Top > 赤木城

【sWIKI】からのお知らせ
12日夕方ごろ、サーバーの応答が悪い状況が発生致しました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
赤木城
HTML ConvertTime 0.036 sec.

現実の城情報 Edit

築城の名手・藤堂高虎によって築かれ、奥熊野支配の拠点となった織豊系城郭。
天正13年(1585年)、豊臣秀吉による紀州征伐によて紀伊が平定され、秀吉の弟・秀長が紀伊を治めることとなった。
しかし在地勢力の抵抗は根強く紀伊の支配は難航し、翌年には奥熊野で北山一揆が発生した。
秀長は自ら出陣してこれを鎮圧し、藤堂高虎に命じて赤木城を築かせ、ここを拠点に奥熊野の支配を進めた。
そのなかで一揆勢の処罰も行われ、赤木城の西方に位置する田平子峠で斬首されたことから、「行ったら戻らぬ赤木の城へ、見捨てどころは田平子じゃ」と現地の村人が語り継ぐこととなる。


所在地三重県熊野市紀和町赤木
現存状態土塁、堀、石垣など
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/赤木城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White