Top > 高崎城

高崎城
HTML ConvertTime 0.042 sec.

現実の城情報 Edit

徳川家康配下の「徳川四天王」の一人で、「井伊の赤備え」を率いた猛将として知られる井伊直政の居城。
直政は小田原征伐での功によって上野国に所領を与えられ、当初は箕輪城を居城としていたが、かつての箕輪城の支城であり、三国街道と中山道が分岐する交通の要衝に位置した和田城の地に新たに城を築くこととなった。
慶長3年(1598年)に新城に入った直政は箕輪城から城下町を移し、地名を和田から高崎に改めて領内経営の中心とした。
直政は近世城郭としての改修を進めたが、関ヶ原の戦い後に佐和山城に移り、直政の時代には高崎城は完成しなかった。


所在地群馬県高崎市高松町
現存状態土塁、堀など
城郭構造輪郭梯郭複合式平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/高崎城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS