Top > 高崎山城

高崎山城
HTML ConvertTime 0.058 sec.

現実の城情報 Edit

平安時代末期に安倍宗任によって築城されたという。
鎌倉時代初めに大友氏が豊後に下向した際には、在地武士の大神氏一族の大津留(大鶴)氏がこの城を拠点に激しく抵抗したとされる。

十四世紀の南北朝時代に、豊後国の守護・大友氏によって改築された。

記録に「高崎」の戦いが最初にみえるのは天平三年(貞和四・1348)のことです。
この後、南北朝時代を通じて北朝方(大友氏)の拠点となり、南朝方(肥後の菊池氏が中心)の激しい攻撃の的となりました。
特に建徳二年(応安四・1371)には菊池武光らの軍勢は数か月にわたって高崎城を攻め、戦いは百余度に及んだといいます。


所在地○○○
現存状態○○○
城郭構造○○○

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/高崎山城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White