Top > 高田城

【sWIKI】からのお知らせ
「https:」での通信が可能となりました。不具合を見つけましたら御手数ですがこちらより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。
高田城 の変更点

*現実の城情報 [#information]

//編集前に[[テンプレート/城娘]]の「現実の城情報」をご確認ください。(このコメントは必ず残してください。他のコメントは不要なら削除していいです)

慶長19年(1614年)に徳川家康の六男、松平忠輝の居城として天下普請によって造られた越後高田藩75万石の藩庁。
高田平野の中央部に築かれ、河川の流れを変えて水堀とし、城地の縄張りと工事の総監督は忠輝の舅の伊達政宗が務めた。
城の周囲には侍屋敷や足軽町、町人町、寺屋敷などが広がり、城下町には街道が引き入れられていたが、これは江戸時代の城下町に共通して見られるものであり、高田城はその典型例となっている。
元和2年(1616年)に忠輝が改易された後は度々城主が交代したが、寛保元年(1741年)に榊原政永が入って以降は榊原氏六代の居城として明治に至った。
#br
2014年11月に[[大坂城]]・[[高知城]]とともに日本[[日本三大夜城>日本100名城#y3e80e74]]に認定され、2017年4月には[[続日本100名城>日本100名城#o6df7c09]]に選定された。
|BGCOLOR(#ddd):100|200|c
|所在地|新潟県上越市本城|
|現存状態|城跡のみ|
|城郭構造|輪郭式平城|
*コメント [#comment]
#pcomment(,reply,10,)