Top > スクーン宮殿

スクーン宮殿
HTML ConvertTime 0.057 sec.

現実の城情報 Edit

スコットランド王国の前身アルバ王国時代からの古都。歴代スコットランド王が「スクーンの石」の上で戴冠式を挙げた土地に建つ宮殿である。
ただし、スクーンにあった歴史上の宮殿と現代建っているスクーン宮殿は同じものではない。
現在の宮殿は元の宮殿が失われたのちにマンスフィールド伯爵の居館として建設されたものである。


パース地域は「スコットランドの心臓」とも呼ばれる重要な交通の拠点であり、12世紀にはスクーンはスコットランドの首都の一つだった。
都の一つだった、というのは当時の王は定期的に国内の城を移動しており、そのたびに宮廷も丸ごと移動していたからである。
エディンバラ城スターリング城をはじめ、そのほかリンリスゴーなど王家所有の城も同様に王がいるときのみ王宮として用いられていた。


所在地スコットランド、パース・アンド・キンロス、パース
現存状態現存
城郭構造宮殿

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • スクーンと聞いて、真っ先にアイレムの潜水艦STGを連想した自分はおっさん。 -- 2017-12-23 (土) 21:19:08
  • イギリス城執筆が加速している -- 2017-12-23 (土) 23:10:30
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 町や村の中心部、市場が開かれていた場所に立てられた石造りの十字架のモニュメント