Top > サン・レオ城

サン・レオ城
HTML ConvertTime 0.050 sec.

現実の城情報 Edit

ルネサンス期の代表的な傭兵隊長、ウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの居城。
マルケ州とエミリア・ロマーニャ州の境界付近に位置するサン・レオの岩山上に築かれた城で、その起源は古代ローマの城砦に遡る。
中世には東ローマ帝国、東ゴート王国、フランク王国、ランゴバルド王国などによる争いの舞台になり、961年にはイタリア王ベレンガーリオ2世が神聖ローマ皇帝オットー1世のイタリア侵攻に際しサン・レオ城に籠城したが、963年に落城しベレンガーリオは追放された。
12世紀頃、モンテフェルトロ家がウルビーノ近郊の山岳地帯であるモンテフェルトロの伯となり、1234年にはウルビーノのシニョーレとなって、1443年にはローマ教皇からウルビーノ公位を得てウルビーノ公国が成立した。
このウルビーノ公で最も著名な人物が傭兵隊長としても活躍したフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロで、当時のヴェネツィア共和国、ミラノ公国、フィレンツェ共和国、教皇領、ナポリ王国という五大国が覇権を争う軍事的緊張下にあってサン・レオ城の大改修に着手した。


所在地イタリア、エミリア=ロマーニャ州サン・レオ
現存状態現存
城郭構造山城

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • サンリオ城? -- 2018-07-07 (土) 08:48:35
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White