Top > 玉造要害山城

玉造要害山城
HTML ConvertTime 0.089 sec.

現実の城情報 Edit

湯ヶ山城、湯ノ城、玉造城と呼ばれたこの城は、1332年頃湯庄留守職諏訪部扶重が築いたと言われ、幾度もの改修、増築がされた。
その後、湯庄支配の本拠地として、湯氏が代々居城したとされている。
本丸を中心に、四段の郭、土塁、堀切などが設けられた厳重な構えとなっている。

所在地島根県松江市玉湯町
現存状態空堀、土塁
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/玉造要害山城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White