Top > 平島館

平島館
HTML ConvertTime 0.062 sec.

現実の城情報 Edit

平島館(ひらしまやかた)は足利将軍家の庶流平島公方代々の居館である。
室町幕府の名門細川京兆家の内訌(永正の錯乱・両細川の乱)において、細川晴元は将軍足利義晴を手元におく細川高国に対抗するため、阿波守護家の庇護下で育った将軍義晴の弟(平島公方家の伝承では兄)足利義維を擁立した。
しかし、高国を京から追い払った晴元が将軍義晴と和解する一方、義維を後見していた三好元長が晴元と対立するようになると、天文元年(1532年)三好元長は堺で自刃、義維も自害しようとするも晴元に制止された。
義綱はその後義冬と名を変え、阿波守護細川持隆に迎えられ阿波に戻り、天文3年(1534年)に足利将軍家と縁の深い天龍寺の荘園平島荘に居館を構えた。これ以降義冬の流れは平島公方と呼ばれるようになった。


所在地徳島県阿南市那賀川町古津字居
現存状態特になし(阿南市立阿波公方・民俗資料館)
城郭構造居館

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/平島館? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White