Top > 香春岳城

香春岳城
HTML ConvertTime 0.039 sec.

現実の城情報 Edit

筑豊地方においては常に争奪戦の渦中にあったのがこの香春岳城(かわらだけじょう)である。古来より要衝の地であり、「豊前を制しようとすれば、香春岳城を攻略すべし」とさえ言われてきた。
城は一ノ岳、ニノ岳と2つの岳を巻き込み要塞化され、香春岳の一ノ岳東北に砦の館が指揮砦となり城主が居たとされる。かなり掘削され縄張りも不明な部分は多い。初めて城として築城されたのは天慶2年(939年)であった。
西海で平将門が下総に反したことを受け、藤原純友が将門に即応して翌年に九州に反旗を翻した。大宰府攻撃の基地として香春岳城が築かれ、それが始まりと伝えられる。
その後約200年もの間、人の住むところでなくなりもはや廃墟と化したが、一説によると保元2年(1157年)、平清盛が大宰府大弐となり鎮西下向の際、一族の越中次郎兵衛平盛次に命じてこれを改築させたようだ。
その後、宇都宮信房が治承2年(1178年)に豊前国の守護職となり威厳を保つために城を増築した。争奪戦が止むことはなく、大友氏と大内氏、毛利氏と大友氏、高橋氏と小早川氏など、つねに香春岳城は戦の火を浴びていた。

所在地福岡県田川郡香春町・香春岳
現存状態石塁、土塁
城郭構造山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 将門に呼応・・・将門関係の城と仲が良さそうですな -- 2018-02-06 (火) 15:26:53
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White