Top > 龍潭寺

龍潭寺
HTML ConvertTime 0.048 sec.

現実の城情報 Edit

井伊谷城の女城主・次郎法師(井伊直虎と同一人物とも)が出家したと伝わる寺院だが、井伊谷城の南を守る砦として機能し、参道石垣に城郭造りの跡が残されている。
龍潭寺の歴史は古く、天平5年(733年)、行基によって開かれたとされるが、当初の寺号は地蔵寺であり、寛治7年(1093年)に井伊家の始祖・共保が葬られると自浄寺と改められた。
南北朝時代に宗良親王が中興したともいうが、その後、桶狭間の戦いで戦死した井伊直盛が葬られると、直盛の法号から龍潭寺と改められたという。
なお臨済宗龍潭寺二世住職・南渓瑞聞は参謀として、三世住職・傑山宗俊は強弓の者として、五世住職・昊天宗建は長刀の名人として井伊家を支えたとされる。
現存する庭園は小堀遠州の作庭であるという他、井伊家墓所もあり次郎法師は月泉祐圓禅定尼として、井伊直親の隣に眠っているとされている。

所在地静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
現存状態参道石垣、庭園、本堂、開山堂、山門、庫裡など
城郭構造寺院

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/龍潭寺?

お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White