Top > ウェストミンスター宮殿

【sWIKI】からのお知らせ
「https:」での通信が可能となりました。不具合がありましたら御手数ですがこちらより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

#include(城娘項目,notitle);

#include(城娘ステータス注釈,notitle)

|CENTER:300|BGCOLOR(#FCC):80|BGCOLOR(#FCC):90|BGCOLOR(#FCC):80|BGCOLOR(#FCC):90|c
|>|>|>|>|BGCOLOR(#f99):CENTER:''ウェストミンスター宮殿(うぇすとみんすたーきゅうでん)''|
|&attachref(./ウェストミンスター宮殿S.png,nolink);|>|BGCOLOR(#111):CENTER:&ref(画像で一覧RE/ウェストミンスター宮殿.png,nolink);|図鑑No.|267|
|~|>|~|レア|6|
|~|>|~|城属性|&ref(画像置場/平水.png,nolink);|
|~|>|~|令制国|イギリス|
|~|>|~|武器属性|[[鈴]]|
|~|>|~|最大レベル|115|
|~|実装日|>|>|2018年1月30日|
|~|>|>|>|BGCOLOR(#F99):CENTER:''合戦''|
|~|>|BGCOLOR(#F99):CENTER:''初期配置/&color(Red){最大値};''|>|BGCOLOR(#F99):CENTER:''巨大化5回/&color(Red){最大値};''|
|~|消費気|12|消費気((基本消費気を含みます))|140|
|~|耐久|1147/&color(Red){2262};|耐久|2064/&color(Red){4071};|
|~|攻撃|84/&color(Red){264}; ((絆ボーナス込の攻撃力は INT(素手攻撃力215*絆ボーナス1.1)+武器攻撃力28=264 です。))|攻撃|151/&color(Red){475}; ((絆ボーナス込の攻撃力は INT((INT(素手攻撃力215*絆ボーナス1.1)+武器攻撃力28)*巨大化係数1.8)=475 です。))|
|~|防御|40/&color(Red){170};|防御|68/&color(Red){289};|
|~|範囲|320/&color(Red){320};|範囲|576/&color(Red){576};|
|~|回復|10/&color(Red){33};|回復|15/&color(Red){49};|
//
|>|>|>|>|BGCOLOR(#F99):CENTER:''[[特技]]''|
|BGCOLOR(#FCC):[無印] / ヴィクトリア・タワー|>|>|>|巨大化する度に範囲内の敵の&br;攻撃範囲が5%低下、攻撃後の隙が5%延長|
//|BGCOLOR(#FCC):[&color(Red){改壱};] / |>|>|>||
|>|>|>|>|BGCOLOR(#F99):CENTER:''[[計略]]''|
|BGCOLOR(#FCC):[無印] / ウェストミンスターの鐘&br;(使用まで80秒:消費気12)|>|>|>|15秒間対象の範囲内の敵の移動速度が80%低下&br;(遠隔城娘のみが対象)|
//|BGCOLOR(#FCC):[&color(Red){改壱};] / |>|>|>||
//
|>|>|>|>|BGCOLOR(#F99):CENTER:''図鑑文章''|
|>|>|>|>|ビッグ・ベンの愛称で知られる時計塔を&br;持ち、ロンドンの象徴として知られるのが、&br;この私、 ウェストミンスター宮殿ですわ。&br;テムズ川河畔にそびえるその美しい姿は、&br;イギリスを代表する景観とも言われ、&br;多くの人々に愛してもらってますの。&br;あ、そうそう。ねぇ王様。何か解決して&br;ほしい事件はありませんか?&br;実は私、推理小説が大好きでして……&br;ふふっ、ええ。きっとお役に立てると&br;思いますわ♪|

|BGCOLOR(#F99):CENTER:120|400|c
|''[[築城]]''|05:00:00|
|''神社''|&color(Red){''[[招城儀式]]''};|

