Top > 鳳凰古城

鳳凰古城
HTML ConvertTime 0.059 sec.

鳳凰は湘西の丘陵地区、沱江の中下流域に位置し、全県にわたり山地が多く、古くからミャオ族とトゥチャ族の集住地域であった。
中華人民共和国成立以前の百年余り、鳳凰はずっと湘西苗区の政治、経済、文化の中心であった。全県の半分以上の人口はトゥチャ族とミャオ族である。現在、県政府のある町は依然として20世紀初めの歴史的景観を維持してきた。県の境界内の古代ミャオ族の民家、高床式家屋などはすべてわりと良い状態で保存されている。古い町の外にはまだ唐代の「黄絲橋城」、「南方苗疆長城」などの遺跡がある。