Top > おつぼ山神籠石

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
おつぼ山神籠石
HTML ConvertTime 0.063 sec.

現実の城情報 Edit

昭和37年(1962年)に発見された翌年より踏査が入り、幅9メートルの版築で築かれた土塁の背面に土留の役割をもった列石を確認している。
また、列石前面には1メートル間隔の礎石と3メートル間隔の柱列、谷部に通水孔を基礎部に設けた水門を二ヵ所、奥行き9メートルで幅1.4メートルの床面に三対6本の柱穴のある東門跡を含む二ヵ所の門跡が発見された。
おつぼ山神籠石は、その遺構の発見によって神籠石の性格に「何かを守る施設であった」という一つの結論をもたらした重要な遺跡であった。

所在地佐賀県武雄市
現存状態版築土塁、列石、水門跡、城門跡
城郭構造古代山城(神籠石式)

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/おつぼ山神籠石? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。