Top > 美作岩屋城

美作岩屋城
HTML ConvertTime 0.038 sec.

現実の城情報 Edit

美作岩屋城は標高483メートルの岩屋山に築かれた美作国内では最大規模の山城であり、長年にわたり様々な勢力の間で争奪の場となった。
岩屋山は西を岩屋川、東を明谷川が流れ、北は「落し雪隠」と呼ばれる崖になっている切り立った天然の要害となっており、水の手にも困らないため長期の籠城戦が容易となっている。
築城は嘉吉元年(1441年)に美作守護山名教清によるものであるが、その後の争奪の中で徐々に拡張され、最終的に12本に及ぶ堅堀や20以上の郭が追加され、美作有数の規模を誇る山城へと変貌していった。


所在地岡山県津山市中北上
現存状態堀切、郭、畝状竪堀、土塁等
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/美作岩屋城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。