//#style(class=submenuheader){{
//-''[[城娘改築]]''
//}}
//#style(class=submenu){{
//
//}}
//#table_edit2(td_edit=edit,tr_edit=edit,table_mod=open,calc=1,form=text=|text=|select=_1_2_3_4_5_6_7_8|select=_3_4_5|select=_1_2_3_4_5_6_7_8_9_10_11_12_13_14_15_16_17_18_19_20|select=_34-5_45-5_57-5_42-6_55-6_70-6_48-7_63-7_80-7_56-8_73-8_93-8_63-9_82-9_104-9_71-10_93-10_118-10_76-11_100-11_127-11_84-12_110-12_140-12_91-13_119-13_151-13_98-14_128-14_163-14_105-15_138-15_175-15_113-16_148-16_188-16,){{
//|>|SIZE(13):|>|>|>|>|SIZE(10):|>|>|>|>|>|>|>|>|>|SIZE(13):|c
//| | |~レア|~[[&color(White){巨大&br;化数};>巨大化・属性#l379325e]]|>|>|~&size(12){[[&color(White){消費気};>巨大化・属性#i31da6d1]]};|>|>|>|>|~''初期配置''|>|>|>|>|~''巨大化''|h
//|~|~|~|~|~[[&color(White){基本};>巨大化・属性#ubbc4e49]]|~[[&color(White){強化};>巨大化・属性#u2b9a394]]|~&color(White){合計};|~耐久|~攻撃|~防御|~範囲|~回復|~耐久|~攻撃|~防御|~範囲|~回復|h
//|>|BGCOLOR(#ccc):CENTER:50|>|BGCOLOR(#ddd):CENTER:30|>|>|CENTER:30|BGCOLOR(#ffe):CENTER:SIZE(10):60|BGCOLOR(#fef):CENTER:SIZE(10):60|BGCOLOR(#eff):CENTER:SIZE(10):60|>|BGCOLOR(#fff):CENTER:SIZE(10):60|BGCOLOR(#ffe):CENTER:SIZE(10):60|BGCOLOR(#fef):CENTER:SIZE(10):60|BGCOLOR(#eff):CENTER:SIZE(10):60|>|BGCOLOR(#fff):CENTER:SIZE(10):60|c
//|>|無印|||||@cell_ra(0,1)+@cell_ra(0,2)|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|10/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|
//|>|改壱|||||@cell_ra(0,1)+@cell_ra(0,2)|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|10/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|/&color(Red){?};|
//}}


#style(class=submenuheader){{
-''ステータス一覧(クリックで展開)''
}}
#style(class=submenu){{
#include(ウェストミンスター宮殿/ステータス,notitle)
}}
#br



*ゲーム上の性能・評価 [#evaluation]
-概要
平/水の複合属性を持つ鈴武器種の城娘。この属性で計略持ちなのはウェストミンスター宮殿が初。
複合属性による採用のしやすさも然ることながら、デバフの効果が相手の攻撃や進行を遅らせるものに特化している。
[[アンボワーズ城]]や[[高島城]]と比較してコスト難があるものの、計略によってある程度補える点が強み。
平/水の複合属性を持つ鈴武器種の☆6城娘。この属性で計略持ちなのはウェストミンスター宮殿が初。
複合属性による採用のしやすさもさることながら、デバフの効果が相手の攻撃や進行を遅らせるものに特化している。
[[アンボワーズ城]]や[[高島城]]と比較してコストに難があるものの、計略によってある程度補える点が強み。
 
