Top > 甘崎城

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
甘崎城
HTML ConvertTime 0.044 sec.

現実の城情報 Edit

芸予諸島に点在する海城のなかでも代表的な城の一つで、近世城郭として改修された稀有な海城でもある。
天智天皇の時代、、唐の侵攻に備えて越智氏によって築かれた日本最古の水軍城とされるが、現在でも古代の遺構は確認されていない。
文献上で最初に確認できるのは天文10年(1541年)で、城主としては能島村上氏系の今岡氏や、来島村上氏の宿老・村上吉継が知られている。
甘崎城は伊予大三島と砂州でつながる陸繋島である古城島に築かれ、瓢箪形の島が大きく3つの曲輪で城郭化されていた。
芸予諸島域は古来より海上交通の要衝であり、甘崎城は瀬戸内海の中央を通るルートを押さえる城であったことから、戦国時代には能島村上氏・因島村上氏・来島村上氏の三島村上氏が支配していた。


所在地愛媛県今治市上浦町甘崎
現存状態石垣、岩礁ピットなど
城郭構造海城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/甘崎城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。