Top > 星崎城

星崎城
HTML ConvertTime 0.036 sec.

現実の城情報 Edit

舒明天皇の時代に隕石が墜ちたため、あるいは承平5年(935年)に平将門の乱に際して熱田神宮で平将門調伏の祈願が行われると、星宮社で七星が耀いたので「星崎」の名が付いたとされる地の城。
別の説では元久2年(1205年)に入江に明星が降りたためとも言われているが、いずれにせよ寛永9年(1632年)に堕ちたという記録上日本で2番目に古い隕石「南野隕石」が確実な記録とされ、星にまつわる地であることは間違いない。
星崎城は、治承年間(1177年~1181年)、承久の乱で京方の武将として活躍した山田重忠が築城し清和源氏満政流の山田氏の居城となった。あるいは、尾張小幡城主・岡田重篤の築城ともいう。


所在地名古屋市南区本星崎町
現存状態井戸
城郭構造平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/星崎城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。