Top > コンスタンティノープル

コンスタンティノープル
HTML ConvertTime 0.068 sec.

現実の城情報 Edit

「第2のローマ」「新しいローマ」として地中海世界の中心地であるとともに、キリスト教正教会の総本山であり、東西文明の十字路でもある、キリスト教世界最大の都市として繁栄した、千年以上に渡ってローマ帝国の中心となった帝都。
古代ギリシアの植民市ビザンティオンを起源とし、330年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世が現在のイスタンブールの地に、自身の名を冠して「コンスタンティヌスの町」を意味する都を建設した。
以降の皇帝はコンスタンティノープルに住まない者も多かったがテオドシウス1世はコンスタンティノープルに定住し、彼の治世を最後にローマ帝国は最終的に東西に分裂し、今日「東ローマ帝国」や「ビザンツ帝国」と称される帝国の都として歴代皇帝が居住した。


所在地トルコ共和国・イスタンブール
現存状態世界文化遺産・イスタンブール歴史地域
城郭構造城郭都市


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 武器種は壁でしょうか。強そう。 -- 2017-01-01 (日) 20:22:58
    • まぁ、★7は確定だよね。ボスポラス海峡をはさんで存在するから、自分の分身トークン(自分が巨大化で分身も巨大化)を置ける盾とかだったら面白そう -- 2017-04-27 (木) 19:42:36
    • 平水盾とか勘弁してくれ、多すぎる。ギリシャ火で大砲、教会関連で鈴か歌舞、幾らでも他選択肢があるだろに。 -- 2017-04-27 (木) 22:55:39
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。