Top > 河村城

河村城
HTML ConvertTime 0.033 sec.

現実の城情報 Edit

正確な築城年代は不明だが平安時代末期に河村秀高によって築かれたとされ、「河村城」の名は史料上では14世紀が初見となる。
南北朝動乱の時代の文和元年(1352年)、新田義興・脇屋義治ら北朝方が鎌倉に侵攻すると北朝方の反撃を受け、新田勢は河村氏を頼って河村城に立て籠もり、北朝方は同年3月15日に河村城を攻撃したという。
応永23年(1416年)に起こった、鎌倉公方足利持氏と前関東管領上杉禅秀が対立した上杉禅秀の乱の際にも河村城が登場し、翌年12月に鎌倉公方勢が河村城を拠点とした。
その後河村城はしばらくの間史料では見られなくなるが、16世紀に後北条氏の河村新城として再び登場することとなる。

所在地神奈川県足柄上郡山北町山北・岸
現存状態堀、堀切、土塁など
城郭構造連郭式山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 河村城と河村新城を同じもの扱いしちゃっていいのかしら。 -- 2017-06-08 (木) 22:35:47
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。