Top > 鳴海城

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
鳴海城
HTML ConvertTime 0.165 sec.

現実の城情報 Edit

鳴海城(なるみじょう)は、天文~永禄期にかけて尾張の勝幡織田氏と駿河の今川氏の最前線となった城である。根古屋城とも呼ばれる。
古くは現在の天白川と扇川の合流点付近から海が広がっており、鳴海城は海に面した丘陵に築かれた守りの城であった。
歴史は古いとされ、応永年間の14世紀末頃に安原宗範が当地にあった鳴海神社を移設の上築いたとされるが、この城は宗範の死後廃城になったと考えられている。
その後、16世紀に入り、勝幡織田信秀が当地の支配を固めると、三河との国境の守りを見据え再建したとみられ、笠寺の国人山口教継が城主となって入った。


所在地愛知県名古屋市緑区鳴海町城
現存状態土塁、空堀
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/鳴海城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。