Top > 米子城

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
米子城
HTML ConvertTime 0.039 sec.

現実の城情報 Edit

応仁・文明年間(1467年~1487年)頃、山名宗之が飯山に砦を築いたのが始まりとされる。
天正19年(1591年)、吉川広家が月山富田城に代わる居城として、湊山に新城を築き始めると飯山は出丸として利用された。
四重天守もこの頃建てられたが、中村一忠が四重五階の望楼型天守を築くと、四重櫓として利用されるようになったという。
外堀には海水を引き入れていたために水城としての側面も持つ。
一忠が若年にして急死すると、代わって加藤貞泰が入るも大洲藩に転封となったが、池田氏の家老・荒尾氏が城代となると明治維新まで続いた。


所在地鳥取県米子市久米町
現存状態天守台、曲輪、石垣
城郭構造平山城(水城)

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/米子城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White