Top > 鈴岡城

鈴岡城
HTML ConvertTime 0.051 sec.

現実の城情報 Edit

小笠原氏は、貞宗が足利尊氏に仕えた功績により信濃守護を任されていたが、長秀の時代に、国人衆の反感から起こった大塔合戦に敗北をする。
小笠原氏は、応永8年(1401年)に信濃守護職を取り上げられ、応永9年(1402年)に信濃は室町幕府の直轄領となった。
嘉慶2年(1388年)に元服した笠原政康は、応永12年(1405年)に長秀から家督と小笠原氏の所領を譲られ、信濃守護大名となる。
政康の死後、小笠原氏は府中(深志)小笠原氏と松尾小笠原氏と鈴岡小笠原氏に分裂し対立することとなった。
鈴岡城は、鈴岡小笠原氏の居城として、現在の長野県飯田市に築かれた。
天文23年(1554年)武田信玄の伊那侵攻。
この際、松尾小笠原氏は活躍を見せるも、鈴岡小笠原氏は敗北を喫し、鈴岡城は落城してしまう。


鈴岡城の北には毛賀沢川が流れ、この川を挟んだ対岸には同族の松尾小笠原氏が居城とした松尾城があり、現在は遊歩道でつながっている。

所在地長野県飯田市
現存状態曲輪、土塁
城郭構造平山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • なんか体言止めが独特で味があっていいね -- 2018-02-14 (水) 09:59:33
  • ところどころ変わってるけど、基本的にはwikiベースの文章だな -- 2018-02-14 (水) 11:14:56
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS