Top > 聖寿寺館

聖寿寺館
HTML ConvertTime 0.033 sec.

現実の城情報 Edit

聖寿寺館は青森県三戸郡南部町小向字聖寿寺にあった平山城。別称は「本三戸城」。
もとは三戸城と呼ばれていたが、南部家の菩提寺である聖寿寺がそばにあり、聖寿寺館と呼ばれるようになった。南部信長から南部晴政までのおよそ200年間、三戸南部氏の居城とされていた。
天文8年(1539年)6月、家臣の赤沼備中の放火により焼失した。その後、三戸南部氏は三戸城を築城し、居を移した。
2015年の発掘調査で、大型掘立柱建物跡の面積が824平方メートルと中世時代では東北最大の規模であることがわかった。
居館としては技巧的な構造は見当たらず、周辺に屋敷が散在しつつ全体として一つにまとまるような、根城浪岡城のような群郭式の居館だったと考えられる。

所在地青森県三戸郡南部町
現存状態掘立柱建物跡4棟、竪穴建物跡38棟、堀跡
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/聖寿寺館? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。