Top > ブイヨン城

ブイヨン城
HTML ConvertTime 0.041 sec.

現実の城情報 Edit

第1回十字軍の指導者で、初代イェルサレム王(聖墳墓守護者)となったゴドフロワ・ド・ブイヨンの本拠地。
スモワ川が蛇行してできた半島部の岩山上に築かれ、川の両岸に睨みを利かせる一方で、入口には深い空堀が設けられた。
その好立地と優れた防御性から長らく要塞として用いられ、17世紀には稜堡式城郭を発展させ体系化したヴォーバンによって火砲に対応した要塞に改修され、18~19世紀になってもフランスやオランダの要塞として機能していた。
このようにブイヨン城は中世から近世近代に至る築城技術の発展を見ることのできる城であり、またベルギーで最も古く、保存状態が良い城のひとつでもある。

所在地ベルギー、リュクサンブール州ブイヨン
現存状態現存
城郭構造丘城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/ブイヨン城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS