Top > 白鹿城

白鹿城
HTML ConvertTime 0.037 sec.

現実の城情報 Edit

白鹿城(しらがじょう)は尼子十旗第一の城として知られる、宍道湖東端部の北岸標高150メートルの白鹿山に築かれた山城である。
中世期において美保関は国内のみならず朝鮮半島なども含めた日本海交易の拠点の1つとなっており、とりわけ、出雲で鋳造された鉄を主要な交易品として栄えていた。
そのため、宍道湖から中海を通じて美保関を出入りする水運をおさえることが築城の大きな目的であったと見られる。
正確な築城年代は不明であるが、一説では、永禄年間に松田満久もしくは誠保が築いたという。


所在地島根県松江市法吉町
現存状態郭、土塁、井戸
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/白鹿城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。