Top > チャランケチャシ

チャランケチャシ
HTML ConvertTime 0.044 sec.

現実の城情報 Edit

桂ヶ岡チャシという異名もある近世アイヌ文化期にオホーツク海に面した比高20メートルの丘陵突端に築かれたとされるチャシ。
北側が断崖になって東方向に張り出した舌状台地に選地されており、全体の規模は東西60メートル、南北30メートルほど、本郭は東西30メートル、南北10メートルほどで、内部は東西2郭からなり、北側を除く三方は堀で囲まれている。
築造目的は詳らかでないが、交易や祭祀、談判(チャランケ)の場とされ、網走アイヌが斜里アイヌと戦ったときの砦とも言われている。

所在地北海道網走市桂町
現存状態堀など
城郭構造丘頂式チャシ

コメント Edit

No comment. Comments/チャランケチャシ? 

Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White