Top > 豊臣秀吉隠居屋敷

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信対応となりました。プレイステーション系ゲーム機御利用の場合はこちら(11月21日更新)を御覧下さい。
豊臣秀吉隠居屋敷
HTML ConvertTime 0.039 sec.

現実の城情報 Edit

豊臣秀吉によって伏見に築かれた隠居所で、第1期の伏見城にあたる。
秀吉は甥の秀次に関白の地位と聚楽第を譲った後、文禄元年(1592年)に聚楽第と大坂城の間に位置する伏見の指月岡の地に屋敷の普請を命じた。
この屋敷は『兼見卿記』に「伏見御屋敷」、『多聞院日記』に「太閤隠居所」と記され、関白の地位を退いた秀吉が秀次への権力移譲を進めたものと思われる。
しかし翌年に秀頼が産まれたことで状況が変わり、文禄3年(1594年)には淀古城から天守や本丸の櫓・門、二の丸の櫓などを移築し、指月伏見城として本格的な城郭として整備されることになる。

所在地京都市伏見区桃山町辺りと推測される。
現存状態諸説あるが、ほぼ無し。地震により地中に埋まるとされる。
城郭構造不明

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/豊臣秀吉隠居屋敷? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White