-特技「ヴィクトリア・タワー」
巨大化ごとに自分の範囲に入った敵の範囲狭め、攻撃隙を増加させるという地味ながらも個性的な効果。
巨大化ごとに自分の範囲に入った敵の範囲を狭め、攻撃後の隙を延長させるという地味ながらも個性的な効果。
特に敵の範囲に影響を与えるデバフは珍しく、巨大化させただけで相手の範囲を徐々に狭められるというお手軽さが売りとなる。
近接城娘やトークンといった、被弾を避けたい面々から攻撃を遠ざけ、一方でスリップダメージは刺さるという美味しい状況を作れる。
早期に最大化までもっていければ、ウェストミンスターの周辺に居る敵の攻撃力を結果として大きく弱体化させられる。
攻撃後の隙も伸びるため、仮に到達しても通るダメージを減らすことが出来る。
可能なら他の攻撃デバフや攻撃速度デバフなどと合わせれば、より防衛面を盤石に出来るだろう。
近接城娘やトークンといった、被弾を避けたい面々から攻撃を遠ざけ、一方でスリップダメージは入るという美味しい状況を作れる。
早期に最大化までもっていければ、ウェストミンスター宮殿の周辺に居る敵の攻撃を、結果として大きく弱体化させられる。
攻撃後の隙も伸びるため、仮に敵がこの城娘に到達しても通るダメージを減らすことができる。
可能なら他の攻撃デバフや攻撃速度デバフなどと合わせれば、より防衛面を盤石にできるだろう。
 
一方でこれらの効果は逆に言うと、敵が余計な攻撃をせず、結果的に進軍するスピードが上がるという面もある。
通常なら通過する際に2回攻撃分だけ足を止めるはずが、一回しか攻撃せずに流れてしまうといった事が発生する。
盾等で足止めポイントを作ったり、自身の計略を使うなどして、攻撃圏内でしっかり倒しきる方法を考えて運用したい。
通常なら通過する際に攻撃2回分だけ足を止めるはずが、1回しか攻撃せずに流れてしまうといった事態が発生する。
盾等で足止めポイントを作ったり、自身の計略を使うなどして、攻撃範囲内でしっかり倒しきる方法を考えて運用したい。
進路上で必ず接敵するなら被弾を避けられず、また攻撃チャンスが減る恐れもあるため、近接城娘との直接連携はやや苦手と言える。
 
逆に、通常では被弾して配置が難しい前線に安全地帯を作りだし、遠距離城娘を展開連携できるところが独自の強みだろう。
進路に近すぎて鎖兜などに殴られてしまう嫌らしい配置でも、ウェストミンスター城なら難なく展開できたりする。
特に登場地点から動かない長射程遠距離攻撃の敵城娘等に対し、平鈴の広い射程の外縁に取り込めれば、
動き出す前に一方的に削り、かつ同時に出てくる取り巻きもマルチロックでまとめて削るという活躍が期待できる。
逆に、通常では被弾して配置が難しい前線に安全地帯を作りだし、遠隔城娘を展開して連携できるところが独自の強みだろう。
進路に近すぎて鎖兜([[愛称]]を参照)などに殴られてしまう嫌らしい配置でも、ウェストミンスター宮殿がいれば難なく遠隔城娘を展開できたりする。
特に登場地点から動かない長射程遠距離攻撃の敵城娘等に対し、平鈴の広い射程の範囲内に取り込めれば、動き出す前に一方的に削り、かつ同時に出てくる取り巻きもマルチロックでまとめて削るという活躍が期待できる。
 
-計略「ウェストミンスターの鐘」
遠隔城娘のみを対象とした計略で、15秒間だけ指定した城娘の範囲内にいる敵の進行を80%も遅らせることができる。
足の早い敵をがっつり鈍足状態に出来るのは勿論、高耐久・高防御という重量級の敵にダメージを与えるチャンスをたくさん増やすことができる。
足の速い敵をがっつり鈍足状態にできるのはもちろん、高耐久・高防御という重量級の敵にダメージを与えるチャンスをたくさん増やすことができる。
その強力な効果相応にデメリットも大きく、短めな使用時間に反してCTが80秒も存在する点と、使用コストが12と膨大な点が痛い。
よって一通りマップの進行を把握した後、絶好のタイミングで使用することが求められる。
 
