Top > 菅谷館

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
菅谷館
HTML ConvertTime 0.056 sec.

現実の城情報 Edit

源頼朝の忠臣として鎌倉幕府の創立に貢献し、「坂東武士の鑑」と称された有力御家人・畠山重忠の居館。
畠山氏は坂東八平氏の一つ・秩父平氏の一族で、その最盛期を築いた重忠は武蔵大里郡畠山荘から菅谷の地に移り居館を構えた。
菅谷館は比企丘陵のほぼ中央、都幾川左岸の断崖上に位置し、館の東側を鎌倉街道が通る要衝の地に築かれた。
菅谷の地名はスゲが生い茂る原に谷津が入り組んだ地形に由来するとされ、その名の通り菅谷館は東西を河川が形成した谷に守られ、北側は湿地帯、南側は都幾川の断崖と、自然地形を巧みに活かした天然の要害だった。


所在地埼玉県比企郡嵐山町
現存状態堀、土塁など
城郭構造平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/菅谷館? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White