Top > 一宮城

一宮城
HTML ConvertTime 0.048 sec.

現実の城情報 Edit

延元3年・暦応元年(1338年)に阿波守護で阿波小笠原氏の祖である小笠原長房の四男・長宗が、一宮宗成を滅ぼして城を築いた。長宗はその後一宮の姓を名乗るようになり、一宮城は一宮氏代々の居城となった。
長宗は南朝についたが、子の成宗は細川頼之に敗れ隠居、その子成行は北朝に降った。以後一宮氏は細川氏につくが、阿波で三好氏が台頭すると三好氏に従って姻戚関係を結び、一宮成助の代には三好氏の家臣団の中でも重要な地位を占めるようになった。
しかし成助は三好長治と対立し、天正5年(1577年)には阿波守護細川真之と結んで長治を討った。しかし三好方の矢野国村が細川方の伊沢頼俊を討つと成助は孤立し、土佐の長宗我部元親に支援を求めた。成助は篠原自遁に一宮城を攻撃され一時は城を捨て焼山寺に逃れたものの、天正7年(1579年)には一宮城に復帰し、長宗我部方として織田信長の支援を受けた十河存保と勝瑞城をめぐって攻防戦を繰り広げた。
天正5年(1582年)の本能寺の変で信長が横死すると元親は阿波へと侵攻し、成助は中富川の戦いでの元親の勝利に貢献したが、元親は成助が三好康長と通じていたことを咎め、夷山城に成助を招いて謀殺し一宮氏は滅亡した。
元親は一宮城に新たに南城を築いて谷忠澄を城代として置き、旧城の北城には江村親俊を城代とした。天正13年(1585年)の羽柴秀吉による四国平定の際には一宮城は羽柴秀長の大軍に包囲され、善戦したものの開城した。その後阿波を与えられた蜂須賀家政は一宮城に入った後、天正14年(1586年)に新たに築いた徳島城に移った。一宮城には益田宮内が城代として入り、阿波九城と称される徳島城の支城の一つとして機能し、寛永15年(1638年)に廃城となった。


所在地徳島県徳島市一宮町
現存状態土塁、堀、石垣など
城郭構造梯郭式山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 一宮城は築城時は「北城」だけで、後の改築時に北城から尾根伝いに隣の山にかけて増築された部分が「南城」なんだけど、残っている城跡は北城だけで、南城はバブル期にゴルフ城……、ゲフンゲフン、ゴルフ場に改築されてしまったのが残念。改築の際の調査すら待ってもらえなかったから、南城に関しては史料に残った文章以外の情報がほとんどないんだよね…。バブル期は日本全国にこんなエピソードあるんだろうけど、残念だ。現在の遺構にも北城天守の虎口が残ってて結構ワクワクできる。そして、ここからが重要なんだが徳島城建築時に一宮城天守を徳島城天守の素材として移築したという説もある…。つまり、徳島城の姉妹キャラになる可能性があるわけだ。続100名城に選ばれたし、是非実装を。 -- 2018-01-11 (木) 21:55:05
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White