Top > 櫛引城

櫛引城
HTML ConvertTime 0.034 sec.

現実の城情報 Edit

南部氏の祖である南部光行の五男・宗朝の子孫を称する櫛引氏の居城。
築城年代は不明だが、馬淵川に面した丘陵上に築かれ、西側が断崖となり残る三方は谷という天然の要害だった。
本郭は堀で囲まれ、その東側に侍屋敷があった外郭を置き、北側にはやや離れて今館と呼ばれる出丸が設けられ、南側には一族の支城が配置された。
櫛引氏は当初、南部氏の宗家的な立場だった八戸南部氏に与していたが、三戸南部氏が台頭するとそちらにつき、八戸南部氏とは度々対立した。


所在地青森県八戸市櫛引
現存状態堀、土塁など
城郭構造平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/櫛引城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。