Top > 甲府城

甲府城
HTML ConvertTime 0.042 sec.

現実の城情報 Edit

天正壬午の乱で甲斐を領有した徳川家康が、平岩親吉に命じて一条小山城跡に築城した説や、小田原征伐後に家康が関東に移されてから羽柴秀勝・加藤光泰が築城した説があるが、石垣や瓦から判断して浅野長政・幸長の時代に完成したとされる。
甲府城は徳川家康を牽制するために築かれ、松本城小諸城会津若松城などとともに関東を囲むように配置された。
江戸時代には幕府直轄領となって城番制がしかれ、徳川綱重、綱豊(家宣)らの代で大規模な修築が行われた記録がある。
宝永元年(1704年)には柳沢吉保が甲府藩主となり、城内の建物を新築し城下町も大々的に整備され、大いに発展した。


所在地山梨県甲府市丸の内
現存状態石垣、堀など
城郭構造梯郭式平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/甲府城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White