Top > 鷹ノ原城

鷹ノ原城
HTML ConvertTime 0.063 sec.

現実の城情報 Edit

肥後・筑後の国境に位置し、肥後熊本藩の本城・熊本城を守る8つの支城群のなかでも肥後北端を押さえる重要拠点。
鷹ノ原城の名は「鷹ノ原」の地名から江戸時代中期以降に「鷹ノ原城跡」と呼ばれたことに由来し、存城中は「南関城」「南の関城」「関ノ城」などと称された。
南関の地はその名の通り関所が筑後の南に置かれた場所で、古来より官道が通り大水駅が置かれ、室町時代から江戸時代にかけては豊前街道が通り、筑後から肥後へ入る際の玄関口となっていた。
室町時代には大津山城が築かれてこの地を守っており、天正16年(1588年)に肥後半国の領主となった加藤清正は、大津山城に加藤正次を城代として入れた。
関ヶ原の戦い後に肥後一国の領主となった清正は領国防衛のため、肥後の国境に8つの支城を築き、そのうち北端を守る拠点として築かれたのが南関城だった。


所在地熊本県玉名郡南関町
現存状態石垣、堀切など
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/鷹ノ原城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White