Top > シャンボール城

シャンボール城
HTML ConvertTime 0.033 sec.

現実の城情報 Edit

ロワール渓谷の古城のなかでも最大規模を誇り、フレンチ・ルネサンス様式の最高傑作とも評される城。
1519年にフランス王フランソワ1世の狩猟用邸宅として築かれたのが始まりで、ルネサンスを保護したフランソワはレオナルド・ダ・ヴィンチとも親交があり、シャンボール城の二重螺旋階段はダ・ヴィンチによる設計とも言われる。
フランソワの居城はブロワ城とアンボワーズ城であったため、シャンボール城には狩猟の際に訪れるのみで、その死後は荒廃した。
城が完成したのはルイ14世太陽王の時代で、その後も王侯貴族が所有して放棄・修復が繰り返されたのち、1930年にフランス政府の所有となった。
1981年には「シャンボールの城と領地」として単独で世界遺産に登録され、2000年に世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれるようになり、その代表的な名城として多くの観光客を集めている。

所在地フランス、ロワール=エ=シェール県シャンボール
現存状態現存
城郭構造平城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • よくフリー写真で見かける御城だな。 -- 2017-10-02 (月) 21:09:32
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。