Top > 諏訪原城

諏訪原城
HTML ConvertTime 0.040 sec.

現実の城情報 Edit

今川氏滅亡後、駿河国を領した武田氏が徳川氏の領土となった遠江国を攻めるため、天正元年(1573年)に築いた出城。
諏訪原城は牧之原台地の北端に築かれ、南を通る東海道が菊川から牧ノ原へと抜ける地点を押さえる要衝で、武田氏が遠江の最重要拠点とした高天神城への補給路を確保する重要拠点でもあった。
天正3年(1575年)、長篠の戦いで織田・徳川連合軍が武田氏を破ると徳川家康は武田氏に対し逆襲に転じ、約一ヶ月に渡る籠城戦の末に城兵は田中城へと逃亡し、諏訪原城は落城した。


所在地静岡県島田市金谷
現存状態丸馬出、三日月堀、土塁など
城郭構造山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 門だけ復元されてます。 -- 2018-01-01 (月) 09:54:00
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White