Top > 鈴岡城

鈴岡城
HTML ConvertTime 0.048 sec.

現実の城情報 Edit

甲斐源氏の加賀美氏の流れをくむ名族で、弓馬・礼法の流派として名高い小笠原流でも知られる小笠原氏の嫡流、信濃小笠原氏のうち鈴岡小笠原氏が居城とした。
北側を毛賀沢川、南側を大井川が流れ、背後には高さ約40メートルにもなる段丘崖によって守られる天然の要害で、主郭から尾根続きとなっている西側に曲輪が連なっていた。
主郭を守る二の丸は特に防御が堅い造りとなっており、大規模な堀や土塁で囲まれ、周囲の曲輪とは通路で連結されており、攻防の要となる構造だった。堀は南側で堀底がW字型となり、障子堀だった可能性もある。
鈴岡城の北には毛賀沢川が流れ、この川を挟んだ対岸には同族の松尾小笠原氏が居城とした松尾城があり、現在は遊歩道でつながっている。


所在地長野県飯田市
現存状態曲輪、土塁
城郭構造平山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • なんか体言止めが独特で味があっていいね -- 2018-02-14 (水) 09:59:33
  • ところどころ変わってるけど、基本的にはwikiベースの文章だな -- 2018-02-14 (水) 11:14:56
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White