つまるところ、後半など敵の攻撃や進行が集中しやすいポイントで生きる計略である。
大砲か鉄砲が編成内にいれば、その頃には最大化したキャラを一つ用意する余裕も出来るはずなので、ラッシュ時には多大な恩恵を得られるだろう。
大砲か鉄砲が編成内にいれば、その頃には最大化したキャラを一つ用意する余裕もできるはずなので、ラッシュ時には多大な恩恵を得られるだろう。
 
-性能の変遷
//バランス調整がされた際に箇条書きで記載してください。
--2018年09月04日:計略を上方修正
---計略使用可能までの待機時間を短縮(90秒→80秒)
*キャラクターボイス [#voice]

CV担当:[[Lynn>https://twitter.com/lynn_0601_]]

#region(←クリックすると台詞一覧が表示されます。)

#table_edit2(td_edit=off,tr_edit=edit,table_mod=open){{

|SIZE(12):BGCOLOR(#ddd):CENTER:60|SIZE(12):160|COLOR(#c09):SIZE(12):400|c
|所領|ログインボーナス|おかえりなさい、王様。あの、また新しい推理小説を買ってきちゃったのですが……もしよかったら、一緒に読みませんか?|
|~|変身|OKですわ。事件が起きてないか、調査開始です!|
|~|帰還|ただいま戻りましたわ、王様。それでは、小説の続きを読むとしましょう♪|
|~|放置|ふむ。突如としてこの部屋に静寂を作り出した犯人、それはズバリ、あなたですわ!……って王様ぁー。そろそろ起きてくださいよぅ。ツッコミ役がいないとさみしいですぅー……。|
|~|御嬢クリック|&color(Gray){城娘/クリック時と同じセリフ};|
|~|城娘クリック|&color(Gray){出陣/クリック時と同じセリフ};|
|出陣|キャラクリック|きゅー、いー、でぃーっ!(Q.E.D.っ!)|
|~|~|&color(Gray){合戦/城娘配置完了時と同じセリフ};|
|~|委任出撃|お任せ下さい!どんな事件も、さくっと解決です!|
|城娘|キャラクリック|キッチンにあったテンプーラが消えたですって!?これは大事件ですわ!王様、早く現場に向かいましょう。絶対に二人で犯人を見つけるのです!|
|~|~|ん~。最近、王様を独り占めしようとする城娘が所領内に増えてきているようですね。よぉし。ここは一つ、王様独占禁止法でも制定しちゃいましょうか!|
|~|~|もう王様ったら、今日はやけに甘えん坊ですね?ふふっ、まあいいですわ。大人だって、たまには子供のように振る舞いたい時がありますものね♪|
|~|部隊編成|さぁ王様、難事件を解決しにいきましょう。|
|~|~|出撃のお時間。ということですね!|
|~|城娘合成|うふふ♪何だか頭が冴えてきましたわ!|
|~|贈り物|&color(Gray){城娘/クリック時と同じセリフ};|
|~|詳細確認(サンプルボイス)|&color(Gray){合戦/開始時と同じセリフ};|
|図鑑|城娘|~|
|~|御嬢|&color(Gray){所領/放置時と同じセリフ};|
|~|特技|&color(Gray){合戦/特技時と同じセリフ};|
|~|大破|&color(Gray){合戦/大破時と同じセリフ};|
//
|合戦|開始|逆境の向こうに真実があるのなら、迷うことなく進むのみ!……ですわ♪|
|~|城娘配置|きゅいいい~~~~ん!|
|~|城娘配置完了|では、推理を始めるとしましょう。|
|~|配置中城娘選択|私に解けない謎などありませんわ。|
|~|巨大化|&color(Gray){合戦/特技発動時と同じセリフ};|
|~|特技発動|その悪事、私が裁いちゃいます!|
|~|計略使用|&color(Grey){[無印]}; 皆さん!静粛にぃ~っ!/ &color(Red){[改壱]};|
|~|大破|まだまだ……謎は残ってるのに……。|
|~|勝利|満場一致の大勝利!どうですか王様。私にかかれば、ざっとこんなものです♪|
}}

