Top > 越中高岡城

越中高岡城
HTML ConvertTime 0.070 sec.

現実の城情報 Edit

加賀藩主前田利長が隠居後に築いた晩年の居城。当初利長は富山城を隠居城としたが、慶長14年(1609年)3月に富山城が焼失したため、一時魚津城に移った後、幕府の許可を得て射水郡関野で同年4月16日に着工、同年9月8日に本丸が完成すると13日には利長が入城して地名を高岡と改めた。
越中高岡城の縄張は豊臣秀吉が築いた聚楽第の影響を受けた、いわゆる聚楽第型城郭と呼ばれるものであり、本丸を中心に北・東・南側に馬出郭を設け、これらの郭を土橋でつないで二重に重ねて防御する、極めて防御性の高い構造となっていた。
当時高岡城の虎口で城外と連絡していたのは北陸街道につながる一箇所のみであり、さらに本丸の背後には松娘ヶ淵と呼ばれる広大な湖が天然の堀となっており、本丸に到達するには連続する馬出郭を突破する必要があった。また高岡城の馬出郭をつなぐ土橋は、鉄砲の有効射程距離である約80メートルの位置に築かれ、土橋を通過する敵兵に対し横矢をかけるような構造となっていた。
隠居城として用いられたのは短期間で、元和元年(1615年)の一国一城令で廃城となった。


所在地富山県高岡市古城
現存状態石垣、堀など
城郭構造梯郭式平城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 地元
    実装してくれー!! -- 2017-03-26 (日) 22:43:41
  • 続きをクリックで表示以降を書きました。何で弘前の高岡が鷹岡じゃないの?実装予定にないのかな・・・ -- 2017-09-08 (金) 00:11:00
  • 高岡違いのぬか喜びから1年1ヶ月未だに来ない、地元だから実装して欲しい! -- 2017-09-16 (土) 15:07:29
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White