Top > 櫛崎城

櫛崎城
HTML ConvertTime 0.035 sec.

現実の城情報 Edit

江戸時代に長門・周防二ヶ国を支配した長州藩毛利氏に属する三支藩の筆頭・長府藩の藩庁。
天慶3年(940年)に藤原純友の配下・稲村平六景家がこの地を支配していたとされるが詳細は不明で、鎌倉時代には蒙古襲来の際に敵兵の首を海岸に埋めたことから「首崎」と呼ばれ、そこから「櫛崎」「串崎」の地名になったという。
戦国時代には大内氏・毛利氏に仕え、長門守護代を務めた内藤隆春が櫛崎城を築城した。
現在の下関市の南部、周防灘に突出する半島の高台に築かれ、馬関海峡を押さえる要衝の城だった。


所在地山口県下関市長府宮崎町
現存状態石垣など
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/櫛崎城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。