#region(←クリックすると贈り物イベント、台詞一覧が表示されます。&color(Red){ネタバレ注意};)
#table_edit2(td_edit=off,tr_edit=edit,table_mod=open){{
|SIZE(12):BGCOLOR(#ddd):CENTER:60|SIZE(12):160|COLOR(#c09):SIZE(12):400|c
|イベント1|BGCOLOR(#fbd):むしろ親しみやすい。|本当ですか!そんな風に言われたのは初めてですわ♪もしかしたら、王様と私は、とっても相性のいいコンビなのかもしれませんね。これならば、ゆくゆくは名探偵と助手のような間柄になれるかも……うふふ♪|
|~|……違うのか?|違います! その証拠に、ここ、触ってみてください!ほら、ぷにぷにっとしてて、柔らかいですよね?え? お堅いっていうのは、そういうことじゃない?ふふ、ご安心を。 わざとやってますから♪|
|イベント2|BGCOLOR(#fbd):なんて頼りになる城娘なんだろう。|貴方のためなら、これぐらい何てことはありません♪あ、そうですわ!良い機会ですから、常日頃から王様を自分のものだと言い張っている城娘の方々に向けて、王様独占禁止法を制定するのは如何でしょう?|
|~|そこまで大事にしなくても……。|いいえ、大事にすべきです! 大体、王様は皆さんに甘すぎます! 時には仲間の皆さんを厳しく叱ることも必要だと……って、ご、ごめんなさい。私ったら、王様になんて無礼なことを……うぅぅ、お恥ずかしい。|
|イベント3|頼りにしているよ、助手殿。|むぅ~! 探偵役は私にやらせてくださいよぉ~!それに、王様には助手として、いつだって私の傍にいてほしいのです。…………はい。この戦いが終わった後も、ずっと、大好きな貴方と共に、歩んでいきたいのです。|
|~|BGCOLOR(#fbd):頼りにしているよ、名探偵。|そんなぁ、名探偵だなんて、褒めすぎですよぉ♪ですが、貴方と一緒なら、きっとこの先、どんな難事件に出会っても、ぜ~んぶ解決できるって思います。だから、これからもよろしくお願いしますね、王様♪|
}}

#endregion
#endregion
*画像 [#image]
イラストレーター:[[sho>https://twitter.com/sho_runaticmoon]]

|&uploader(1bf69b73daf3c6089502924f54312572e2b1e357_scre_2362,50%);|
|CENTER:&size(25){COLOR(red){入手}};|


#region(COLOR(red){''←クリックすると御嬢、城娘画像が表示されます。見たくない人はクリックしないで下さい。''})
|&uploader(ab99aa8496cc8ccdb761337c7c8e756c3408d1ba_scre_2367,50%);|&uploader(a04b4b27944193210f7dbf6ef8e3482d54d7ee67_scre_2366,50%);|
|CENTER:&size(25){COLOR(red){御嬢}};|CENTER:&size(25){COLOR(red){城娘}};|

#region(COLOR(red){''←クリックすると大破、特技画像が表示されます。見たくない人はクリックしないで下さい。''})
大破、特技画像
|&uploader(5c5a37db491f6823ee7fc2e6551fcf24a3de2d18_scre_2368,50%);|&uploader(64f3055e0a2e00d05e405fb8e6871b3ff1a0e8a6_scre_2369,50%);|
|CENTER:&size(25){COLOR(red){大破}};|CENTER:&size(25){COLOR(red){特技}};|
#endregion
#endregion
*城娘の元ネタ情報 [#note]

//※※※注意事項※※※
//元ネタ記事を増やす際には無駄な行間を無くすため「#br」は入れないでください。
//中項目【デザイン】【特技・計略】【セリフ】の第一行「#style(style=padding-bottom~」と末行「}}}」は各中項目の間隔調整も兼ねているのでそのままにしておいてください。

