Top > 祐向山城

祐向山城
HTML ConvertTime 1.740 sec.

現実の城情報 Edit

法林寺集落の三つの山は東の城、中の城、西の城と呼ばれ、祐向山城の位置は諸説あり真偽は不明。
鎌倉時代に築かれたとされ、弘安年間頃には、藤崎行長の次男で美濃国守護代の藤崎泰綱が城主だったとされる。
戦国時代には斎藤家の家臣・長井利安が居城とし、また西村勘九郎(斎藤道三の父、あるいは同一人物)も一時は拠点とした。
道三の孫・斎藤龍興は永禄7年(1564年)に家臣の竹中半兵衛や安藤守就らによって稲葉山城を占拠され、この際に鵜飼山城、祐向山城を経て揖斐城に移ったという。
永禄10年(1568年)、織田信長の美濃侵攻に伴って祐向山城は滅ぼされ、廃城になった。

所在地岐阜県本巣市
現存状態なし
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/祐向山城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White