Top > 望月城

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
望月城
HTML ConvertTime 0.041 sec.

現実の城情報 Edit

中先代の乱(1335年)により天神城が落城したのち、謡曲『望月』では「信濃の国に隠れもなき大名」と評される豪族・望月氏が新たに築城したといわれる山城。
望月氏の始まりは平安時代初期まで遡り、清少納言の『枕草子』にもみられる貢馬「望月の駒」を最も多く朝廷に献上したことから、滋野氏の一族に望月姓が与えられたとされる。
また、望月氏が信濃十六牧の一つ・御牧の牧監として優れた馬を数多く有していたことは、『保元物語』や『源平盛衰記』にも記されている。
天文12年(1543年)には甲斐の武田信玄に攻められ、望月城も落城したことにより、望月氏は武田氏の支配下に入り、望月城も存続した。
しかし、望月城は武田氏が滅亡し、織田信長も本能寺の変にて斃れると天正壬午の乱の舞台となり、徳川軍の依田信蕃によって落城し、望月氏の嫡流も絶えたといわれている。


所在地長野県佐久市
現存状態曲輪、土塁、空堀、堀切
城郭構造山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 参考文献は何使いました? -- 2018-03-28 (水) 01:57:20
    • ネクロノミコンです -- 2018-03-28 (水) 07:40:07
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White