【デザイン】
#style(style=padding-bottom:.5em;){{{

//次の6行を使って折りたたんでください。
//#style(class=submenuheader){{
//&color(Black,gainsboro){(題名を入力してください)(クリックで表示)};
//}}
//#style(class=submenu,style=padding-bottom:.9em;){{
//(本文を入力してください)
//}}

}}}
【特技・計略】
#style(style=padding-bottom:.5em;){{{

//次の6行を使って折りたたんでください。
#style(class=submenuheader){{
&color(Black,gainsboro){ヴィクトリア・タワー(クリックで表示)};
}}
#style(class=submenu,style=padding-bottom:.9em;){{
ウェストミンスター宮殿の両翼に建つ二つの塔のうち南側の塔。宮殿の中で最も高い建物でもあり、高さは323フィート(98.5メートル)。
二つの塔は1834年の大火のあとに再建されたもので、1843年に当時のイギリス女王ヴィクトリアによって起工され1860年完成。
元は単にキングズタワーと呼ばれていたが、ヴィクトリア女王の在位60年を記念して1898年にヴィクトリア・タワーと改名された。
なおもう一方の塔、通称ビッグベンもエリザベス2世の在位60年を記念して2012年にエリザベス・タワーと命名されている。

}}
#style(class=submenuheader){{
&color(Black,gainsboro){ウェストミンスターの鐘(クリックで表示)};
}}
#style(class=submenu,style=padding-bottom:.9em;){{
その北側の大時計塔、通称ビッグベン、正式名エリザベス・タワーで毎日正午に鳴らされる鐘の音のメロディのこと。
18世紀の末頃に、ケンブリッジ大学の隣の聖メアリー大教会で鳴らされるようになった時報の鐘の音が元になっているとされる。
日本の学校・会社でおなじみ授業・仕事前後のチャイムのメロディの元となったもので、テンポ以外はほぼ同じ。
チャイム装置を開発した発明家の石本邦雄氏が、BBCのラジオ放送で時報として流れていたものをそのまま使ったのが発端だという。
なお、現在ビッグベンの改修工事のため''2017年から2021年まで稼動停止中''。聖地巡礼に行っても聞けないので&color(Red){注意};したい。
イギリス議会のホームページからメロディがダウンロードできるほか、ウィキペディアの当該ページでも聞ける。&color(Silver){毎日聞いてるよという人も多いだろうが。};
}}

}}}
【セリフ】
#style(style=padding-bottom:.5em;){{{

#style(class=submenuheader){{
&color(Black,gainsboro){難事件でお困りの際は、遠慮なく頼ってくださいね♪(クリックで表示)};
}}
#style(class=submenu,style=padding-bottom:.9em;){{
19世紀後半から20世紀初めにかけて出版され、今なお根強い人気を誇る「シャーロック・ホームズシリーズ」。
その主人公シャーロック・ホームズが作中で拠点を構えていたのが、ウェストミンスター宮殿から程近いベーカー街である。
贈り物イベントでも名探偵と助手といった言葉が登場するが、これはシャーロック・ホームズと、その助手として有名なワトソンのことであろう。
}}

}}}
*現実の城情報 [#information]

//編集前に[[テンプレート/城娘]]の「現実の城情報」をご確認ください。(このコメントは必ず残してください。他のコメントは不要なら削除していいです)
//編集会議室で決まった基準に基づき、本文が長くなるようなら以下の方法で折り畳んでください。(目安は大体6行以上)
//本文はなるべく、ほどほどのところで改行してください。改行は「。」のうしろで。
//(本文を5行以下で入力してください。折り畳みを開始するのは、キリのいいところで結構です)

