Top > 龍岡城

龍岡城
HTML ConvertTime 0.040 sec.

現実の城情報 Edit

四稜郭のキャラクリック台詞で言及される城。
江戸時代末期に築かれた田野口藩の陣屋で、信濃佐久郡の東端、上野との国境から西に流れる雨川北岸の河岸段丘上に立地する。函館五稜郭とともに日本に2つしかない五稜郭の1つで、龍岡城の規模は函館五稜郭の約2分の1となっている。
稜堡式城郭(詳細は四稜郭を参照)であるため他の近世城郭に見られるような多層式の櫓は無く、「お台所」と呼ばれる単層の2階建ての櫓が天守に相当する。
全体としては内郭、堀、外郭、外部枡形で構成され、内郭は五芒星型の堀の内側にあり稜堡の外縁の石垣と土塁を含んだ部分にあたる。外郭は五芒星型の堀の外側から矢来柵土手、石垣と南側を流れる雨川の土手までの部分で、堀は西側の黒門と南側の穴門の間で途切れており、未完成のままとなっている。
土塁は内郭の外縁に設けられ周囲を星形に囲んでいるが南側から西側にかけては高さが不十分で、石垣は大手門付近では整った布積だが大手門を離れるにつれて乱れている。また稜堡式城郭で重要な砲台は本来なら稜堡の先端五ヶ所に必要だが一ヶ所しか設けられておらず、稜堡式城郭の強みを発揮できず防御上には問題がある。
龍岡城の北側の尾根には戦国時代の田口氏の山城である田口城があり、その間の丘陵斜面からは「佐久石」と呼ばれる火に強い良質な溶結凝灰岩が採れ、龍岡城の石垣にも用いられた。


所在地長野県佐久市田口
現存状態櫓、土塁、堀、石垣など
城郭構造稜堡式城郭

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/龍岡城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White