の領主となった加藤清正は麦島城を熊本城の支城とし、元和元年(1615年)に一国一城令が発布されてからも所有を認められたが、元和5年(1619年)の大地震によって麦島城は倒壊し、3つ目の八代城が築かれることになる。


所在地熊本県八代市
現存状態天守台、石垣、堀など
城郭構造輪郭式平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/八代城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White