ロンドン中心部を流れるテムズ川の左岸に面して建つ宮殿。現在は英国議会の国会議事堂として使われている。
付近は官公庁が集中するイギリスの国家中枢で、ウェストミンスターという言葉だけで議会そのものをも指す。日本で言えば永田町。
北側に庶民院、南側に貴族院が置かれている。大通りを挟んで建つウェストミンスター寺院・聖マーガレット教会と共に世界遺産に指定されている。
ちなみに宮殿の正面はテムズ川に向いている側。北側の大時計塔が通称ビッグベンことエリザベス・タワー、南側の塔がヴィクトリア・タワーである。
現在の宮殿は中世からの宮殿が焼失した1834年の大火の後、その跡地に再建されたものが大半を占めている。

#br
#style(class=submenuheader){{{
&color(White,Maroon){続きをクリックで表示};
}}}
#style(class=submenu){{{

ウェストミンスター一帯にはアングロ・サクソン時代から王の住居あるいは城があったとされる。
ノルマンコンクエスト以前の最後の王エドワード懺悔王が1045年からこの地に教会堂と宮殿を建てた。教会は現在のウェストミンスター寺院である。
征服王ウィリアム1世は自身の権威((エドワード王を継ぐものという大義名分のため))を示すためこの寺院で戴冠し、現在まで少数の例外を除く歴代王がウェストミンスターで戴冠式を行っている。
同様の理由でウィリアム1世はウェストミンスターの宮殿に住んだ。その子ウィリアム2世が宮殿を改築し、以降16世紀まで王宮として用いられた。
また宮殿の一角のウェストミンスター・ホールで王の諮問機関である枢密院が開かれるようになり、後にこれが発展して議会を形成していった。
歴代の王によって増改築が繰り返されていったが、1512年の火災で王宮住居部分が焼失。ヘンリー8世は1529年にホワイトホール宮殿((元はヨーク大司教のロンドン公邸))に移った。
事実上王宮でなくなった後もウェストミンスター宮殿は公式には王の住居として扱われたが、実際には英国議会の議事堂と裁判所として使われた。
当時の貴族院はホワイト・チャンバーで開かれたが、庶民院の議場は決まっておらず、地下礼拝堂で開かれたこともあった。

#br
1834年10月16日、大火災が発生。ウェストミンスター・ホールと聖スティーブン地下礼拝堂、ジュエル・タワーを除く全ての建物が焼失した。
イギリスの威を示す国会議事堂の再建にあたって政府主催のコンペが開催された。激論が交わされた結果、チャールズ・バリーとオーガスタス・ピュージンの二人の建築家によって新しい国会議事堂が設計されることになり、二人のそれぞれの得意分野((バリーは古典主義・イタリア様式、ピュージンはゴシック様式))を組み合わせて建築された。
とは言っても建物の全体的なデザインは当時すでに名声を博していたバリーの手によるもので、ピュージンの特徴が出たのは正面部分の装飾が主となった。
この外観はテムズ川の対岸から見た眺めに最重点が置かれ、南北に伸びた左右対称の長い建物の左右に二つの塔を置いてバランスをとっている。
建設設計案が採択されたのは1836年、主要部完成は1860年。全体が細部まで完工したのは1867年、30年がかりの大工事で完成した。
なお途中1852年にピュージンが、1860年にバリーが、二人とも全体の完成を見ずに死去している。
1941年にはドイツ軍の空襲により庶民院側が破壊された。この部分は元の設計を残しながら再建されて現在に至っている。

}}}

|BGCOLOR(#ddd):80|300|c
|所在地|イングランド、ロンドン、ウェストミンスター|
|現存状態|現用|
|城郭構造|宮殿|
*コメント [#comment]
#pcomment(,reply,10,)

//議論板は必要に応じて設置してください。
//*議論板 [#gironcom]
//#region(←議論板 %%%性能や編集についてツリーが伸びたり誘導されたりした場合はこちらを利用してください。%%%)
//#pcomment(Comments/ページ名/議論,reply,10,)
//#endregion