Top > 玉縄城

玉縄城
HTML ConvertTime 0.035 sec.

現実の城情報 Edit

後北条氏の本城・小田原城の重要な支城で、「地黄八幡」として知られ北条五色備の黄備を率いた北条綱成が属する、後北条氏家臣団のなかでも特に大きな勢力を有した玉縄衆の本拠地。
文明年間(1469~1486年)初頭、鎌倉の北出入り口を抑えるため関東管領山内上杉氏が築城したとされる。
永正9年(1512年)以降に北条早雲が大改修を行い、相模三浦氏攻略の際にはここで三浦義同救援に向かう扇谷上杉朝興を撃破し、三崎城の義同を自刃に追い込んだ。
玉縄城は早雲の子氏綱の代でも重要視され、北条五色備の赤備を率いる北条綱高が城代を務めた。


所在地神奈川県鎌倉市城廻
現存状態曲輪、堀切、土塁など
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/玉縄城?

お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。