Top > 磐城平城

磐城平城
HTML ConvertTime 0.040 sec.

現実の城情報 Edit

磐城平城(いわきたいらじょう)は福島県いわき市(陸奥国磐前郡)にあった平山城。龍が寝ている姿に似ていることから「龍ヶ城」、丹後沢にアヤメが多く咲いていたことから「あやめ城」の呼び名も存在する。
この一帯は元々岩城氏が治めており、飯野平と呼ばれる台地上に築かれた大館城を居城としていたが、上杉景勝討伐に参加しなかった岩城貞隆(佐竹義重の三男)は慶長7年(1602年)にその所領を没収された。
かわって徳川譜代である鳥居忠政が当地に入ると、飯野平と呼ばれていた地名を岩城のいわの字を改め磐城とし、磐城平藩となった。
翌年忠政はこれまでの大館城を破却して寺院地とし、飯野平の東の見物岡と呼ばれる台地先端部に、当地にあった飯野八幡宮を移設させた上で城郭の建設を開始。(これは幕府の命によるものとされ、伊達氏への備えを意識したものと考えられている。)
築城は領内の労力を駆り出した上で12年の長きに及んだものの、最終的に御三階櫓を本丸とする梯郭式平山城として完成した。


所在地福島県いわき市旧城跡
現存状態土塁、石垣、水堀
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/磐城平城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White